名島っ子ニュース
11月14日(火)〜11月16日(木)   
【理科への興味・関心を高める:理科委員会サイエンスフェスタ】 
         
 14日(火)からの3日間,理科委員会主催サイエンスフェスタが理科室と多目的室で行われました。実験の内容は「野菜の浮き沈み」「ブーメランを飛ばそう」「光の屈折」「声のふしぎ」「静電気で遊ぼう」の5つでした。
 理科委員会の子どもたちが手際よく実験の手順や意味等を説明してくれたので,参加した子どもたちは実験の楽しさを十分に味わうことができました。理科離れが叫ばれている現状において,とても価値のある取組だと思います。理科委員会のみなさん,ありがとうございました。
11月14日(火)  
【命を守るために:5年生救命講習】  
         
 福岡市では,教員の安全・安心意識向上,及び子どもたちに命の大切さや助けられる命があることを考える機会の提供を目的とした救命講習の取組を実施しています。平成25年度からモデル校での実施が始まり,今年度,名島小でも取り組むことになりました。
 講師は5年生の先生が務め,消防署作成のDVDや器材を使いながら,心肺蘇生法の大切さや仕方について学びました。
 日本では,年間,約10万人の人が心肺停止状態で病院に運ばれてくる現状があります。社会復帰率を少しでも向上させることができるように,このような学習を大切にしていきたいと思います。
11月11日(土) 
【自分の命は自分で守る:小・中・地域合同防災スクール】 
         
 全市一斉の土曜授業日となっている11日(土)に,名島小初の試みとなる「小・中・地域合同防災スクール」を行いました。
 火災を想定した避難訓練を行った後,名島消防分団の消火訓練を参観しました。そして,1〜5年生ははしご車体験,6年生は各種訓練(防煙,消火器,止血,心肺蘇生)の体験に分かれました。
 体験が終わった後は,町内ごとに分かれた教室に入り,自己紹介や町内会長さんの話を聞いたりしました。「自分の町内にいる子どもたちと話ができて良かった。」という町内会長さんの声をたくさん耳にすることができました。災害時の心構えだけでなく,町内のコミュニティーづくりという意味からも価値ある取組だったと思います。
 ご協力いただいた地域の皆様,東消防署の職員の皆様,ありがとうございました。
 11月10日(金)
【学校での様子を観ていただこう:学校公開日(道徳参観)】  
         
 10日(金)は学校公開日で,朝の会から帰りの会までの様子を,保護者や地域の皆様に観ていただきました。
 特に,1校時は3・4・5年生,2校時は1・2・6年生と青空学級で道徳の授業を行いました。どの学年も,自分なりの考えをもち,意見を言ったり聞き合ったりしながら自分の考えを見つめ直していく子どもたちの様子を観ていただけたことと思います。
 その他にも,クラブ活動の公開,成人教育講演会等,盛りだくさんの1日になりました。延べで約640人の方に来ていただきました。お忙しい中,ありがとうございました。
11月7日(火)  
【お兄さんお姉さんと一緒にゲーム:ドキワク集会】   
         
 子どもたち同士のよりよい関係づくりを目指したドキワク集会が,7日の午前中に行われました。
 1年生から6年生までが1つのチームとなり,リーダーの6年生を中心に色々なゲームに挑戦していきました。ゲームは全部で16あったのですが,川渡し競争に誕生日チェーン,風船ばたばたにボール渡しゲーム等,集会委員会の子どもたちが一生懸命に考えてくれたゲームに,挑戦する子どもたちも夢中でした。「がんばれ。」「どんまい。」ゲームに挑戦している友達を,班のみんなで応援する姿は,とても心温まる光景でした。企画・運営で頑張ってくれた集会委員会の子どもたちの頑張りに拍手を送ります。
11月6日(月) 
【地域の取組に目を向けて:5年生総合的な学習】 
         
 6日の3時間目,名島のために様々な取組をされている各種団体の方を講師にお招きしての,5年生総合「名島もりあげ隊」の学習が行われました。
 公民館・体育協会・防犯組合・人尊協・育成連合・ごみ減量リサイクル推進・ねんりんクラブ・おやじの会・衛生組合・歴史を語る会・消防分団・社会福祉協議会の計12の団体の方からは,組織,目的,具体的な取組について教えていただきました。この学習を通して,地域に目を向け地域を大切にする心の育成を図っていきたいと思います。お忙し中でのご協力,ありがとうございました。
10月31日(火) 
【小学校と中学校との連携:授業研修】    
         
 小中連携の研修会として,夏休みにそれぞれの学校で取組んでいることの情報交換を行いました。今回は,授業の仕方について考える授業研修を行いました。
 先ず,名島小の先生方が各教科等の授業を行い,それを松崎中学校の先生方が参観されました。その後,教科ごとのグループに分かれ,指導の仕方について意見交換をしました。小学校の支援方法,中学校の専門性というお互いの良さを確認したり,具体的な指導法を見いだせたりしたという点でも,有意義な研修になったと思います。
10月30日(月)  
【障がいについて考える:4年生福祉体験】   
         
 4年生の子どもたちは,総合的な学習の一環として,アイマスクをして歩いたり車椅子に乗ったりする福祉体験に取り組みました。
 まず,GTとしてお見えになった社会福祉協議会の方が,白杖を持っての歩き方や車椅子の動かし方について説明されました。その後,実際に自分たちで体験してみたのですが,「真っ暗で怖かった。」「車椅子を動かすのが難しかった。」等,体験をしてみて初めて分かる感想を子どもたちは述べていました。
 共生社会実現への意識を高める,価値ある学習になったと思います。
10月27日(日) 
【ハウステンボスで想い出づくり:修学旅行2日目】  
         
