「ビリーヴ」そして道はさらに続く!   3月27日
 東吉塚小学校に赴任してから,行き帰り必ず聴く曲がありました。GReeeeNの「ビリーヴ」です。うれしいとき・自分を鼓舞するとき,いつもそばにいてくれた曲です。冒頭の〈今 目の前の世界を見渡してみる 思い焦がれたいつかの僕が見ている 誰にも言えない涙を忘れてないよ あの日の君の「頑張れ」に感謝しています〉は,今の私の気持ちです。子供たち・保護者・地域・教職員のみなさんのおかげで,東吉塚小学校は前に進むことができました。感謝しても,し尽くせない気持ちでいっぱいです。
 そして大好きな東吉塚小学校・東吉塚校区を巣立つ日が来ました。〈まだなんにも始まっちゃいない 自分で決めた道 だから少し 楽しんでこう 始まりの声がする〉の歌詞のように,自分を信じて「前へ前へと歩み続けます」。みなさんとまた笑顔で会える日を心待ちにしています。3年間,本当にありがとうございました。深く感謝いたします。
                                        校 長 武田 祐子
 東吉塚小の1年間 -「修了式・離任式を迎えて」- 3月27日 
 本年度は,子供たちの頑張りや保護者・地域のみなさまのご支援で,本当にすばらしい1年となりました。執行教頭先生が毎週アップしてくださったHPを見ても,充実した1年であったと感じています。子供たちは次年度,さらに大きく・たくましく・賢く成長してくれるものと確信しました。「前に前に進め 東っ子!」応援しています!
 17名の教職員が,東吉塚小学校を旅立ちます。それぞれの立場で本校の教育活動に「チーム東吉塚」の一員として,尽力してくださいました。なお赴任先は,4月の学校便りをもってお知らせいたします。保護者・地域のみなさま,本当にお世話になりました。
 <修了書授与> <一年間を振り返って> 
 <離任式>  <離任される先生方へ花束贈呈>
 
 新しい門出を迎えて -第60回卒業証書授与式-  3月22日 
 先週の3月17日(金)に,本校第60回卒業証書授与式がとり行われました。当日は,晴天で校庭の花たちも卒業生の門出を祝うかのように,一斉に咲き始めました。式の参加児童は5年生でしたが,前日は1~5年の全学年が,尊敬する大好きな6年生のために準備を手伝いました。その一生懸命な姿に,改めて6年生のすばらしさを感じました。
 また式当日は,6年生はもちろんのこと,5年生の参列態度のすばらしさに多くのご来賓の皆さまから,お褒めの言葉をいただきました。6年生と5年の呼びかけや卒業の歌では,思わず涙腺がゆるんでしまい,感動ひとしおでした。 
【 6年1組___________卒業証書授与式の後,最後の学級活動___________6年2組 】 
 
  第3回学校サポーター会議・いじめ防止委員会  3月13日
 いよいよ今週の17日(金)は,6年生の卒業証書授与式です。5年生と6年生合同の全体練習や,校長室での給食会食など,一つ一つが心に刻まれていきます。3月4日(土)は土曜参観と同時並行して,第3回学校サポーター会議といじめ防止委員会が開催されました。本校の3学期の取り組みや保護者アンケートの結果,来年度の取り組みの重点などを,HP(ホームページ)や動画などで,ご説明しました。以下に委員の皆さまの感想を掲載いたします。
【「月曜日に行きたくなる学校」の広まり」】東吉塚公民館館長 戎崎 淳一 さま
 地域行事への子供の参画・参加については,らんたんフェスタ,夏祭り,人権フェスタなどに教育活動の一環として,学校側の協力体制は整っており,「共育」の成果として開かれた学校づくりができている。「月曜日に行きたくなる学校」は充分に,子供や保護者,地域に広まっていると感じられる。今後も,学力向上に向けた取り組みも含め,子供たち自身が,中学校への進学や自分の位置を考えることができるようになるなど,キャリア教育の充実に期待したい。
【子供たちの「おはよう」のあいさつが元気と勇気】保健・福祉部会長 上村 央 さま
 東吉塚小学校は,校長先生をはじめ他の先生方の協力の下,学力向上,道徳,昔では考えられないICTの導入(「東っ子AS」),努力されている姿に感銘しています。臨時旗振りを4日間,子供たちの「おはよう」の挨拶に元気と勇気をもらいました。朝の挨拶みんなきちんとできていましたよ。校長先生たちの確固たるご指導のおかげだとうれしく思っています。
【子供たちの様子が「リアルタイム」でわかります】PTA会長 綿原正志 さま
学校HPの更新,ともいくの発行が毎週行われるので,子供たちの様子がリアルタイムでわかり安心感につながりました。自治協議会のブログも同じタイミングで行われるので,学校と地域の連携が感じられます。学校サポーター会議は口頭とペーパーだけではなく,プレゼンテーションや動画を活用されるので,目標達成の取り組みがよくわかりました。授業参観は子供の学級や他の学年も見られて,学校全体の取り組みがわかり安心できます。先生方,ありがとうございます。
  他にも,「今,良い方向へ学校は向かっている」「地域行事の先生方の協力・参加がうれしい」,「『東っ子AS』の充実した内容に驚いた」など,たくさんのご感想とご意見をいただきました。次年度も「月曜日に行きたくなる学校」の実現に向けて頑張ります。
 お別れ集会  3月9日 
 
3月2日(木)に全校で6年生とのお別れ集会をおこないました。各学年からの心のこもったメッセージや出し物に卒業生もうれしそうでした。また,サプライズで先生たちによる出し物に全児童が楽しんでいました。思い出に残るお別れ集会でした。
 二分の一成人式   3月9日 
 先週4日(土)の 学習参観で4年生の「二分の一成人式」がおこなわれました。体育館で第一部「高学年の仲間入り」をするにあたってと題して、保護者や地域の来賓が見守る中、厳粛な雰囲気でおこなわれました。来賓の方々の温かいメッセージの後に、各学級の代表児童が決意表明を力強く語りました。最後は4年生全員で「花は咲く」と「校歌」を歌い上げました。第二部は、「保護者への感謝の気持ち、自分の将来」へ向けて、全員がスピーチや手紙交換、呼びかけや合唱をおこないました。
 -児童会の取り組み-  2月28日 
 PTAのベルマークとテトラパックの集荷箱が,新しく素敵なデザインになりました。これは,児童会運営委員のみなさんが,PTAベルマーク委員のみなさんからの依頼を受けて作成したものです。入れ物が素敵だと,集めるのが楽しくなりますね。また,朝,校門には日替わりで児童会運営委員のみなさんが,あいさつ運動をしています。たすきをかけて運動しているので,ぜひ「おはようございます!」と元気にあいさつをしてくださいね。
 ベイマックスが「雪だるまに」!  2月28日 
  2月10日(金)は大雪注意報が出され,登校が心配されました。朝,校長室を4年生の男子が訪れ,「校長先生,見せたいものがあります」といいます。外へ出てみると,雪だるまの「ベイマックス」です。男子4人の得意げな顔の素敵なこと。思わず「かっこいいね!」といいました。学年主任の後藤先生もいっしょに,写真をパチリ!高学年まであと少し。無敵の東吉塚小となる日が楽しみです。

