学校日記 その746  平成30年1月22日からの週          

  

   1月22日(月)
  「歌声を響かせて東区音楽会」

      
     今日は、東区の小学校が福岡市民会館のホールに集まり、
    日常の音楽の学習の成果を発表する「東区音楽会」がありました。
    勝馬小学校は、隣の志賀島小学校と合同で出場しました。
    1年生から6年生までが、そして2つの学校が気持ちをそろえて発表するために、
    これまでともに練習に励んできました。
     本番では、緊張しながらも、練習の時のように体を動かしながら歌い、
    リズムにのって演奏することができました。
    
    

     



   1月23日(火)
 
  「寒くても お世話しています。」

      

    1・2年生が、育てている いちごの実が、大きく 赤く 成長してきました。
    烏に 食べられないように ビニールトンネルに 黒いビニールの網も
    はりました。みんなのイチゴが 早く大きくなりますように。
    また、春を待つ、チューリップの球根からも、芽が出始めました。
    立派に育つように みんなで、プランターの草取りをしました。

       



  1月24日(水)
   「給食週間」

       1月24日~30日は、全国学校給食週間です。
     今日の全校給食では、
     給食の先生が「食べるの 大好き」のお話しをしてくれました。
     「食べ物は、みんなの元気のもとです。
     太陽、水、土も元気。だから、みんなが食べる食べ物も元気なんです。」
     紙芝居を見ながら、子どもたちの目が輝いていました。
     たくさんの命をいただいて、私たちは生かされています。
     毎日の食事に感謝の気持ちを持つ、とても良い機会になりました。

     
     


    
  1月25日(木)
 
 
「青空の下で」
     
      今日のトレーニングは、短縄とびです。
     久しぶりの青空で気持ちいいです!

      それぞれが自分の課題を見つけていろんな跳び方に
     チャレンジしています。

      そのまま大空に飛んでいきたい気分です!
       


  1月26日(金)
 
  「野鳥の声を聴いてみよう」

      勝馬小学校の廊下では今月はいろんな種類の野鳥の声をCDで
    聴くことができます。リストの中から聴きたい鳥の種類を選ぶとかわいい鳥の
    声が流れます。勝馬小学校のまわりには山があり日頃から野鳥の声を耳にして
    いるのですが、CDであらためて聴いてみるとそれぞれの種類で鳴き方に
    特徴があることがわかります。
         






    
2017年1月15日の週へ 
           学校の中へもどる