 2日目は,子どもたちが楽しみにしていたハウステンボスでした。大人気は「監禁病棟」というお化け屋敷でした。「怖いから外で待っておく」と言っていた子どもや,半分泣きながら出口から出てきた子ども等,普段は目にすることのできない子どもたちの姿が見られました。
 187名の6年生全員の子どもたちと一緒に出発し,一緒に帰ってくることのできた修学旅行は,天候にも恵まれ大成功でした。荷物の準備にお見送りやお迎え等,保護者の皆様のご理解とご協力に心より感謝いたします。
10月26日(木) 
【長崎市内で平和の学習:修学旅行1日目】   
                 
 6年生の子どもたちは,小学校生活の中で強く心に残る行事の一つ,修学旅行に行ってきました。1日目は,平和集会及び長崎市内のフィールドワークでした。班のみんなと協力しながら色々な施設を見学し平和の大切さについてしっかり学ぶことができました。
 宿泊先は国民宿舎くじゃく荘でした。ご飯をおなか一杯食べたり,わいわい言いながらお風呂に入ったりと,ここでも楽しい想い出をつくることができました。
10月21日(土) 
【学校で楽しいゲーム:PTA主催のあそびの会】 
         
         
 PTAの恒例行事,あそびの会が21日(土)に行われました。9:00開始で,11:30に終了でしたが,2時間半という時間の長さを感じないぐらい,子どもたちはもの作りやゲームに夢中になっていました。特に印象的だったのでは,作ったものを嬉しそうに見せたり,宝物のようにして持って帰ったりしている子どもたちの輝いた表情でした。
 約800名の参加があった今年のあそびの会です。企画・運営に取り組まれたPTA役員,学年・専門委員,地域の皆様,ありがとうございました。 
10月16日(月)  
【トヨタ自動車&いのちのたび博物館:5年生北九州見学】 
         
 5年生の子どもたちは,大型バス4台に乗り,宮若市にあるトヨタ自動車工場と,北九州市にあるいのちのたび博物館の見学に出かけました。
 トヨタ自動車工場では,自動車ができる工程を見たり安全な車を作るための工夫を知ったり,教科書に書かれた内容を,実際に見て・感じて学ぶことができました。いのちのたび博物館では,いのちのつながりや大切さを,展示物を通して学ぶことができました。
 丸一日の見学でしたが,ルールやマナーをしっかり守り,充実した時間を過ごすことができました。
10月13日(金) 
【芸術の秋を満喫:観劇会】   
         
 3・4時間目は1〜3年生,5・6時間目は4〜6年生と,下学年と上学年に分かれて観劇会を行いました。演目は,劇団歌舞人の皆様が演じるイリュージョン&アクションの「西遊記」でした。コミカルな動きに笑ったり,悟空と金閣のアクションに見入ったりと,会場は大いに盛り上がりました。
 カーテンコールでは,悟空役の俳優さんから「勇気をもつこと・絆を大切にすること」についてメッセージがありました。観覧した子どもたちにとって,単に楽しいだけでなく,心の勉強もできた充実した2時間になったのではないでしょうか。劇団歌舞人の皆様,ありがとうございました(ちなみに,前日は愛知県で公演されたそうです)。
 
10月10・12・13日(火・木・金) 
【韓国の文化を聞いて・見て・体験して:3年生総合学習】  
         
 3年生の子どもたちは,総合的な学習で韓国の文化について学んでいます。その一環として,10日(火)と12日(木)は金聖玉さんよりチャンゴのたたき方を教えていただきました。口と体で練習した後実際にたたくという段階を踏みながらの練習で,どのクラスも上手に演奏することができました。
 13日(金)は,金貞善さんをお招きし,ハングル文字や衣食住等,韓国の文化について教えていただきました。日本にとって身近な国なのに,知らないことが多く,子どもたちも興味をもって聞いていました。今回の学習が,多文化共生を推進していく一つのきっかけになってくれたらと思います。
 10月1日(日)
【千人力で優勝をめざせ!:第81回運動会】  
6年生の様子 
         
 5年生の様子
         
4年生の様子 
           
 3年生の様子 
          
 2年生の様子
          
  1年生の様子
            
開会式・応援合戦・大玉送り・閉会式の様子 
                   
 曇り空という,子どもたちにとっても参観者の皆様にとっても優しい天候の下,第81回運動会が行われました。走ったり引っ張ったり運んだりと,午前・午後の部で行われたどの競技に対しても,子どもたちは全力で臨んでいました。
 29対29の同点のまま挑んだ最終競技の大玉送りでは,1回目は赤が勝ち2回目は白ということで,結果,赤白同点で第81回運動会は幕を閉じました。
 お忙しい中,パトロール等でご協力いただいたPTA役員及びおやじの会の皆様,また,終了後に清掃やテント片付けにご協力いただいた保護者の皆様,本当にありがとうございました。
 9月30日(土) 
【教員・保護者・地域の力を合わせて:運動会前日準備】 
          