 巣立ちの日に向けて-6年生の取組-  2月22日 
 もうすぐ卒業を迎える6年生の学習の頑張りを紹介します。
【「行政相談について知り,自分たちのくらしをよりよくしていこう。」】(社会科)
 1月27日(金)に,博多区行政指導委員の二田水治子様,大石和子 様,安武光代 様,九州管区行政評価局の課長様を講師として,今年度より社会科で「行政相談」の出前授業を行い,地域と行政の関わりを学習しました
【アントレプレナーシップ「ゲストティチャー講話」】(総合的な学習の時間) 
 1月30日(月)に昨年度から実施している,「起業家から学ぶ」(アントレプレナーシップ授業)を㈱新日本エナジー社長 松尾 洋臣 様をお迎えして,「人として大事なこと」と題してご講話いただきました。
 児童の感想より(行政相談)
 行政相談について勉強し,「行政は自分たちで変えられる」ところが良いなと思いました。相談できるのでこの住んでいるところを,もっとよりよくしていきたい。「案内板が見えない」「横断歩道をつくってほしい」など,小さなことから気軽に相談できます。日常生活やいろいろなところで関わって,行政のことを広めていけたらいいなと思います。
児童の感想より(アントレプレナーシップ)
 社長さんに来ていただいて,「どんなことがあっても,努力をやめずに頑張るのがいい
人生だ」ということを聞きました。私はこれまで長く努力したことがなかったから,「いつか自分は努力して頑張ったんだ。」ということをいえるようになるために,今あることを一生懸命やっていきたいと思いました。
 ひな人形を寄贈していただきました 2月14日
 2月7日(火)に本校卒業生の木村町子様より,7段飾りの「ひな人形」が寄贈されました。校区の上村央さまからお話をいただき,現在玄関に飾らせていただいています。廊下を通る子供たちが「灯りをつけましょぼんぼりに...」を歌詞がわからず「○×□※ぼんぼりに~」とアドリブで歌う姿がかわいらしく,やっぱりいただいて良かったなと実感しています。3月の桃の節句まで展示します。執行教頭先生と校長だけでは箱に納めるのが不安です。ボランティアを募集します!腕に覚えのある方はご参加ください。(笑)
 学年末の「学習の成果」-授業参観・学級懇談会-  2月14日 
 先週の2月9日(木)に,本年度最後の授業参観と学級懇談会を行いました。どの学年も教室にも廊下も保護者の姿が多く,子供たちの学びの姿をたくさん見ていただきました。また「校長先生,元気に学校に行っています」や「いつもありがとうございます」と,笑顔で温かく声をかけていただき感謝しています。さて,いよいよ学年末の時期となり,学習のまとめやテストが始まっていきます。学校・家庭の共育で,子供たちに「確かな学力」をつけていきましょう。
 新入生保護者説明会・体験入学  2月7日 
  2月3日(金)に平成29年度「新入生保護者説明会」を開催いたしました。講師は博多区大浜公民館館長の大島弘枝様です。館長はかつて小学校校長,市教委等の幅広い経験と見識を備えておられ,講話をいただきました。あいさつの大切さ,就学前から小学校への準備など,保護者と学校をつなぐお話しをいただきました。
 その中でも特に印象的だったことは,大島館長の「子どもに忙しいとき,『ちょっと待ってね。』『あとでね。』」と言っていませんか」との問いかけです。会場の視線が集まりました。「忙しいときは我慢させることも必要です。しかし『待ってね』の言葉を子供は覚えています。夕食時にゆっくり話を聞いてくださいね。それを子供たちは覚えています。」との講師の言葉に保護者同士が目を見合わせ,笑顔で頷いておられました。私たち教師も同じです。お互いに毎日多忙な日々が続きますが,子供たちを成長させる「ちょっと待ってね」や「あとでね」を使いたいものです。4月のご入学を心から楽しみにしています!
 【大島館長の講話】  【新1年生体験入学~現1年がお世話しました】
 みんなで創る「音楽の力」-博多区音楽会-  2月7日 
 先月1月23日に東吉塚小学校の4年生が博多区音楽会に参加しました。行きのバスの中では,みんなで会場で披露する歌を合唱するなど,日頃の和やかな4年生の様子が伝わってきました。
 そしていよいよ本番。4年生が会場に立ち,「やさいの気持ち」を歌い出しました。アカペラで野菜の名前を歌い出した姿に,会場の子供たちもびっくり。次から次から野菜の気持ちを声と身体で表現します。次の「花は咲く」は2部合唱でしっとりと歌い上げました。そして最後の「いろんな木の実」はラテン楽器の効果もあり,南国の雰囲気たっぷりでした。本校の紹介をする姿,合唱や演奏をする姿。4年生の堂々とした態度をうれしく感じた「博多区音楽会」でした。次は「二分の一成人式」期待しています!
 「知りたいな外国のこと!」-愛和外語学院留学生の訪問-  1月30日 
 1月25日(木)に3年生の総合的な学習の時間「国際理解教育」で、東区馬出にある愛和外語学院の留学生のみなさん119名が、東吉塚小学校に交流に来られました。アジアを中心とした11か国から来られたみなさんです。それぞれの国の文化や様子をプレゼンテーションで教えてくださいました。とくに国ごとの「学校」の様子は、子供たちにとってとても興味深いものであったようです。これからも交流は続きます。それぞれの国や文化の違いを受け入れながら、自分の国のよさや人々の大切さを学んでほしいと思います。


 生きることの大切さを「柿の木」から学ぶ   1月30日 
  1月24日(水)に本校学級園の近くに「被爆柿の木三世」を植樹しました。これは平成30年度に必修化となる「特別な教科道徳」を念頭に置き、〈 国際理解・人類愛の項目〉「世界の中の日本人としての自覚をもち,国際的視野に立って,世界の平和と人類の幸福に貢献する」ことを目指していく主旨で植樹したものです。子どもたちは、例年修学旅行で長崎の地を訪れ、平和や生きることの大切さを問います。平和を願う気持ちは、家族や仲間や集団や国を大切に思う気持ち、そして広く眼を向けると他の国の人々の敬意へと繋がっていきます。この機会に、ぜひ子供たちの「国際理解・人類愛」への道徳心を育みたいと考えています。
 はなまる隊の誕生!  1月30日 
 地域や保護者など、いろいろな方が子どもたちを支援してくださいます。1月16日より新たに、1年生のチャレンジタイム「算数」の時間で地域ボランティア「はなまる隊」がはじまりました。1年生の子どもたちが「先生よろしくお願いします!」「あ、わかった」「やったー!ぜんぶマル」など、うれしい気持ちを、ボランティアの先生方に伝えます。算数の技能は日々の積み重ねです。そこで学んだ「やった!わかった!」という気持ちが、子どもたちの学習の興味や他の学習への好奇心へとつながります
 子供たちにわかる授業を-「OJTによる職員研修~図工編~」-  1月23日 
  1月17日に後藤祐生先生を講師として,「図工の絵画指導」のOJT(授業技術などをスキルアップする自主研修)を行いました。大浦先生の体育,近藤先生の音楽に続き,第3回の研修となります。
 今回は,喜怒哀楽の自分の顔をデッサンして彩色する指導法について,みんなで楽しく研修をしました。よい授業は子供の成長に直結します。
 教育論文賞受賞 1月20日 
  「ともいく」の記事をもとに学校での取組を論文をまとめ,東京海上日動教育振興基金に応募したところ,教育研究の部で100校のうちの1つに選ばれました。1月19日(木)にその表彰式が行われ,日本教育公務員弘済会と東京海上日動の方より表彰状と助成金をいただきました。また,自治会長 本石様をはじめたくさんの地域の方にも参列いただき,お祝いのことばをいただきました。助成金は子どもたちの教育環境のため役立てていきたいと思います。
 
