Home学校概要玄洋小学校がめざすもの...



玄洋小学校がめざすもの



1 玄洋小学校がめざすもの
(1)めざす学校像
 ① 子どもの個性や能力を精一杯伸ばそうと努力している学校
 ② 一人一人の人権が守られ,安心して生活できる学校
 ③ 整理整頓が行き届き,校舎内外の環境が整った学校
 ④ 地域や保護者に開かれ,ともに子どもの健全な育成に取り組む学校
(2)めざす児童像
げん気な子(体) よく学び合う子(知) うつくしい心の子(徳)
 ① 心身が健康で自らあいさつをし,他者と積極的にかかわる子ども
 ② 意欲的に学び、自分の力を精一杯発揮しようとする子ども
 ③ 自他の人権を大切にし,学校生活のルールを守って行動する子ども
(3)めざす教職員像
 ① この学校の一員であることに喜びと誇りを感じ,人として,また教師として互いに成長する教職員。(チーム玄洋)
 ② 専門職として研鑽に励み,専門的な力量を発揮する教職員
 ③ 豊かな人間性と温かい教育的愛情で,厳しくそして優しく指導・支援し,児童のよさを伸ばそうとする教職員。
 ④ 保護者の気持ちを受け止め,保護者とともに子どものよりよい成長のために努力する教職員

2 玄洋小学校の教育目標
 豊かな人間性を養い,確かな学力を身につけ,自ら学び自ら考え,実践する力を持った児童の育成をめざす。

3 重点目標具現化の視点
(1)げんようっ子しぐさを「げんようっ子スタンダードにするために
 ① き・あ・いを達成するために「げんようっ子スタンダード」を共通実践
  「き…きれいな学校 あ…あいさつをする気持ちのいい学校 い…いじめのない学校」
 ② 「げんようっ子集会」を年2回開催し、全校児童で「げんようっ子しぐさ」を共有。
 ③ 道徳の授業、児童会活動、生徒指導、人権・特別支援教育の取組等と関連させた学年を中心とした組織的、継続的な取組
(2)基礎的な学習スキルの習得と定着、分かりやすい授業づくりの継続
 ① 朝タイム、昼タイムの位置づけと授業づくりの工夫
   ・ 基礎的な学習スキルの習得への意欲と自信を育む指導
   ・ 学習スキルの定着を確かめる客観的評価の導入と活用
   ・ 少人数指導の取り組み方の工夫。
   ・ 学習支援ボランティアの導入
 ② 子どもにとって分かりやすい授業づくりの工夫
   ・ ユニバーサルデザインに基づく授業づくり
 ③ 家庭と連携した家庭学習の取組
(3)地域と連携した「げんようらしい総合的な学習づくりのために
 ① 地域との関わりを重視した各学年の生活・総合的な学習の充実
   ・ 地域との関連を大切にした学習から生きる力を育み、国際教育の視点を加えた学習づくり
 ② 「学校・地域連携掲示板」「地域人材マップ」の作成と活用
 ③ 九州大学留学生・スクールビジットとの交流を通して、異文化理解を深め英語活動の充実
 家庭・地域と連携した道徳教育推進モデル事業の活用
 ① 家庭との連携  
 ② PTA・地域及び学習支援ボランティアとの連携
 ③ 道徳教育推進モデル「心輝くまちづくり事業」を通した地域組織、関係機関との連携 
 ④ 玄洋中ブロックの連携

玄洋小学校がめざすものの写真



「2017/06/12up]













[Homeへもどる]