Home児童 かなたけっ子ダイヤリー3年生のみそづくり...



■3年生のみそづくり



今日は3年生がみそ作り体験をしました。
JAの豆姫様にご指導いただき、あわせみそを子どもたちが作りました。
まず、昨日から水に浸していた大豆を圧力なべで柔らかく煮ていただきました。それを子ども達が手でつぶします。あんなに硬い大豆が親指と小指でつぶれるほど柔らかく煮えていました。きれいに豆がつぶれたら、今度は、塩を混ぜた合わせ麹に、つぶした豆を入れて、よく混ぜます。それをボール状に丸めて、「おいしくなあれ」と呪文を言いながら、桶の中に投げ入れます。「ペタン」という音とともに、桶の中に張り付きます。みんな2個づつ投げ入れました。ふたをして、重石としてペットボトルに水を入れたものをのせ、最後に新聞紙で包み、各クラスの名札を付けました。3~4カ月でみそになるということです。とっても楽しみにしている様子でした。最後はみそのすごさをご教授いただきました。 「『頭』『豊』『登』という漢字には『豆』という字が入っています。豆に含まれる『レシチン』は頭がよくなり、豆を食べると心も豊かになり、山に登ったりするための持久力もつくんですよぉ。大豆製品をたくさん食べようね!」という素敵なお話でした。日本の伝統的な調味料である「みそ」を、ご家庭でもたくさん食べてくださいね。

3年生のみそづくりの写真3年生のみそづくりの写真23年生のみそづくりの写真3
3年生のみそづくりの写真43年生のみそづくりの写真5

     


「2022/10/14up]













[Homeへもどる]