 区音壮行会 1月20日 

 来週の月曜日,4年生は博多区の音楽会に出場します。今日の昼休みにリハーサルを兼ねて壮行会を開きました。たくさんの先生方や子どもたちの参加がありました。10月の学習発表会の時よりもバージョンアップした演奏に,たくさんの拍手がありました。
 月曜日の本番でも力を発揮してくれると思います。がんばってください。
 3学期~学級の様子を紹介①~ 1月16日 
 新学期がはじまり一週間が過ぎました。この土・日はこの冬一番の寒さでしたね。しかし、東っ子は元気いっぱいです。そこで今回は、各学級の授業の様子を紹介します。どの学年・学級も寒さに負けない「熱い授業」が展開されています。 
 手紙・字の「あたたかさ」  1月16日 
 昨年の12月に2年生の女子が校長室を来室しました。手には2通のお手紙をもっています。がんばりたいことや感謝の言葉の最後に「校長先生、大すきです」とかわいい丁寧な字で書かれています。学期末でなんとなく慌ただしい気持ちとなっていたので、心に余裕ができました。子どもたちの笑顔は、私たち大人を元気にします。また言葉は文字となり、その人の「人となり」を強く印象づけます。私たち大人も、手紙や字のあたたかさがもたらす意味を見つめ直す必要があります。年賀状が出せなかった方に寒中見舞いをお送りしようかと考えています。「負(お)うたに教えられて浅瀬を渡る」のことわざが身にしみた出来事でした。
 3学期のはじまり-始業式  1月10日 
【学校長の話~酉年にちなんで】 【生徒指導の話感謝の気持ちで給食を食べよう】
 「酉」の字は、たるやつぼなどに入れて「じっくりと時間をかけていいものをつくる」という意味があります。また「飛ぶ鳥」は、朝が来たことを一番に知らせてくれる縁起がいいものです。そこで校長先生は東っ子のみなさんに、今年・そして3学期に次のことを頑張ってほしいと考えています。それは「自分から挑戦しよう」「努力を続け成長しよう」です。 3学期は、学年の締めくくりの行事がたくさんあります。(学年活動カレンダーを見ながら)さああなたは、学級で・学年で・学校でなにに「挑戦し・努力し・成長」できますか。その姿を校長先生をはじめ、先生方でしっかりとあたたかく見守っていきます。今年もで元気で過ごしましょうね。
  あけましておめでとうございます 1月4日

 あけましておめでとうございます。
 今年も全職員で東吉塚小学校の子どもたちの教育活動にあたってまいります。
保護者の皆様,地域の皆様,ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 がんばったみんなに「金メダル」!~2学期始業式~  12月22日 
 2学期終業式を行いました。子どもたちは明るくかつ礼儀正しく、静かに話を聴くことができました。その姿にご家庭での御指導、そして学校の指導の成果を見ることができたと感じております。
 各担任が今学期の様子と、お子様のさらなる成長を願って作成した通知表と合わせて、ご家庭で語り合っていただき、3学期につなげて下さい。保護者・地域の皆さま新年も「月曜日に行きたくなる学校」へのご支援とご協力をお願いいたします。
【校長先生のお話】
 今年の漢字の1位は「金」という字です。リオオリンピックの金メダルやイチロー選手の通算3000本安打の金字塔、PPAPの衣装も金でしたね。
 学習発表会、各学年の行事、みなさんが一生懸命頑張る姿は、本当に「金メダル」でした。特に6年生と5年生は、運動会を経験してわかった「チーム」という言葉の意味を、修学旅行や自然教室、委員会活動などで発揮し、チーム東吉塚のリーダーとして頑張りました。
 明日からはみんなの学習場はお家や地域です。家族や地域のみんなのために、「お手伝い」という見えないけれど大切な金メダルをたくさんかけてください。
 <校長先生の話> <児童代表のことば>
<冬休みのくらしについて>  <2学期皆勤賞の表彰> 
  子供たちにわかる授業を-「OJTによる職員研修」-  12月6日
 あと少しで2学期も終わります。子供たちは元気でよく頑張りました。その頑張りを支えるものの一つに先生方の授業力があります。少し前になりますが12月6日に音楽室で近藤理子先生の「音楽科歌唱指導」のOJT(授業技術などをスキルアップする自主研修)を行いました。大浦琢也先生の「体育科跳び箱指導」に続き、第2回の研修となります。
 教育センターの研修や各教科の研究会で習得したことがらや、熟練した先生方の技と知恵をじかに観ることができる絶好の機会であり、多くの先生方が集まりました。私も一員に加わり、楽譜の見方や歌唱イメージの指導などを受けました。よい授業は子供の成長に直結します。次回を期待しています! 
 新しい仲間が増えました -ウサギ3羽・熱帯魚寄贈 -  12月16日 
 うさぎ小屋と水槽に、新しい仲間がやってきました。ウサギは博多区にある沖学園高等学校の理事・校長である沖 隆邦先生が、同附属の玉水幼稚園と月のうさぎ保育園にお願いされ、本校に寄贈していただいたものです。わざわざ車で高校の高丘孝一学年主任と平方恭佑先生の二人で運んで来られ、小屋に入れていただきました。早速、飼育委員が集まりお礼の言葉をきちんと言った姿には、「さすが高学年!」と感心しました。さらに吉塚中学校の坪井校長先生は熱帯魚プラティをくださいました。なお、ウサギのことを高校に聞いていただいたのも坪井校長先生です。

