おやじの会 活動の様子

おやじの会はメンバーを募集中です。PTAに,ご連絡ください。

H25.2.23 「学校田整備・標語整備」

今年度,学校内の花壇が田んぼに変わり,2年生の学習に活躍していました。
「2年生にとって,とてもいい学習になりましたね。」
と学校に話をしたら
「実は,ブロックのつなぎ目から少しずつ水が漏れているんだよね。
 一応,エンビシートを貼って防いでいたけど,まだ不十分だったようで困っているんだ。」
という話を聞いたので,お手伝いできれば,と計画しました。
おやじの会のメンバー以外にも呼びかけたところ,
「今日ならば参加できる。」と言われておやじの会以外の方も9名参加されました。

「2面あるうちの1面だけでもできれば・・・」
と言われていましたが,やはりマンパワーはすごい。
2面とも掘りあげただけでなく,高圧洗浄機で土を取り除くところまでできました。

今回は,2年生の学習のお手伝いができたようです。

標語整備については,校区内の色々なところに人権標語のプレートがありますが
ところどころ外れかけていたり曲がっていたりしているので
一つ一つ点検しながら整備しました。
もし,外れそうなところや危険なところがありましたら,ぜひ教えていただきたいと思います。
  


H24.7.28 「土星と月を観る会」

6月の予定を今日に延期していた「土星と月を見る会」でした。
数日前から
「昼間は天気がいいから,全く問題ないようだけど,
 天気がよすぎて,暖められた空気の関係で夕方から夜は低い空がもやっとしていて 
 観測しにくくなっているんだよなぁ・・・。」
と,校長先生。しかし,今日は澄み切った空で観察会を行うことができました。
19時から体育館で,月と地球の関係や惑星・星座・天体望遠鏡の扱い方などについての説明がありました。
説明があっている間に,空は暗くなってきて一番星もかすかに見えるようになってきます。
運動場には,8台の天体望遠鏡が設置されていて,
最初は月にレンズが向けられていました。
「うわぁ,月ってこんなにきれいなんだ。」
「まぶしいくらい明るく見えるね。」
などと,聞こえてきます。
さらに暗くなって土星が見え始めるとレンズは月から土星に。
「えっ,これって本当に土星?まるで図鑑みたい。」
「シールが貼ってあるんじゃない,それくらいはっきり見える。」
「生まれて初めて土星を見ました。うわって感激。」
大人も子どもも同じ物を見て,感動を共有し,話がはずむ。
その様子を見ていると,早くから準備などをしていた,おやじの会のメンバーも
「企画してよかったね。」と嬉しそうでした。
夏休みの思い出の一つになったでしょうか。






H24.2.18 「ブランコ安全柵づくり,ビオトープ整備」

今日は土曜日。
学校は休みですが,朝10時に20名程の保護者の方が集まってくださいました。
そこで,前から気になっていたブランコ周辺の柵づくりとビオトープの草刈をしていただきました。
柵を作るためには杭を打たないといけません。
しかも,倒れないようにするには,40センチは掘らないといけません。
最初の5センチ程は,楽に掘れますが,
その下には水はけをよくするための小石が埋められているのでなかなか進みません。
それでも,チームワークよく行ったので午前中に見事な柵ができました。
子どもがより安全に遊べるようになったのも嬉しかったですが
作業をしながらのおしゃべりも楽しくて,時間が経つのがあっという間でした。








H23.6.4 「たまねぎ掘り」 


4月下旬に予定していた「たまねぎ掘り」でしたが,成長が遅かったので大きくなるのを待っていました。
同じ所に,次はサツマイモを植える関係で,運動会が終わった最初の土曜日に掘りました。
店で売っているような大きさとはいきませんでしたが,
誰かが「小さくても,みじん切りにしてしまえば,みんな一緒」
笑いに包まれながらの活動でした。
収穫後は,サツマイモの苗を植えるために,耕して終わりました。

  



H23.5.14 「土星と月を観る会」 

第一部 土星・月・星座の説明 (体育館)

まず体育館に入り,校長先生が講師となって,天文に関する基礎講座。
地球をパチンコ玉に例えると木星の大きさはどれくらいになるのでしょうか。土星は?
望遠鏡の使い方,月のクレーターについて等を学びました。


第二部 望遠鏡を使っての観察(運動場)

基礎講座が終わるころには,観察できる暗さになりました。
運動場には,保護者が持ってきて下さった望遠鏡を含めて10台。
月のクレーターも土星の輪もはっきり見えました。
月や土星を,テレビでも図鑑でもなく,自分の目で直接見たことに感激するのは,子どもも大人も同じです。
「僕も望遠鏡が欲しいなぁ。」と言っている子どももいました。