2013年度
5・6年生
3学期の子どもたちの様子 






   

     知っとう!?勝馬2

 総合的な学習の時間「知っとう!?勝馬2」の学習では、2学期から、勝馬で頑張る人を調査してきました。町の中でみんなのために頑張っている人たちの生き方に触れる中で、自分たちは勝馬の町のために何かできないかと考えるようになってきました。

 子どもたちの願いの中で共通していたものは、勝馬を美しい町にしたいという願いと、勝馬のよさを知ってもらいたいという願いでした。

 自分たちでもできることとして、町のゴミ拾いと、勝馬のパンフレットを作って人が集まる場所に置かせてもらうことが決まりました。


 3学期は、4回、町のゴミ拾いをしました。回数を重ねるにつれて、次第に拾ってくるごみの量が減ることに気づきました。落ちているごみが減ってきたと言えます。

 パンフレットは、パソコンで作り、200枚ほど印刷しました。A4サイズの小さなパンフレットですが、地図や写真を入れて工夫をしました。できたものは、勝馬の3軒の料理屋さんと、休暇村志賀島においてもらいました。


 勝馬の町と自分たちとのかかわり方について、考えることができた「知っとう!?勝馬」の学習でした。


               



  
                 
     あじさい植樹
 
 学校のそばに休暇村志賀島という宿泊施設があります。2月末に、休暇村のあじさい植樹に招待していただきました。数年計画であじさいの庭園を造るということで、一昨年より高学年が招待され、植樹をしています。

 当日は、志賀島の2つの幼稚園・保育所の園児たちとともに、植樹をしました。

 普段接している1年生よりも小さな子どもたちと一緒に、仲良く植樹をすることが出来ました。花が咲くのが楽しみです。






    
      お別れ集会

 6年生を送り出すお別れ集会の前、6年生は集会の中での出し物の準備をしていました。出し物は1年間の思い出をビデオにして流すというもので、2人でパソコン作業を頑張っていました。

 5年生は、6年生へのプレゼントづくりを低学年と一緒に行いました。どんなプレゼントがいいか話し合いながら、協力して作りました。

 当日、各学年からのゲームやプレゼントに6年生2人の顔もにっこり。6年生からも出し物でお返しをしました。ビデオだけでは、時間が短かったため、2人の得意な剣道の対戦を見てもらうことになりました。

 迫力ある対戦に、他の子どもたちの顔には、「6年生、すごい!」と書いてあるようでした。