名前はまだ決まっていません
 もちつき・ウインターワンダーランド 12月11日 
 本校で自治協議会主催の「もちつき」とPTAおやじの会主催の「ウインターワンダーランド」が催されました。午前中は子どもたちと地域の方、中学生とのもちつきで、つきたてのおもちを、きなこや大根おろしでいただきました。豚汁も振る舞われ心も体もポッカポッカになりました。午後からはゲームやマジックショー、図書司書の天野先生の読み聞かせなど楽しい催し物がたくさん。今年もサンタさんがやってきて、みんなと記念撮影やじゃんけんゲームをしました。温かい飲み物や手作りお菓子も並べられました。
 この企画は「1日中子どもたちが楽しく遊べる日をつくりたい!」という地域や保護者の皆さまの思いから、今年合同で実施されました。まさに「共育」です。校長室前には、当日子どもたちが自分の手形に願い事を書いたクリスマスツリーをパネル掲示しています。1年間頑張った子どもたちへの素晴らしいプレゼントの1日となりました。 
 心の教育の充実-「公開人権学習」を終えて- 12月2日 
 12月1・2日で本校「公開人権学習」を行いました。各学年で子供たちの心を育てる人権学習が行われ、その後学級で授業の様子や保護者の皆さまと研修をいたしました。わたしたち大人がお手本となり、差別ない心温かい東っ子をつくっていきましょう。
 <校内テレビ放送でのメッセージ>
 福岡市住民として、私たち学校・保護者・地域がめざすものは、次世代の「東っ子」の育成であろうと思 います。そしてその根底は、人と人との心のつながりややさしさ・温かさでつながっています。本校では「心の 教育」に力を入れ、この人権学習と道徳教育の両輪で進めています。
 道徳教育では、授業の中で地域 の方々や保護者をゲストティチャーとしてお招きし、人としての生き方を子どもも大人も考える機会としたいと考えており、全学年・全学級の公開授業を実施しています。みなさんもぜひ、参観、そしてゲストティチャーと してのご参加をお願いします。
 福岡教育大学からのエール  11月30日
 福岡教育大学から特命教授の坂田先生と木原先生が来校されました。本校の新規採用である3年2組の宮本耀子先生の学級を参観されました。「しっかり授業や学級経営に取り組んでいますね!」とお褒めの言葉をいただき、子供たちの頑張っている姿を参観していただきました。
 また本校では8名の福岡教育大学の学生サポーターを迎え入れ、通常学習やアフタースクールにも協力いただいています。将来「ぜひ教師になりたい」というだけあり、どの学生も礼儀正しくやる気にあふれています。チーム東吉塚「支援」の一員としてご協力いただいている大学に深く感謝申し上げます。 
  外国語活動研究授業 11月25日
 池田有紀先生とゲストティチャーの清水和枝先生とで、6年生の外国語活動「道案内をしよう Turn right 」の授業公開を行い、その後研修会を行いました。クイズや歌、ゲームを1時間の授業に位置づけ、テンポ良く展開していきます。後半の道案内ミッションゲームでは、訪問役や案内役がペアとなって、ヒントカードを頼りに目的地をめざすのです。慣れない英語を駆使して、何とかして自分の気持ちを相手に伝えます。両者の役割ややりとりが興味深く、うまく伝わり目的地にたどり着いた笑顔が印象的でした。
 授業後は、市教育センター長期研修員の立花奈巳先生から「今後の外国語活動・英語教育」の講話をいただきました。外国語学習の目的は「他者とのコミュニケーションを学ぶ場である」【相手を知る・相手の考えや人柄を受け入れる・自分の考えや思いを伝える】ことを改めて実感しました。
 東吉塚人権ふれあいフェスティバル 11月22日 
 11月20日(日)に東吉塚人権フェスティバルが開催されました。本校では6年生の学習発表会での歴史時代劇「タピオカ ツンドラ」を、フェスティバルで再演させていただきました。この劇は現代の東吉塚小の子供たちが、3つの時代のタイムスリップを通して、人と人との関わりや優しさに触れ、友だちの大切さやこれからの自分たちの生き方に気づくというお話です。最後は6年生全員のメッセージ、合唱「たしかなこと」を歌いました。その姿に、多くの地域の方・保護者から大きな拍手や感動の声が上がっていました。また、馬出校区のWAKATAバンドの3人の皆さまは、私が福岡中学校教頭時代にお世話になった方々で懐かしい気持ちでいっぱいでした。さらに、吉塚中学校放送部の「はなちゃんのみそしる」は、しっとりとした朗読で自然とその世界に引き込まれていきました。これからも学校・保護者・地域で「共育」し、たくましく心やさしい東っ子を、みなさんとともに育てていきたいと実感した日でした。
 チャレンジ鉄棒名人 11月18日 
 子どもたちの体力向上をめざして,11/7~12/2を「チャレンジ鉄棒名人月間」として休み時間に鉄棒にチャレンジしています。たくさんの子どもたちが鉄棒を楽しんでいます。 
 ラジオの取材2 11月17日 
 RKBラジオの加藤淳也さんが,給食時間にインタビューに来られました。今日は6の1でした。
 ラジオの取材 11月15日 
 RKBラジオの加藤淳也さんが,本校のスクールモットー「月曜日に行きたくなる学校」について詳しく知りたいと来校され,6年生にインタビューしました。今日は6の2でした。あさっては6の1の子どもたちにインタビューします。この様子は加藤さんと林田スマさんがのRKBラジオ番組「スマスマE-KIDS」で放送されます。11/27(日)と12/4(日)の夕方6時半です。
 創立60周年記念児童式典 11月15日 
 11月10日(木)に、東吉塚小学校60周年児童記念式典を児童・教職員そして来賓をお招きして華やかに行いました。式典の前半では、校長による「東吉塚60周年の歴史」のプレゼン、本石自治会長(井本副会長代読)と綿原PTA会長(原田副会長代読)によるお祝いの言葉、PTAから学校へ「校歌チャイム・有線放送システム」目録の贈呈が行われました。
 児童代表の6年林咲希さんは「私は60周年記念式典に参加できることを、とてもうれしく思います。」と喜びを伝えました。続いて後半では、福岡県警察音楽隊による演奏が行われました。総勢27名の警察官の皆さんが様々な楽器を駆使し楽しい楽曲を披露してくださいました。月の歌の「ビリーブ」やドラえもんなど、子供たちがよく知っている曲が多く、演奏に合わせて楽しそうに歌う姿でこちらまで笑顔になりました。最後に東吉塚小学校校歌を全員で歌いました。
 児童代表の6年管佳凛さんは「警察音楽隊や警察の方々のおかげで、60周年児童式典がとても華やかなものとなりました。」と感想と今後の決意を伝えました。すばらしい思い出が子供たちの心に刻まれたと思います。さらに、東吉塚小学校は「月曜日に行きたくなる学校」をめざし、前へ前へと進んでいきます!
 学習発表会 11月5日 
 11月5日(土)に学習発表会を開催しました。前半の部が1・3・5年、後半の部が2・4・6年(くすのき学級含む)の構成で行いました。どの学年も教室での学び「国語・社会・音楽・総合」を学習発表会で、群読、劇(ミュージカル、社会劇)、リズムアンサンブル、合奏、合唱で表現しました。一人一人が力を出し切り発表できました。また幕間の待ち時間も「毎月の歌」を声を合わせて歌い、気持ちよく待つ姿勢が見られました。観る姿勢・聴く姿勢・待つ姿勢ができています。
 発表後に職員室で自治協議会・PTAと職員の顔合わせを行いました。本石満里子自治会長様より、全職員に「今年は特に学校の向上が感じられました。先生方のご指導のおかげです。司会の6年の言葉遣いがすばらしかった。」とおほめの言葉をいただきました。「共育」の基本は、子どもの成長に大人がベクトルを合わせることです。満足そうに教室に戻る子供たちに声をかけながら、校区・PTAに見守っていただく幸せを実感しております。さらに、東吉塚小学校は「月曜日に行きたくなる学校」をめざし、前へ前へと進んでいきます!
【1年生:くじらぐも(国語)】  【2年生:スイミー(国語)】
 【3年生:カズシヨシガ・ヒーランドの愉快な猫たち~星空の絵本~(国語・音楽)】  【4年生:虹に届けろ!!弐分の壱成人☆(国語・音楽)】
 【5年生:ぼくらの地球,みんなの宝(総合)】  【6年生:タピオカ ツンドラ~歴史タイムスリップ時代劇(社会・音楽)】
 東吉塚小学校がTVで紹介されます 
 東吉塚小の校歌に乗せて,5,6年生が 歌っている様子や校内の様子が以下の通り,放映されます。是非ごらんになってください。
 チャンネル:J:COMチャンネル福岡(11ch) 
 番組名:『デイリーニュース』の中の「思い出の小学校」というコーナー
 放映日:11/7(月)~11/13(日)
 放映時間:11:00/16:00/19:00/22:00/24:30(月~金),11:00/19:00(土日)
 
