「インターネット エクスプローラー11」
バージョンアップ作業用ページ

このページは平成28年1月6日付 教セ研第489号で通知した「校務用パソコンのIEバージョン切り替えについて(通知)」のバージョンアップ作業を手動で行うためのページです。通常は自動でアップデートが行われますが,何らかの理由でバージョンアップされない場合,下記の作業を実行してください。

このページは福岡市教育情報ネットワークに接続されたコンピューター以外からは接続できません。

 

作業の方法

1. 下のインストール用ファイルをダウンロードし,各学校・園の共有フォルダ等においてください。

IE11-Windows6.1-x86-ja-jp.exe

2. 校務用パソコンから,上のファイルをダブルクリックして実行します。

3. インストール後,パソコンを再起動してから,インターネットエクスプローラーを起動します。下の画面では,①②の操作を行ってください。

4. バージョンアップ作業が正しく行われたことを確認するには,インターネットエクスプローラーを起動後,次の操作でバージョン情報を表示します。
(1)画面右上の歯車マークをクリックしてください。
(2)メニューから「バージョン情報」をクリックしてください。
(3)「Internet Explorer11」が表示されましたら,正しく切り替えできています。

確認できれば作業は完了です。

 バージョンアップ確認方法の詳細は「校務用パソコンのIEバージョン切り替えについて(通知)」の別紙1~3をご覧ください。

 総合オンラインシステム,就学援助システム,給食管理システムを利用する場合は,平成28年1月6日付 教学支第709号「Internet Explorer11エンタープライズモードの設定について(通知)」(学務支援課)を参考にエンタープライズモード(旧バージョンとの互換モード)の設定を実施してください。(通知文はこちら。設定用ファイルはこちら。)

 

※ 途中でエラーが出て終了しない場合は

 原因として,これまでのWindows Updateの更新ファイルが適用されていないことが考えられます。

 下の更新ファイルをダウンロード後,Zipファイルを展開し,各ファイルをダブルクリックして更新を適用してください。その後もう一度,インストールを実行してください。

更新用ファイル(update_patch.zip)

 

 IE11及び上記の更新用ファイルのインストールに,エラーコード「9C47」及び「9C59」で失敗する場合,こちらの追加修正プログラムを適用してください。(※H28.1.12追記)