 運動会を明日にひかえた30日(土),教員・保護者ボランティアの皆様・おやじの会の皆様と一緒にテント設営を行いました。9:00から開始したのですが,お互いに声を掛け合いながら手際よく作業が進み,テント設営及び杭打ち・ロープ張りを約1時間半で終了することができました。
 昨年度から実施している児童用テント設営ですが,保護者・地域の皆様のご協力によって成り立っています。お忙しい中でのご協力に,心より感謝いたします。
 9月26日(火)
【本番に向けて:運動会全体練習2回目】 
          
 秋晴れの下,28日(火)の1・2時間目に全体練習2回目を行いました。今回は,応援練習と全校競技である大玉送りが練習の中心でした。応援練習では,昼休みの練習の成果が発揮され,赤も白も声や動きがしっかりそろっていました。大玉送りでは,初めて挑戦した1年生のところで少しもたつく場面もありましたが,みんな楽しそうに大玉を転がしたり運んだりしていました。
 いよいよ本番間近となりました。週間天気予報では晴れとなっています。みんなの心に残るような,素晴らしい運動会になることを願っています。
9月22日(金)・9月25日(月)   
【赤組・白組それぞれの心を一つに:応援練習】 
          
 22・25日の2日間,赤組と白組が体育館と運動場に分かれて,応援合戦の練習に取り組みました。応援団長が声の出し方や動きについて説明したり,周りのみんなが大きな声で応援したりと,赤も白も心を一つにしながら一生懸命頑張っていました。
 朝の会の時間,各教室からは,運動会の歌だけでなくそれぞれの応援歌を歌う元気な声が聞こえてきます。応援団担当の先生が「応援団はみんなの代表として頑張っています。でも,本当の主役はみんさん一人一人です。」という話をされていました。主役としてしっかり輝けるよう,練習の時間も全力で臨んでほしいと思います。
9月21日(木)  
【算数の勉強を頑張りました:1年4組での教科等基本研修】   
          
 21日の午後,福岡市の先生方が授業の仕方について学習する,教科等基本研修が行われました。名島小の1年4組では,算数「かたちあそび」の授業が公開されました。参観された先生方は,子どもたちの姿を通して,問題の示し方や話し合いのさせ方等,よりよい授業の仕方について真剣に考えていました。
 また,世話役として来校された福岡市教育センターの方から,「すれちがう子どもたちが,みんな挨拶をしてくれますね。素晴らしいです。」というお褒めの言葉をいただくこともできました。運動会の練習だけでなく,日々の学習,そして挨拶にも全力で頑張る素晴らしい名島っ子です。
 1年4組のみなさん,たくさんの先生方が参観される中,本当によく頑張りましたね!
9月20日(水) 
【本番に向けて:運動会全体練習1回目】  
         
 各学年の練習も佳境に入ってきた今週,1回目の全体練習が20日(水)の1・2時間目に行われました。開閉会式の練習が中心で,体の向き・礼のタイミング・歌う時の声の大きさ等,一つ一つ確認しながら進めてきました。
 また,応援団の入場の仕方についても練習しました。団旗が自分の前を通ったらウェーヴすることになっていたのですが,うっかりして忘れてしまった子どもの姿も見られました。
 全体練習終了後,運動場の石拾いをしました。さすが千人の子どもたちです。あっという間に奇麗になっていました。26日(火)に2回目の全体練習が計画されています。1回目の時と同様,しっかりとした態度で臨んでほしいと思います。
 9月13日(火)
【本の世界を楽しもう:お話宅配便】 
         
 今年度の新たな取組,「お話宅配便」を13日(火)の名島タイムに行いました。各担任の先生が本を選び他のクラスで読み聞かせするのですが,いつもの先生とは違うということで,子どもたちの表情はとても輝いていました。
 今後の計画では,10月23日・12月20日の2回行います。また,子どもたちが聞きたい本を選んで教室を移動するという「お話レストラン」という取組も計画しています。読書好きな子どもが一人でも多くなることを目指し,先生たちも色々な取組に挑戦していきます。
9月11日(月)  
【体育館で話し合い:公開代表委員会】    
         
 3年生から6年生までの子どもたちが参観する中で行う「公開代表委員会」を,11日(月)の6時間目に体育館で行いました。
 議題は「運動会のスローガン」でしたが,どの言葉が適切か,積極的に発言する姿が見られました。参観していた子どもたちに感想を聞いてみると,「こんなにたくさんの人の前で意見が言えるなんてすごいと思いました。」という言葉が返ってきました。参観して学んだことを,クラスの学級会に生かしてほしいと思います。
9月8日(金) 
【2学期最初:学習参観・懇談会】   
        
 8日(金)の5時間目は,2学期最初の学習参観でした。残暑の厳しさを感じる中での参観でしたが,どのクラスも落ち着いた雰囲気で授業が行われていました。中には,積極的に手を挙げて自分の考えを発表する等,生き生きとした態度で学習に臨んでいる子どもの姿も見られました。
 2学期が始まって2週間が経ちました。運動会の練習だけでなく,日々の学習にも全力で臨み,1学期以上に勉強の力を伸ばしてほしいと思っています。保護者の皆様,お忙しい中での参観・懇談会へのご出席,ありがとうございました。
9月5日(火)〜9月7日(木) 
【未来の先生!?:松崎中学校職場体験】  
       
 5日(火)から7日(木)の3日間,松崎中学校の2年生6人が職場体験に来ました。3年生の各クラスに一人ずつ入り,算数の丸付けをしたり一緒に掃除をしたりと,それぞれ充実した時間を過ごしたようでした。
 中学生に感想を聞いてみると「先生の大変さが分かりました。」という答えが返ってきました。また,3年生の子どもに感想を聞いてみると,「とても優しくて楽しかった。」という答えが返ってきました。中学生と小学生,お互いの心によい思い出として残る素晴らしい3日間になったのではないでしょうか。
9月4日(月) 
【天まで高く:1年生生活科・シャボン玉】 
      
