壁面レリーフ
壁面レリーフの子どもたち(児童用出入り口・昇降口)
■香陵小の壁面レリーフを紹介するのも今回が最後となりました。児童用の出入り口2カ所に、それぞれレリーフがあります。
■写真左 綱引きをする子どもたちが描かれています。
■写真右 キャッチボールをする子どもたちの様子です。
壁面レリーフの子どもたち3(玄関)
■壁面レリーフは室内にもあります。今回紹介するのは玄関のレリーフです。
■この壁面に描かれているのは、「手をつなぐ子どもたち」です。二組の子どもたちが手をつないでいます。上級生と下級生でしょうか。
壁面レリーフの子どもたち2(十二支前)
■次は十二支前のレリーフです。香陵小学校の中で一番大きなレリーフです。さあ、この子どもたちは何をしていますか?
■正解は「運動場で遊ぶ子どもたち」です。ボール遊びをしている子、なわとびをしている子なと゜運動場で元気に遊んでいる子どもたちの姿が描かれています。
壁面のレリーフの子どもたち(体育館)
■香陵小学校の壁面には、たくさんのレリーフ(浮き彫り)がほどこされています。題材はいずれも「子どもたちの様子」。まずは体育館の壁面のレリーフを見てみましょう。レリーフの子どもたちは何をしているでしょうか?毎日見ているはずなのに…。答えられますか?
■正解は「海で遊ぶ子どもたち」でした。浮き輪をした子、網をもった子、かけっこをしている子どもたちが描かれていますね。