Home学校紹介 元岡小学校子どもたちを見守るしいの木...



■子どもたちを見守るしいの木



このしいの木は、桑原峠の一本椎(しい)として地域の方から親しまれていたものを学校の敷地に植えかえたものです。校歌の中にも歌われているこの椎(しい)の木も、樹齢300年を数えています。これからも元岡小学校の子ども達を見守ってくれることでしょう。


子どもたちを見守るしいの木の写真


     


「2017/07/21up]













[Homeへもどる]