 4日(月),とんとん山で歓声が聞こえたので目を向けて見ると,1年生の子どもたちがシャボン玉に挑戦していました。
 ストローを何本も組み合わせて吹いている子ども,団扇の骨を使って作っている子どもと,色々な工夫をしながら取り組む姿が見られました。中には,手が泡だらけになっている子どもや,コップの中から泡があふれている子どももいましたが,みんなとても楽しそうでした。
 ちなみに,シャボン玉のシャボンとは,ポルトガル語のシャボン(石鹸)を意味しているそうです。
9月1日(金)
【綺麗に磨いて虫歯予防:2年生歯科保健指導】 
      
 1日(金)の2〜4校時,2年生の2クラスずつで歯科保健指導が行われました。歯科衛生士の方からは,歯の大切さや虫歯の恐ろしさ,正しい歯の磨き方を教えていただきました。
 その後,カラーテスターという歯垢が赤くなる錠剤を使ったのですが,鏡を見た瞬間,子どもたちは大きな歓声をあげていました。
 日本歯科医師会では,8020運動(80歳になっても20本以上自分の歯を保とう)を推進しています。今日教えていただいた磨き方を忘れず,大切な歯の虫歯予防に努めてほしいと思います。
8月31日(木)〜9月8日(金) 
【夏休みの頑張り:理科の自由研究展示会】 
      
 昨年度からの取組,理科の自由研究展示会が始まりました。担当教員に話を聞いてみると,「昨年度の経験があるからだと思います。今年の研究はレベルが高いです。」という言葉が返ってきました。
 子どもたち,教員のシール投票によって優秀作品が決まるのですが,みんな真剣な表情で作品に見入っていました。
 本年度は,8日(金)の参観の日まで開催期間を延ばしています。保護者の皆様も,参観にお越しになった際,どうぞ理科室まで足を運ばれて,子どもたちの力作をご覧ください。来年度の自由研究の参考になること間違いなしです!
 8月29日(火)
【学校を綺麗に:奉仕作業】 
      
 2校時は3・5年生と青空学級,3校時は2・4年生,4校時は1・6年生と,3時間に分けて,校舎周辺の雑草取り&側溝掃除を行いました。
 まだまだ残暑の厳しい天候ではありましたが,熱中症に気を付けながら一生懸命に雑草を抜いている子どもたちと先生の姿が目立ちました。また,側溝掃除を担当してくれた5年生の子どもたちは,水分を含んだ土の重たさに悪戦苦闘しながらも,お互いに協力し合いながら取り組んでいました。
 校舎周辺がスッキリすると,自分の心もスッキリしたのではないでしょうか。今日の頑張りを,今度は「なじまっこ」のスローガンの一つ,『まごころ掃除』にも発揮してほしいと思います。
8月28日(月)    
【夏休み気分の切り替えはできたかな:2学期の始業式】  
      
 37日間の夏休みも終わり,今日から2学期が始まりました。校長先生の話では,運動会で目指してほしいこととして,昨年度の「最後まで力いっぱいがんばる」「みんなとそろえる」に,名島小にしかできない「千人力でがんばる」を加えた3つのめあてを示していただきました。
 児童代表の言葉では,5年生の子どもたちが,1学期に学んだことと2学期に頑張ることを,力強く発表してくれました。また,8月23日に行われたいじめゼロサミットの報告では,松崎中と合同で笑顔満開プロジェクトを設定し,「あいさつ」と「話し合い」を具体的な取組として推進していくことを紹介してくれました。
 明日からは給食も始まります。気持ちの切り替えスイッチを押して,1日も早く学校生活のリズムを取り戻し,充実した2学期にしていきましょう。
8月9日(水)・8月18日(金)・8月21日(月)   
【先生たちも頑張りました:ワックス作業と研修】 
     
 前回の片付け作業に引き続き,先生方の夏休みの頑張りを紹介します。先ずは,9日(水)です。用務員の先生方が,廊下や踊り場の床の汚れをとり,ワックスを綺麗にかけてくださいました。その後の22日(火)には,先生方と用務員の先生方で,階段のワックスがけを行いました。
 18日(金)は,名島小と松崎中の先生合同で研修を行いました。それぞれの取組について情報交換したり,一緒に行える取組を検討したりと,小中のつながりをより深めることができました。
 最後に21日(月)です。講師の先生をお招きし,ユニバーサルデザインの視点にたった授業づくりについて学習しました。どのような工夫を行えば,「分かった・できた」を子どもたちが実感できるのか,講師の先生の話を,先生方はとても真剣に聞いていました。
7月26日(水)     
【先生たちも頑張っています:みんなで片付け作業】    
     
 猛暑日が続いていますが,いかがお過ごしでしょうか。よく「先生たちも夏休みですか?」と聞かれますが,夏休みの宿題を頑張っている子どもたちと同様,日々,先生たちも研修に努めています。
 26日(水)の午前中は,職員室や相談室,放送室等の片付けを行いました。さすが,「チーム名島」です。9時からの約2時間,みんなで協力し合いながら作業を進め,どの部屋も整理整頓された環境にすることができました。2学期の始業式以降,どの部屋がどれぐらい綺麗になったのか,ぜひ,確かめてみてくださいね。
 