 PTA九州ブロック研究大会みやざき大会 10月29,30日 
 10月29日(土)と10月30日(日)の2日間で、第60回九州PTAブロック研究大会宮崎大会が開催されました。九州から20校の小中学校が選出され、本校がその中の1校となりました。テーマは教育問題「学校、家庭、地域が連携したキャリア教育の推進」です。当日は、800名の聴衆者の前で、綿原正志PTA会長が「月曜日に行きたくなる学校-おとながキャリア教育のお手本-」と題して提言され、助言を校長がしました。質疑応答も活発で、特に本校PTAの横割り組織やポイント制、おやじの会の組織作りや活動の様子など、多岐にわたりました。この2年半の活動が子どものために実践する「共育」という形で大きく花開いたと感じる瞬間でした。PTA役員の皆さまや本校職員も応援に駆けつけていただき、安心して提言と助言を終えることができました。今後も、東吉塚小学校は「月曜日に行きたくなる学校」をめざし、前へ前へと進んでいきます!
 実践発表会のご案内
 先日のPTA九州ブロックみやざき大会で,PTA綿原会長が本校の取組について提言してくださってます。11/5に「九州教育経営学会」が下記のとおり本校で開催されますが,その中でも,PTA綿原会長,武田校長,本石自治協議会会長が本校の取組について発表されます。つきましては,ご多用とは存じますが,たくさんのご参加をお待ちしております。
 日時:11月5日(土) 16:00~  会場:東吉塚小学校 体育館
 テーマ:「月曜に行きたくなる学校をめざして」
 内容:
  武田校長:共育をめざして~子どもの成功体験を保護者・地域の喜びに
  綿原PTA会長:児童のがんばりが大人を動かす!~子どもへのサプライズbyおやじ
  本石自治協会長:ふれあい・かかわり・つながる共育 ~博多区人権の集いの経験から 
 PTA三校合同 成人教育研修会のご案内
 東吉塚小,吉塚小,吉塚中の三校合同で,下記のとおりPTA成人教育講演会が開催されます。たくさんのご参加をお待ちしております。
 日時:11月7日(月) 15:00~
 場所:吉塚中学校 体育館 *託児あり
 講師:牛島 達郎 先生
 講演テーマ
 「子どもの健やかな成長を願って」
【牛島達郎先生プロフィール】
・元福岡女学院大学人文学部教授
・専門領域:思春期の発達心理,子育てと食生活
・子どもの生活習慣研究の第一人者であり,様々なデーターを示しながら,先生が出会った子ども達の実話をもとに説得力のある講演をしてくださいます。
 おやじの会~北校舎壁塗り・タイル清掃  10月22日(土)
 おやじの会と教職員合同による「校内美化作業」を行いました。北校舎の壁は古く、また日当たりも悪いので暗い印象があるとの意見がありました。そこで、今回は北校舎の壁塗りと・廊下の流しの下のタイルを磨きました。今回も作業がやりやすいようにと学校用務員の苑田先生と江口先生が、一週間がかりで壁にシーラーを塗り、ペンキの用意をしていただきました。約2時間、和やかな中で作業を行いました。当日は11月5日(土)の学会発表の打ち合わせで東吉塚自治協議会の本石満里子会長が来校されていましたが、快く作業に参加してていただき、深く感謝いたします。翌週24日は晴天!真っ白な壁がまぶしいくらい校舎が生まれ変わりました。皆さんの力で学校は前へ前へと進んでいきます!

本日(10/28)学習発表会の案内を配付しております。
 花の苗植え 10月19日(水) 
 本校では玄関前を中心に、四季折々の花を植えています。今年は初めて「花の輪運動」校に応募しました。全国から選ばれた学校だけに300株4種類(ノースポール・パンジー・ビオラ・キンギョソウ)が寄贈されます。19日(火)と20日(水)で園芸委員さんが頑張って花を植えました。今は小さな苗ですが、花壇いっぱいに咲き誇ることを願っています。
 5年自然教室 10月15日(土) 13:55版 
 自然教室最終日です。午前中に最後の活動「ウォーク・ラリー」をしました。初めてのコマ図に戸惑いながらも,班で協力して自然を散策できました。
 この3日間の自然教室を通して,子どもたちもちょっぴり成長できたと思います。
<昨日の夜の活動「キャンプファイヤー」です。先生たちからの出し物もありました> 
<朝7時からの「朝の集い」です。代表児童の言葉があります。ラジオ体操もしましす。> 
<最後の活動「ウォーク・ラリー」です。迷いながらも海浜公園を散策しました。> 
<退所式。3日間を振りかえって...> <たくさんのお迎えありがとうございました>
 5年自然教室 10月14日(金) 16:35版 
 みんなが一生懸命力を合わせたので船がまっすぐ進むことができ,陸にもどってくることができました。学校に戻ってきてもこの経験を生かしてほしいです。
  5年自然教室 10月14日(金) 14:30版 
  今からカッター教室です。 救命胴衣を身に付け,艇長さんからオールの漕ぎ方など指導をうけました。上手に力を合わせて船を進めることができるでしょうか。
 5年自然教室 10月14日(金) 12:30版 
 自然教室2日目です。午前中は動物ウォッチングをしました。午後からの活動はカッター教室,夕方はキャンプファイヤーです。



<昨日の夜は曇り空で天体観測ができなかったので,講師の先生から星の話を聞きました>→
  ←<きょうの昼ご飯です。自分のものは自分で配膳します>
 5年自然教室 10月13日(木) 18:00版 

