AED(自動体外除細動器)
香陵小学校では、玄関にAED(自動体外除細動器)を設置しています。突然の事故やけがなどで、人が倒れて反応がないときに、心肺蘇生のために使用する器具です。
心肺蘇生法の手順
1 反応の有無を見る
 倒れている人がいたら、軽く肩をたたき、「だいじょうぶですか」と声をかける。
 反応がなければ、大声で助けを求め、119番通報とAEDを依頼する。
2 気道の確保・呼吸の確認
 片手で額をおさえ、もう片方の手の指であごをあげ、気道を確保し、普段通りの呼吸があるのかを確認する。
3 人工呼吸を1秒に2回
 正常な呼吸がなければ、指で鼻をつまみ、口を大きく開けて、傷病者の口をふさぎ、約1秒かけて胸が上がる程度に息を2回吹き込む。
4 心臓マッサージ30回と人工呼吸2回をくり返す
 手のひらの付け根を胸の真ん中にあてて体重をかけ、胸骨が4〜5p沈むまで真上から圧迫する。
5 AEDを使用する
 AEDは到着後すぐに傷病者の左側に置き、電源を入れて、決められた位置に電源パッドをはり付け、音声ガイドに従う。