7月21日(金)    
【明日から夏休み:1学期終業式】    
    
 4月7日に始まった1学期も,本日,終業式を迎えました。校長先生の話の時,帯グラフを用いながら「なじまっこアンケート」の振り返りをしました。あいさつや掃除等,昨年度の3学期よりも上回っている項目がほとんどで,子どもたちもとても喜んでいました。生徒指導の先生からは,夏休みを安全・安心に過ごすための4つのポイントについて,劇を交えながら話していただきました。
 最後に,運営委員会の子どもたちと2年生の代表の子どもたちが話をしてくれました。堂々とした姿でしっかり話す姿に,大きな成長とたくましさを感じることができました。
 8月28日(月)の始業式の時,名島っ子のみんなが明るい笑顔で登校してくれることを,心から願っています。
 
7月19日(水)   
【名島小学校が美術館に:絵画展示】   
    
 19日(水)の午前中,太平洋美術会会員であられる画家の藤井順子様(校区在住)より,ご自身がお描きになった「臥龍桜」の絵を学校に寄贈していただきました。名島城址にある臥龍桜の,偉大で気品あふれる様子を見事に表現した,素晴らしい作品です。絵の中には,風にのった龍の姿も描かれています。 体育館入口横の壁に飾っていますので,体育館にお越しの際は足を止め,絵の素晴らしさにひたってみてはいかがでしょうか。夏の暑さも,少し和らぐことと思います。
 7月18日(火)  
【命の守り方について学ぶ:6年生「ういてまて」講習】  
    
 昨年度も来ていただいた「福岡着衣泳会」の方による「ういてまて」講習が,6年生を対象に行われました。
 「おぼれた人を見かけた時は,助けに入るのではなく,身近にある道具を投げ入れる。」「おぼれた時は無理に泳ごうとせず,水面に浮いておく。」等,水難事故にあった時の対応の仕方を具体的に教えていただきました。その後,実際に浮く練習をしたのですが,どの子も,全身の力を抜きながら上手に浮いていました。
 猛暑日が続き,海や川で遊ぶ機会も多くなると思います。今回の講習で学んだことを常に意識しながら安全で楽しい遊びを心掛けてほしいと思います。
 
7月11日(火)  
【命の大切さについて学ぶ:5年生「がん教育」】 
    
 東区の三苫にあるNPО法人「キャンサーサポート」の方や看護師の方が講師を務める「がん教育」の授業が,5年生の各クラスで行われました。
 最初に,看護師の方が「がん」という病気の仕組みについてお話をされました。その後,実際にがんにかかり治療を経験された方が,がんと知った時の思いや治療中の思いなどについてお話されました。どの方のお話にも共通していた言葉,それは「キャンサーギフト(がんの贈り物)」でした。がんという病気にかかり,「命の大切さ」「家族の大切さ」に改めて気付くことができたことを表す言葉だそうです。
 医学が進歩しているとは言え,がんは,日本人の2人に1人がかかり,3人に1人は亡くなるという最も死亡率の高い病気です。がんという病気にどう向き合っていくのか,しっかり考えていく必要があると思います。
7月7日(金) 
【体育館に響く歌声:ナナジーマ・ハーモニーのサマーコンサート】    
    
 毎日の厳しい暑さを忘れさせてくれるような,素晴らしい歌声を楽しむことができる「ナナジーマ・ハーモニー」のコンサートが,昼休みの時間に体育館で行われました。
 全部で6曲披露してくれたのですが,その中には,8月4日に市民会館で行われるNHK音楽コンクールで歌う「今だよ」「木」の2曲も含まれていました。
 コンサートを聞きに来た,たくさんの名島っ子が味わった感動を,今度は,市民会館の観覧者のみなさんにも伝えてほしいと思います。ナナジーマ・ハーモニーのみなさんの頑張りを,応援しています!
 7月6日(木) 
【よりよい生活に向けて:情報モラル学習】   
    
 昨年度も来ていただいた井島先生から,2校時は3・4年生,3校時は5・6年生を対象に,SNS等との正しい関わり方について教えていただきました。 
 何気なく投稿した写真に多くの個人情報が含まれていることや,言葉のとらえ方の違いが原因で起きるラインのトラブルなど,子どもたちの身近に起きている問題について,とても分かりやすく話していただきました。学習の最後に,これから守りたい約束について子どもたちが発表し,「やるべきことをすませてからゲームをする」「時間を守らなかったら,その分,お手伝いをする」等,たくさんの意見が出ていました。
 井島先生に教えていただいたことを守り,安全で安心な毎日を過ごしてほしいと思います。話を聞きに来てくださった保護者の皆様,ありがとうございました。
6月27日(火)〜7月7日(金) 
【体力の向上に向けて:新体力テスト】  
    
 ミュージック発表会という文化的な行事が終わった後,子どもたちは,自分たちの体力について知る体育的な行事「新体力テスト」に臨みました。
 反復横跳び,シャトルラン,上体起こし等,計8種目に挑戦したのですが,担任の先生はもちろん,お手伝いに来てくださった保護者の方やスポーツ推進委員の方からの注意やアドバイス,声援を受けながら子どもたちは一生懸命に頑張っていました。目標記録を達成して喜んでいる子どもや達成できずに悔しがっている子ども,友達の頑張りを応援している子どもと,単なる結果の記録だけでなく,達成感や充実感を味わうこともできた,有意義な時間になったようです。
 昨年度から,保護者及び体協の方に計測や記録のお手伝いをお願いしていたのですが,今年度は,どの学年も20名以上の方に来ていただくことができました。お忙しい中,また,炎天下でのご協力に心より感謝いたします。 
  