 今日から2泊3日,5年生は自然教室で学校を離れて集団生活をします。
 1日目の今日は「海岸散策」「野外調理」そして夜は「天体観測」を楽しみます。

*このホームページで随時お知らせしていきますので是非ごらんになってください。
   <海岸で貝殻拾いをしました>
<午前中の活動を終えて,昼食です。お腹いっぱい食べました^^> 
<午後の活動,野外調理です。夕ご飯のカレーをみんなで協力してつくりました>
 6年修学旅行 10月6,7日
 長崎方面に修学旅行に行きました。前日までの台風の影響が心配されましたが、2日間とも晴天に恵まれ充実した学習旅行となりました。言葉通り「修学」(学問を修める)体験旅行になったと実感しています。素晴らしいこの経験をぜひ次につなげてほしいと思います
 
 土曜授業~親子学習 10月1日(土) 
 1年生は「百人一首」、2年生は「じゃんけん列車」、3年生は「オカリナ絵付け」、4年生は「バターづくり」、5年生は「外国語活動」,6年生は「ドッジビー(ドッジボール+フリスビー)」です。
 どの学年も、PTAの学年委員さんを中心に事前の準備を進めていただき、当日を楽しく有意義に過ごすことができました。心より感謝いたします。親子・先生で過ごしたこの体験が、子供たちの成長の糧となります。「月曜日に行きたくなる学校」にまた一歩近づいたと実感できた一日でした。
 【3年オカリナ色つけ】  【5年外国語活動】
 【2年親子レクリエーション】  【4年バターづくり】
  3年生の子どもたちが学年委員さんといっしょに親子学習でつくったオカリナのプレゼントを校長室にもってきてくれました。
 全校朝会 10月1日(土) 
 10月の全校朝会をしました。月に1度は全校児童が顔を合わせます。
 校長先生の話では,学校が60周年を迎えることや朝のあいさつボランティアで学校に笑顔が増えたこと,学校司書の天野先生の紹介がありました。その後,交通安全標語コンクールで優良賞をとった6年桝谷くんの表彰を行いました。標語は「そのお酒  勧めたあなたも 共犯者」です。将来は警察官になりたいという夢を語ってくれました。
 また,図書委員会からのお知らせや10月のめあての話では5,6年生の子どもたちが頑張っていました。 
 <校長先生の話>
 <学校司書 天野先生の話>  <全学年の子どもたちが姿勢よく話を聞けています>
 <交通安全標語コンクール表彰>  <博多警察署で9/29に表彰されています>
 <図書委員からのお知らせ>  <10月のめあての話>
 研修の秋 9月28日 
 日々の授業をさらに工夫改善し「わかる授業」を目指すためには、児童の学習の様子や今後つけるべき力を見通しながら、授業研究を行う必要があります。
 本校では現在、算数科を中心に授業改善を行っています。学力向上部のテーマや構想案に基づき、先生方は各学年で具体的な手立てを用いた授業を行い、参観後は全教員で協議会を開き成果と課題を検討します。今年度は市教委教育センターの井元主任指導主事を各回ごとに招聘し、助言をいただいています。算数科授業の指導技術はもとより、教師としての心構えや学習環境の整備、子どもの見取り方、規律あるかつ心温かな支援に満ちた教科づくりなど、自作の資料をもとに熱く語っていただき、そのたびごとに先生方の授業に対する姿勢や技術も向上しているように感じます。「学校が楽しい!」「お勉強がわかる!」、そんな「月曜日に行きたくなる学校」を目指し、今日も先生方は子供たちが待つ教室へと向かいます。
 <1年算数の研究授業> <1年ペア学習> 
 学習参観 9月14日 

新学年になり半年たちました。大げさですが各学年や各学級では、先生方との体験を経てその学年や学級独自の文化や風土が育っているように感じます。まさに「月曜日に行きたくなる学校」をめざし、先生方と子どもたちがその姿を体現しようとしています。また5年生では自然教室説明会、6年生では修学旅行説明会を開催しました。学習の秋・体験の秋、素晴らしい学びの収穫ができることを願っています。
 2・5年歯磨き指導 9月9日 
  2年生と5年生で歯磨きの授業を実施しました。吉塚SET歯科医院の中村司院長先生や、本校PTAでOBの床次さんをはじめ6名の歯科衛生士の皆さんで、子どもたちに歯の大切さや歯磨きのポイントを指導していただきました。鏡に自分の歯を映して自己チェックさせ、その後いつもの歯磨きをさせた後、歯垢染色剤で自分の磨き残しの歯の様子を確認します。自分ではきれいに磨いているつもりでも、「わー真っ赤だ」とびっくりした声が上がりました。
 ようこそ先輩中学生職場体験 9月8日~9日 
  吉塚中学校2年生で本校卒業生の4名が職場体験に訪れました。それぞれ3年生や5・6年の学級に入り、担任の先生の補助として、教科学習のお手伝いや給食、清掃指導などを体験しました。また、1日目の午後に学校用務員の先生方と「子ども新聞掲示板」を作成してくれました。
 職員とのお別れの会では、「学級全員のプリントのマル付けをして、自分がプリントをもらえて当たり前だと思っていたことが違って見えた。先生は一人一人を見ながらマル付けをしていると実感した」など全員が感想を述べました。
 <3年生教室で>   <6年家庭科の授業>
  <掲示板の前で用務員の先生と>   <2日目を終えて職員とのお別れの会>
 ふれあい活動 9月3日(土)
 台風12号の接近で天候が心配されましたが,校内および博多区のふれあい活動(除草活動)が行われました。校内では保護者の方にもたくさん参加いただき,子どもたちも一生懸命に取り組んでいました。区のブロックふれあい活動は櫛田神社の見学のあと,旧冷泉小学校で行われました。博多小・吉塚小・千代小の5,6年生代表の子どもたちといっしょに冷泉小敷地内の草取り等をして,交流を深めました。
  2学期東っ子アフタースクール始まりました。 9月2日
 今日のHASでは子どもがスピーチしたものを『聴写』(聞いて写す~聞き取ったことを書く)をしました。聴者は「短期記憶」する力が必要になります。『聴写』は聞き取った語彙の選択と聞き取りの集中が同時に行われる高度な学習法です。読み手の言葉を選択するため集中して聞かなければなりません。『視写』(見て写す)以上に集中力を要します。
 キックボクシング大会優勝表彰 9月2日 
  6年2組の押川大也君と4年2組の押川香菜さん,九州・沖縄・山口「大和」のキックボクシングの大会で優勝し,チャンピオンになりました。写真は,校長室で表彰するとともに,通っているジムのスタッフ,校内で同じジムに通う仲間と共に写ったものです。今後の活躍にも期待しています。おめでとうございます。
 図書ボランティア打合せ 8月29日 
  PTAの図書ボランティアの打合せを行いました。今年度は学校司書の天野先生も配置されているのではじめての試みです。図書室の環境整備などを進めていただきます。本好きの子どもがたくさん増えるといいですね。
 2学期がはじまりました! 8月29日 
 いよいよ2学期が始まりました。朝の登校指導では公民館 戎﨑館長さん,自治協議会 本石会長さんをはじめ,たくさんの地域の方にも登校する子どもたちを見守っていただきました。
 始業式では,子どもたちは38日間の長いお休みで、すてきな思い出ができたようで,輝く笑顔でした。校長先生のお話として、今夏のブラジルで開催されたリオオリンピックから学校生活に活かしてほしいことを伝えました。 
 正門前での見守り  地域の方々
 どの学年も落ち着いた態度でした  オリンピックから学ぶこと...「わたし」から「みんな・チーム」へ
 児童代表の言葉(運営委員会・4年生)  9月のめあて(時間をまもってもくもく清掃)
 博多区PTA研究集会  8月23日 
 博多区のPTA研究集会の第1分科会(組織・運営部)が本校主管で行われました。東吉塚公民館を会場としてお借りしました。
 「みんなにやさしい。みんながやさしい。PTA活動 !~ネットワークをつくろう~」をテーマに本校PTA会長の綿原さんが提言発表をしました。博多区18校のPTAのみなさんの活発な意見交流がなされました。
 武田校長先生が「みんなが優しくなれる・みんなが易しく参加できるPTA活動になるよう各学校が工夫していくことが大切」とまとめられました。
 なお,本校の提案は福岡市代表として,11月に宮崎で開催される九州PTA大会で発表します。
   <PTA役員・委員さんによる朝の打合せ>
 <綿原会長の提言発表>  <小グループによる意見交換>
 <各グループからの発表> <武田校長先生の指導助言> 
  まもなく2学期です  8月23日 
 あと1週間足らずで始業式です。子どもたちが夢と希望をランドセルに詰めて登校できるよう,職員は環境整備を行いました。今日は玄関前の花壇の整備を職員有志で行いました。
 学校中の教室,階段,廊下は学校用務員の先生方がピカピカにワックスをくれました。楽しみに登校してください。 
 夏季休業中職員研修 8月22日 
 今日は職員研修をおこないました。午前中は学力向上の研修を,午後は情報教育研修とQU活用(生徒指導関係)研修を行いました。研修したことを子どもの姿にかえせるようにしたいと思います。
 
