学校長あいさつ  本校沿革  校歌と校章  テーマ研究  草ヶ江小の一日 Home
 保健室  学校だより  今月の献立  アクセス  リンク





平成26・27年度 福岡県学校給食研究指定
研究発表会


研究主題 / 研究構想図 / 各部の考え方 / 日々の取り組み / 資料集

体育部
自らすこやかな心と体をつくる実践力をもった草ヶ江っ子の育成
〜課題意識をもたせる指導・支援の工夫を通して〜


(1)
「すこやかな心と体」とは

「すこやかな心と体」とは,自分の体に応じた健康管理の下,望ましい生活習慣を身につけ,自分なりの健康を心身ともに保っている状態のことである。

(2)「自らすこやかな体をつくる実践力」とは

「自らすこやかな体をつくる実践力」とは,生涯にわたって,学習したことをもとに睡眠,栄養,運動の調和を考え,自分に合った方法で主体的に解決していくことを実行し,積み重ねていく力のことである。

@ 運動に親しむ態度や運動を楽しんだり喜んだりする心を育みながら,適度な運動を行い,体力の向上を図る こと

 A 心身ともに健康な生活をおくるために必要な知識と技能を習得し活用すること

B バランスのとれた食生活や十分な休養と睡眠をはじめとする基本的な生活習慣を身につけること

(3)「課題意識」とは

課題意識」とは,子どもが学習や日常生活の場面で出会った,運動や心身の状態に関する疑問や問題に対して「ここが足りない,できていないという自己認識」「自分にもできそうだという有能感」「今よりもできるようになりたいという挑戦意欲」「どうしたらできるようになるのだろうかという解決意欲」という内発的な欲求に基づいて主体的に課題をもつ意識のことである。

体育部
食育部
( クリックすると大きくなります )
食育部
食育部
食育部
食育部

55


食育部
( 別ページにジャンプします )


食育部


食育部


食育部



上へ 

HOMEへ