カヤック

勝馬小学校裏の海岸には、干潮時に向こう島まで歩いて渡れるほど、波が穏やかな入り江があります。
また、全校児童を校長、教務主任や養護教諭などを含めると5・6名で指導に当たっています。
このような地域の特色や小規模校のよさを生かした学習の一環として、
本校では、福岡市で初めてシーカヤックの学習を生活科や総合的な学習の時間に行っています。

この学習は、子どもたちをきれいな海に、より親しませることによって、
「海や自然を守っていこう」という心情を育てたり、
時として、荒れた海を見せることで、自然の力の恐ろしさを感じさせたり、
(もちろん、条件が悪いときは、学習を行いません)
自分の力でカヤックを漕ぐことで、体力や精神力、判断力を向上させたり、
海について調べるときの視野を広げたりと、たくさんのことをねらっています。

今年の学習の様子をご覧下さい。
1・2年生は、先生が後ろに乗って 3・4年生は大渡まで 5・6年生は沖津島
  
準備運動もしっかり!! 友達と協力して 準備や片付けも自分たちで


  志賀島小とのカヤック交流 

同じ志賀島の中にある2つの小学校。
10年ほど前から毎年、勝馬小の5・6年生と志賀島小の子どもたちはカヤック学習による交流を行っています。

今年も楽しく交流できました(^o^)

さすが海の子。怖がることもなく、
すいすい漕いでいきます。 
みんなで記念撮影
これからも仲良くしようね。