6月24日(土)
【表現することの素晴らしさを味わう:土曜授業日Aミュージック発表会】 
3年生 1年生 5年生    
4年生 2年生 6年生    
 6月24日は,今年度2回目の土曜授業日,そして,名島小初の取組となる「ミュージック発表会」でした。前日の23日(金)は子どもたち同士で鑑賞し合い,24日(土)は保護者の皆様に観賞してもらうという,2回に分けての開催でした。
 第1部は3・1・5年生の順で発表し,第2部は4・2・6年生の順番で発表する構成でしたが,どの学年も趣向を凝らした,素晴らしい合唱や群読を披露することができました。参観された保護者の皆様からも,「感動的でした。」「聞きごたえがありました。」等の言葉を数多くいただくことができました。発表会当日の,保護者の皆様のご理解とご協力に心より感謝いたします。   
6月19日(月)  
【命の大切さを考える:6.19平和学習】 
      
 戦争の恐ろしさと,平和・命の大切さについて学ぶ「6.19平和学習」が行われました。3・4年生は松原さん,5・6年生は校区在住の前田さんをGTとしてお呼びし,戦争当時の様子についてお話をしていただきました。焼夷弾という爆弾が数多く落ちてきたことや,戦争が終わった後も,日本から遠く離れた場所で強制的に労働させられたことなど,たくさんの貴重なお話を聞くことができました。
 「平和はあるものではなく,つくるもの」という言葉があります。その意味を,これからもしっかり考えてほしいと思います。 
 
6月14日(水) 
【名島っ子たちの絆を深める:ドキワクなかよし集会】  
      
 子どもたちの仲間意識を深めることを目的とした「ドキワクなかよし集会」が2・3時間目,体育館で行われました。集会委員会の子どもたちが,企画・運営を務め,「キャッチ」の言葉を合図に相手の指を握る「指キャッチゲーム」やじゃんけんに負けると新聞紙の数が減っていく「新聞乗りじゃんけん」の2つのゲームに挑戦したのですが,みんなとても楽しそうに取り組んでいました。1年生から6年生までが1つのグループをつくって臨む集会です。この楽しい時間をきっかけに,もっともっと名島っ子の絆が深まってくれたらと思います。 
 6月13日(火)
【子どもたちの学力を向上させるため:先生たちの国語の研修】  
      
 「どうしたら,よりよい国語の授業ができるのか」という先生たちの悩みを少しでも解決しようと,校長先生が講師役を務める勉強会が行われました。2年生の「スイミー」を基に,子どもたちに考えさせる内容や想像を膨らまさせるためのポイント等,多くのことを教えていただきました。一つでも多くのことを学ぼうと,一生懸命にメモをとっている熱心な先生方の姿が印象的でした。 
6月12日(月) 
【子どもたちの命を守るため:先生たちの心肺蘇生法研修】 
     
 先週から水泳学習が始まり,水泳の指導法だけでなく,子どもたちの命を守るための方法についてもしっかり学ぼうと,体育館で心肺蘇生法の研修を行いました。VTRで心臓マッサージやAEDの使い方を学習した後,人形を使っての練習にも取り組みました。子どもの命をあずかっているという意識をもち今後も,教育活動に専念していきたいと思っています。
 ちなみに…,心肺停止後の社会復帰率では,日本の6%に対し,アメリカのシアトルは35%と,実に29ポイントもの違いがあります。その理由としては,心臓マッサージやAED等,一次救命措置の実施率が異なるからだそうです。いつでも・誰でも救命措置が行える環境づくりが大切だと思います。
6月9日(金) 
【名島校区のじまん見つけ:3年生の総合学習】 
     
 今,3年生の子どもたちは,総合学習として,名島校区の交通や公共物等,名島校区のじまんについて調べるという学習に取り組んでいます。そして,9日(金),ボランティアで子どもたちの登校の見守りをしてくださっている地域の方をお招きしての調べ学習が行われました。見守りを始めたきっかけや,子どもたちを事故から守るために気をつけていること等,地域の方から詳しくお話していただきました。子どもたちからの質問「見守りをしていて,一番うれしいことは何ですか。」に対し,みなさんが言われたのは「みんなの元気な挨拶です。」でした。見守りをしていただいていることへの感謝の気持ちを伝えるという意味でも,『じまんのあいさつ』を自ら進んで行うようにしましょう。 
6月6日(火) 
【小学校生活最後のプール:6年生プール開き】    
    
 6日(火)から,名島小の水泳学習が始まりました。プール開きの最初は,清掃を頑張った6年生ということで,1時間目に2クラス,2時間目に3クラス行われました。あいにくの曇り空で,少し肌寒いプール開きとなりましたが,最後の記録確認会では,「やった!25m泳げた。」と,昨年に比べて泳力が伸びていることに喜んでいる子どもの姿も見られました。水泳学習は,命にかかわる学習でもあります。ルールを守って,安全で楽しい学習にしてほしいと思います。 
6月2日(金)   
【自ら行動し,心を一つに,思い出に残る自然教室にしよう:5年生自然教室3日目】   
    
