HOME  校長室から 学校紹介 学校経営 校歌 下原美術館 下原
ニュース
学校行事 学校便り 立花山 学校の…
 歩み
 
 
 
 本校は児童数の増加により、昭和60年に香椎小学校から分離新設さました。
校区は下原、グリーンタウン、オークタウン、長谷、八尻、山の手、石坂、松香台などの各地区が含まれた住宅中心の町並みになっています。        
 
また、国の特別天然記念物クスノキの原始林がある立花山や三日月山の豊かな自然に恵まれているとともに室町・戦国時代の立花城跡を始め、古くは飛鳥・弥生時代にもさかのぼれる多くの史跡にも恵まれた地域です。
 
校舎からは、緑豊かな山々を仰ぎ見れるのはもちもん、屋上からは遠く玄界灘まで眺めることができる風光明媚、静かな環境の中にあります。 
 校章について
【椎の葉】香椎の地を表し、若葉は命の尊厳・豊かさの象徴
【ペ  ン】勉学を表し、本校教育目標「かしこい子ども」をめざす子どもの姿を象徴
【  輪  協調・体力・地球を象徴
       地平線より突起したペンと若葉。
       助け合い、手をとりあって、たくましく未来へ伸びる 子どもを表している。
 

児童数 695名(平成29年4月1日現在) 
職員数     名
学級数   24
特別教室   理科室 家庭科室 図工室 図書室
視聴覚室 音楽室 パソコンルーム 多目的ルーム
その他   2階体育館 屋上プール
特徴   丘の上に建っているため、東門・西門の2カ所以外に校地内に入れない。
校舎は【つ】の字型に似てテーブルやベンチのある中庭を持っている。
平成29年4月1日現在