学校日記 その601   平成26年10月13日からの週                                                 

   10月13日
  「
体育の日 お休み
    
    
       


  10月14日
 
 「パソコンで学習   
    

     定期的にパソコンの先生が勝馬小学校に来ています。
     そのため、いろいろな学習で、パソコンを使用する機会を作っています。
     2年生はパソコンを使って、算数の学習をしました。
     1つのものを2人で分けるという「分数」の学習です。
     ケーキを分ける問題などは、とても楽しそうに取り組んでいました。
     3.4年生は、パソコンでローマ字の学習をし、名刺を作ったようです。
     授業の中にも、確実にパソコンが入ってきている模様です。
    
       
      


   10月15日
  「実りの秋はもう目の前」
    
    
    児童といっしょに通学路を歩くと、かならず「学校田」のそばを通ります。
    地域や保護者のみなさんと勝馬小の児童が、6月30日に田植えをした水田です。
    今年の夏は雨の日が多く、苗の生育には恵まれた天候ではなかったかもしれませんが、
    今は豊かに実り、こうべを垂れています。
    
    今月の23日に稲刈りを予定しています。
    収穫の喜びに笑顔を浮かべ稲刈りに汗する児童の姿を見るのが待ち遠しいです(^^)
    
    
                                                                   
                                   


   10月16日
  「薬物乱用防止教育」
    

    東福祉センターの保健師さんに来校してもらい、薬物乱用防止教育を実施しました。
    3・4・5・6年生が「たばこの害」についての話をききました。
    
    最初に、たばこに含まれる有害物質の話をされました。
    その中の代表的な、有害物質のニコチン・タール・一酸化炭素について話されましたが、
    本校の子どもたちは、3年生から、毎年、「たばこの害など」の勉強をしているので、
    その有害物質の名前を知っている子が、多くいました。
    
    その後、たばこをさそわれた時のことわり方のロールプレーを、職員で実施しました。
    それを見た後、子どもたちが、自分たちで考えた断り方を発表してくれました。

    「たばこは吸いたくない!」「誘われても、はっきり断る!」
    という、子どもたちの声がたくさん聞けた学習になりました。

              
    
        


    10月17日
 
「読み聞かせ会」
    
    7日から始まった読書週間も今日が最終日。
    西戸崎から「絆文庫」の方々が読み聞かせに来てくださいました。
    はじめにウインドチャイムによる「花が咲く」の演奏がありました。
    美しい演奏に、一緒に曲を口ずさんでいる子どもたちもいました。
    その後、パネルシアターによる「3枚のお札」の読み聞かせをしてもらいました。
    鮮やかな蛍光色のパネルや効果音、それに読み手の声の技。
    たいへん迫力ある読み聞かせでした。
    しばしの間、大人も子どもも物語の世界に入ることができました。
    
     

     2014年10月6日の週へ            学校の中へもどる