 自然教室最後の活動は,アルファベットが書かれた公園内の標識を探す,パークテーリングでした。地図を見ながら標識を探すのですが,地図が読めなかったり,みんなとはぐれてしまったりと,いくつかのトラブルがあった班もありました。しかし,お互いに協力し合いながらそのトラブルを乗りこえ,見事,全部の班が時間内にゴールすることができました。
 3日間でたくさんの思い出をつくることができた5年生です。学校に戻ってからのさらなる頑張りに,期待したいと思います。お忙しい中での,持ち物の準備やお出迎え等,保護者の皆様のご協力ありがとうございました。
6月1日(木)  
【自ら行動し,心を一つに,思い出に残る自然教室にしよう:5年生自然教室2日目】  
    
 2日目の活動は,盛りだくさんでした。先ずは,マリンワールド見学に行きました。アシカやイルカのショーでは,最前列に座って水しぶきをあびたり,イルカのジャンプに驚いたりと,子どもたちも大興奮でした。その後,海の家に戻って,カレーを作る野外炊飯に挑戦しました。どのグループも,火加減に気をつけていたので,おいしいご飯とルーを完成させることができました。もちろん,最後の後片付けも上手にできました。2日目の最後の活動は,多くの練習時間を費やしたキャンプファイヤーでした。劇ありダンスありでとても盛り上りました。ちなみに,出し物で一番多かった芸人は,ブルゾンちえみとサンシャイン池崎でした。  
5月31日(水) 
【自ら行動し,心を一つに,思い出に残る自然教室にしよう:5年生自然教室1日目】 
    
 海の中道青少年海の家での最初の活動は,貝拾いでした。子どもたちは,「綺麗な模様の貝を見つけよう。」「白い貝を見つけよう。」と,思い思いに貝拾いをしていました。お弁当を食べた後の活動は,カッター訓練でした。長くて重たいかいに苦労していましたが,どの艇もしっかり進むことができていました。夕食はバイキング形式でした。きちんと並んで,自分のおかずを上手にとっていました。その後,1日目最後の活動,肝試しに挑戦しました。校長先生の怖い話で不安な気持ちになった子どもや,お化け役の先生に驚かされて泣き出す子ども等,みんな夜の活動も十分に楽しんで?いました。 
5月25日(木) 
【大切な命を守るため:1年生と4年生の交通教室】   
    

 2時間目は体育館で1年生が,3・4時間目は運動場で4年生が交通教室を行いました。1年生の交通教室では,校区団体「ねんりんクラブ」の皆様と一緒に,横断歩道の渡り方を練習しました。4年生の交通教室では,自転車に乗りながら,踏切や横断歩道の渡り方を練習しました。
 4年生の子どもに感想を聞いてみると,「自転車点検のこつは『ぶたはしゃべる』ということが分かりました。」と答えてくれました。ちなみに,「ぶたはしゃべる」とは,「ぶ:ブレーキ,た:タイヤ,は:ハンドル,しゃ:車体,べる:ベル」の頭文字で作った言葉です。 

5月24日(水) 
【自分へのメッセージ:6年生博物館出前講座】     
    
 3・4時間目は1・3・5組,5・6時間目は2・4組の2回に分かれて,6年生の子どもたちは博物館出前講座を受けました。内容は木簡作りでしたが,単に作るだけでなく,卒業する自分に向けてのメッセージを書くという活動もありました。
 木簡の中央に置いた粘土に金印を押したら完成ですが,「漢委奴國王の文字が綺麗に押せました。」と喜んでいる子どももいました。完成した木簡は,卒業式の前日に配ることになっています。書いた内容が現実のものとなっているのか,それとも大きく異なっているのか…。今から楽しみですね。 
5月18日(木) 
【班のみんなと協力して:4年生ご飯炊き】    
    
 先週から4年生の行事が続いていますが,今日は,社会科で学習したことを実際に体験する,ご飯炊きを行いました。子どもたちは,お米とぎや火起こし等,仕事ごとにグループをわけ,それぞれが責任をもって取り組んでいました。
 ご飯を炊いている時は,「煙が目に入って痛いです。」「火が熱いです。」等の言葉が聞こえてきましたが,炊きあがったご飯を食べている時に聞こえてきたのは,「おいしい。」という言葉だけでした。中には,4杯もおかわりした子どももいました。
 スイッチ一つで炊き上がるご飯の味だけでなく,火を起こして炊くご飯の味も,先人の知恵としてしっかり覚えてほしいと思います。お忙しい中,お手伝いに来てくださった保護者の皆様,ありがとうございました。
5月15日(月)  
【生活に欠かせない水道水の秘密:4年生水道教室】    
    
 先週はゴミのことについて学習した4年生ですが,今日は,生活に欠かせない水道水のことについて学習しました。
 スライドで浄水の概要を確認した後,濾過と利き水の2つの実験をしました。特に,利き水実験では,水道水とミネラルウォーターを飲み比べたり,塩素反応を確認したりと(塩素が入っていると水の色がピンクになりました),子どもたちも興味津々で取り組んでいました。実験の最後には,「冷蔵庫で冷やす・沸騰させる・レモン果汁等のビタミンCを加える」という,塩素が気にならなくなる3つの方法も教えていただきました。
 水道水の大切さだけでなく,実験の面白さも味わうことのできた水道教室でした。
 5月14日(日) 
【先生達も大活躍:名島校区体育祭】 
    