 夏の祭典(校区夏祭り) 7月30日 
  東吉塚校区恒例の夏の祭典が今年も盛大に開催されました。本校からは,5,6年生の盆踊り参加や2年生・6年生のランタン製作など地域に愛着をもつ機会となりました。今後も地域の行事に積極的に参加して,地域・家庭・学校で東っ子を育てる『共育』を推進します。
  【青育連の方による焼き鳥】  【公民館サークルの子どもたちのバトン演技】
 【吉塚中美術部と愛和外語学院の学生さん】  【高校生トリオのコーラス
 【5,6年生と校長・職員参加の盆踊り】  【盆踊りの様子を遠景から撮影】
 【地域の方のバンド演奏】  【ランタンの様子を遠景から撮影】
 【6年生が作製した蓮(ハス)の形のランタン】  【校区人尊協からのメッセージ】
 
 【2年生のメッセージの大灯籠】  【吉塚中学校美術部の作品】
 保育園訪問 7月28日
  午前中に職員研修で,東清水保育園,まごころ保育園,リズム保育園に参観に行きました。
 保育園・幼稚園との連携を深め,就学前の子どもたちの様子やそれぞれの保育内容の一端を知り,就学後の教育活動を充実させるために毎年行っています。
 朝ご飯学習会 7月25日 
 ふれあい学舎事業「朝ご飯学習会」を行いました。料理研究家の幾田淳子氏をお招きし,東っ子アフタースクールの子どもと保護者がいっしょに朝ご飯をつくりました。朝ご飯のメニューは「ごはんDEサンドイッチ」「カラフルみそ玉」「野菜の浅漬け」で子どもだけでも料理できるような簡単なものです。夏休みにもう一度挑戦してほしいです。
<保護者の感想より(抜粋)>
・自分でつくる楽しさが一番ですね。幾田先生の「笑ってつくる料理はおいしくなる」実感します。
・朝ご飯に役立つ内容でよかったと思います。ありがとうございました。
・ちょっとした工夫で栄養も心も満たされると改めておもいました。今後は子どもに進んでお手伝
 いをさせたいと思います。
・先生が明るく素敵でした。子どもたちも楽しく調理ができていました。ありがとうございした。
 集団討論学習会 7月22日 
  本日職員数名は市の教育センターなどで出張でした。学校に残った職員で集団討論の学習会をおこないました。
  終業式~いよいよ夏休み~ 7月21日
  本日7月21日(木)に、1学期終業式を行いました。子どもたちには8月29日の始業式まで38日間の長いお休みであること、明日からはお家や地域が勉強する場所となることを確認しました。また「楽しくお勉強する人は、楽しく遊ぶことができる人」であり、「なぜだろう・不思議だなぁ」という気持ちを持つ人が伸びると、私の体験も入れ話しました。
 学校の宿題も大切ですが、日頃できない地域の行事参加や課題研究、人の役に立つことを見つけて「自分の良さや自分磨きをする素敵な夏」であってほしいと思います。
 今日は担任の先生から、1学期の頑張りを記した通知表をいただきます。ぜひご家庭で良かったところ2学期に頑張るところを確認していただき、次のステップにつなげてください。なお4年生は福岡市学力定着度調査の個票もお渡ししています。
 1学期は市内・県内の小・中学校で、水の事故や交通事故が多発し、尊い命が失われています。PTA便りの掲載にもあるように、特に交通量の多い本校区では自転車の事故が心配です。「ともいく」10号にも掲載しましたが、ヘルメットは保護者の努力義務ですので、子どもの安全のために着用を強くお願いいたします。
 【校長の話】  【児童代表のことば】
 【生徒指導の話】  【1学期皆勤賞表彰】
 校長室読み聞かせ 7月20日
  念願だった校長室での「読み聞かせ」が今年も実現できました。11日(月)には1年生が来室し「この日を待っていました!」とかわいい笑顔で話します。こちらも思わず読む声に熱が入ってしまいました。2グループに分けて読み聞かせを行いました。読んだ本は「はがぬけたらどうするの」(セルビー・ビーラー)です。世界にはいろいろな文化や風習があります。その一つが抜けた歯の取り扱い方です。世界中の子どもたちの風習を聞いて、びっくりしたり大きな笑い声が起こったりと、本当に楽しい時間を子どもたちと過ごしました。私が印象深かったのは、コスタリカの「母親が子どもの抜けた歯に金メッキをして、イヤリングとして贈る」でした。元気に育ってほしいという気持ちの表れでしょう。話を聞いている子どもたちも、立派で丈夫な新しい歯が生えていましたよ。子どもたちの成長する姿を改めて感じる瞬間でした。
  大会優勝表彰 7月20日
  5年2組の石井寿来君が,九州・沖縄・山口の「キングオブストライカー」と「大和」のムエタイの大会で優勝し,チャンピオンになりました。写真は,校長室で表彰するとともに,石井君が通っているジムのスタッフ,校内で同じジムに通う仲間と共に写ったものです。今後の活躍にも期待しています。おめでとうございます。
 ランタン作り・盆踊り練習 7月11日・13日 
 今月の7月30日(土)に、本校運動場にて「東吉塚校区夏の祭典」が開催されます。本校では毎年6年生が祭りに出展するため11日(月)に、地域の自治協議会の御指導を受けながらランタンを制作しています。今年のテーマは「蓮の花」です。また13日(水)には5・6年が、祭りのメインとなる盆踊りを本石自治会長をはじめ婦人部の御指導で練習しました。体育館には大きな輪と明るい笑顔が広がっていました。当日を楽しみにしています。 
 「豊かな心の育成」に向けて   7月6日(水)
 7月6日(水)に、市教委学校指導課 武田綾子 主任指導主事をお招きして、本校職員と地域コーディネーターの原田嘉子さんとで「道徳教育研修」を実施しました。平成30年度より特別な教科「道徳」が始まります。福岡市では小学校と家庭・地域が連携して行う「道徳教育推進事業」を地域コーディネーターの支援のもと進めていきます。
 思いやりの心や命を大切にする心をもった児童が育ち,東吉塚の宝となることを願っています。
 4か月の成長の姿 -学習参観・懇談会- 7月1日,4日
 7月1日(金)と4日(月)に「学習参観・学級懇談会」を実施しました。梅雨の一休みの天気でもあり、多くの保護者の皆さまに参観・参会していただきました。各学年・学級では始業式・入学式からのお子様の成長を、教科の授業や活動によってお示ししました。また学級懇談会では、それぞれの学級での活動や子どもたちの様子を、学年・学級で作成した資料をもとに、保護者の皆さまにお伝えできたと思います。
 地域の見守りに感謝!-1・4年生「交通安全教室」-  6月23日 
 交通事故は、学校生活に慣れてきた学期の中旬に起こることが多いそうです。本校では例年、梅雨時で視界もくもりがちなこの時期に博多署の交通安全課より来校いただき、1年生では基本的な交通マナーを、4年生では自転車での交通マナーを学んでいます。うれしいことに本年度より、自治協議会の交通安全部会の4名の皆さまが安全教室に参加していただき、子どもたちの安全に対する学びを見守っていただきました。4人の皆さま(海老原さま・斉藤さま・西本さま・柴田さま)は、日頃から校区の通学路に立っていただき、安全指導をしていただいています。学習後、海老原部会長から、「これを機会に、さらに学校と子どもの安全を見守っていきましょう」との心強い言葉をいただき、感謝・感謝です
 福岡大空襲についての学習 6月17日 
 6月17日(金)の朝の全校テレビ放送で、「福岡大空襲」のお話をしました
。子どもたちが大好きなこの博多の街は空襲によって打撃を受け、多くの大切な人の命や家が奪われました。そしてこの復興は、子どもたちのおじいさんやおばあさん、またその前のおじいさんやおばあさんたちが力を合わせて行ったこと、平和な世の中を創ることが子どもたちの笑顔や未来につながると信じたことなどを話しました。また、5月に広島を訪れ平和の折り鶴を捧げたオバマ大統領や、冷泉公園にある戦災記念碑、国語の教科書で学習する「ちいちゃんのかげおくり」についても触れました。今ある幸せを感じながら、子どもたちがさらに幸せな社会を創るきっかけとなる学習になることを期待しています。
 
 土曜授業 6月4日 
  今年度より福岡市全ての小中学校で、土曜授業(振替休日なし)の取り組みが始まりました。本校では、6月4日(土)に本年度初めての土曜授業を公開いたしました。当日は参観者がとても多く、ご家族でのご来校者の姿や、おじいさま・おばあさまの姿も見られました。高学年では専科教員による算数や理科、家庭科や外国語授業を参観していただきました。親子参加型の授業もあり、教室から歓声や拍手がわき起こっていました。
   運動会の頑張り!-「最後まであきらめない気持ち」の大切さ- 5月22日
 青空の下、本校第60回運動会を開催いたしました。今年のテーマは「最後まであきらめない気持ちをもってやり遂げよう」でした。全校種目・競争遊技・走・表現等、すべての種目に全力で取り組みました。また、本年度は吉塚中学校様より毎年お借りしている児童用テントに加えて、自治協議会様より新品のテント3張りを使わせていただきました。当日は強い日差しと気温も上がり、子どもたちはテントの下で十分に体調管理をしながら、各種目に臨むことができました。またPTAの運営委員・おやじの会の皆様には、朝早くから最後まで、子どもたちの安心・安全のために、様々なご尽力をいただき感謝申し上げます。   
 3・4年「東っ子AS」を募集! 5月9日 
  本校では本年度、新たな学力向上の取り組みを推進することとなりました。これは福岡市教育委員会の指定を受けた事業です。名称は「東っ子AS(アフタースクール)」です。対象は 3・4年生の児童(市教委指定)で、放課後に週2回程度、算数等を学習します
 帰りの「お迎え」や年2回程度の「家庭教育学習会」の参加など、「共育(ともいく)」の立場から、保護者や地域の方にご協力いただく場面があります。
 詳しくは、本日付で保護者宛にお便りを出しています。募集される方はよくお読みいただき、担任より申し込み用紙を受け取り提出をお願いします。なお、募集定員は、市教委の指定上、各学年15名から20名程度となります。16日(月)の説明会を経て参加児童を決定し、5月末より本校研修室(旧「くすのき学級」プレハブ教室)にて学習予定です。 
 春本番です! 5月9日 
  晴天に恵まれた日差しの中、ゴールデンウイークが終わりました。子どもたちは楽しそうに、連休中の様子をいっぱい話してくれました。その笑顔から、ご家族等と過ごした楽しい時間が伝わってきて、思わずうれしくなりました。
 新学期から1ヶ月を過ぎ、毎日の学校生活や学校行事の中で、子どもたちが生き生きと活動する場面が増えてきました。2年生から6年生は、昨年度の3月からこの1ヶ月あまりで、大きく一歩前進した姿が、あいさつや授業態度、校内での立ち振る舞いでよくわかります。1年生は初めての小学校生活になれようと、担任の先生と健気に頑張っている姿にうれしくなります。
【4/22 歓迎集会→遠足(箱崎公園】 
【4/20 学習参観(左:くすのき学級,右:1年】 
 第60回入学式 4月12日 
 保護者や地域の皆さまの温かいまなざしの中本校第60回入学式を迎えることができました。玄関前のプランターには2年生が1人1鉢ずつ植えたチューリップ、6年生がコンポストで土から育てたパンジーや金魚草など、色とりどりの花たちが新入生を出迎えました。
 新入生は受け答えも元気よく、真新しいランドセル姿からも小学校生活を楽しみにしている様子が伝わります。毎日ランドセルに「夢と希望と勇気」をつめて、東吉塚小学校に通学しましょうね。
 平成28年度始業式 4月7日
 春のやさしい風が吹き渡り、校庭には色とりどりの花々が咲き誇っています。いよいよ平成28年度がスタートしました
 8日(金)の始業式はあいにくの雨でしたが、自治協議会や公民館、保護者、博多署など、20名近くの方が子どもたちの登校状況を、正門と東門に分かれて見守ってくださいました。玄関ではスタンバードが出迎えるなど、子どもたちは楽しい朝となったようです。
 また,赴任式で新しくこられた先生方の紹介をし,新しいクラスを発表しました。子どもたちの希望にあふれた顔をたくさん見ることができました。
平成27年度はこちら