 快晴のもと,名島校区で隔年行われる第34回体育祭が,名島小学校の運動場で行われました。日曜日開催にも関わらず,多くの先生方が参加し,スターターや競技補助等,たくさんの場面で活躍していました。子どもたちは,先生方の参加が嬉しかったようで,「先生,来てくれたの!」と明るい表情で話しかけていました。
 まさに,「地域・保護者と子ども・学校」が一つになった,素晴らしい体育祭でした。企画・運営の中心として取り組んでくださった,体協の皆様,おやじの会の皆様,お疲れさまでした。
5月11日(木)
【水泳学習に向けて:6年生プール清掃】   
    
 真夏日を感じさせるような天候のもと,6年生はプール清掃を行いました。プールサイドやプールの中の汚れはもちろん,更衣室やトイレ等,事前に分担された場所を一生懸命に掃除していました。気温が高かったこともあり,「冷たい水が気持ちいい。」と言う声も聞こえてきました。
 今年度のプール開きは,清掃を頑張った6年生が一番になっています。安全に気をつけながら,小学校生活最後の水泳学習に臨んでほしいと思います。
 
5月11日(木)  
【みんなで環境を守ろう:4年生環境学習】  
    
 福岡市環境局の方を講師にお招きしての環境学習が行われました。体育館では,1年間でヤフオクドーム2杯分のゴミが出ていることや,紙ごみが最も多いこと等を教えていただきました。ピロティでは,パッカー車が夜間収集している「交通渋滞防止・カラスや猫の被害防止・防犯」という3つの目的や分別の大切さ等を教えていただきました。
 「たくさん教えてもらえて嬉しかったです。」「これからは,エコバックで買い物をして,ビニルゴミを減らしたいです。」等,子どもたちの感想から環境について考える学習の大切さが伝わってきました。 
 5月1日(月)
【名島校区のよさを絵で表現:5年生名島神社・宗栄寺スケッチ】  
   
 歓迎遠足の時はリュックを背負って歩いた名島神社への道を,1日(月)の午前中,5年生の子どもたちは画板を肩にかけて歩きました。約1時間半のスケッチの時間でしたが,場所を決めると,子どもたちは一生懸命に建物の様子を描いていました。「立体的に描くのが難しい。」と,悩んでいた子どももいましたが,お互いに絵を見せ合う等,協力しながら描き進める姿も見られました。学校では,写真を見ながら,より細かく描いたり彩色したりする活動に取り掛かります。どんな作品が完成するのか,とても楽しみです。 
 4月28日(金)
【楽器の音色とのふれあい:3年生リコーダー講習会】 
    
 前日の歓迎遠足は,友だちや先生とのふれあいが目的でした。そして28日(金)は,リコーダーの音色とのふれあいを目的にした,リコーダー講習会が行われました。前田先生をお招きしての講習会でしたが,始めに,先生がリコーダー演奏を披露してくれました。「妖怪ウォッチ」や「恋」等,子どもたちが知っている曲ばかりで,みんな目を輝かせながら聴き入っていました。その後,リコーダーの持ち方や息の出し方,タンギングの仕方等,リコーダーを上手に演奏するためのコツを教えていただきました。「実際に弾いたのが楽しかった。」「PPAPの曲が上手にできて嬉しかった。」参加した子どもたちは,とても嬉しそうに感想を話してくれました。 
4月27日(木)
【楽しい思い出ができました:歓迎会&歓迎遠足】  
   

   

   

   
 前日の雨も上がり,1年生から6年生のみんなが楽しみにしていた歓迎遠足が無事に行われました。
 最初は,集会委員会主催の歓迎会でした。名島小を問題にしたクイズがあったり,1年生の出し物があったりと,みんなで楽しい時間を過ごしました。その後,みなと100年公園に向けて出発しましたが,運動公園の中を通ったり海を眺めなたりしながらの道のりで,子どもたちも楽しそうに歩いていました。公園に着いた後は,学年ごとに昼食&遊びタイムになりました。縄跳びをしたり,花いちもんめをしたりと,みんな元気に遊んでいました。6年生の子どもたちは1年生と一緒に遊んでいましたが,1年生に主導権をにぎられ,悪戦苦闘している姿も見られました。
 この遠足をきっかけにして,名島小のみんながもっともっと仲良くなってくれたらと思います。お弁当の準備等,保護者の皆様のご協力ありがとうございました。
 
4月22日(土) 
【たくさんの保護者の皆様に来ていただきました:土曜授業日「学力の向上」】  
6年生の様子
    

 
5年生の様子
  
  
   
4年生の様子
  
  
  
3年生の様子
  
  
    
2年生の様子
  
  
    
1年生の様子
  
  
    
青空の様子
   
全校集会の様子
   
 22日(土)は,本年度最初の参観・懇談会でした。また,第1回目の土曜授業日でもあり,「学力の向上」というテーマのもと,各クラスとも国語・社会・算数の教科で授業を行いました。1学期が始まって約2週間ですが,どのクラスも,落ち着いて学習に臨む姿や自分の考えを書いたり発表したりする姿をご覧いただけたと思います。
 参観の後の3時間目は懇談会でした。土曜日ということもあり,どのクラスも多くの保護者の皆様が参加していました。中にはお父様が参加しているクラスもありました。懇談会の時間,子どもたちは体育館で,学校のきまりや給食のマナーに関する話を聞いたり校歌を歌ったりする全校集会を行いました。
 次の参観は,6月24日(土)のミュージック発表会です。本年度新たな取組でもありますので,保護者の皆様のご協力も得ながら,成功に導きたいと思っています。 
4月18日(火) 
【小学校生活が始まりました:1年生の集団下校と給食開始】 
    
 立派な姿で入学式を終えた1年生ですが,13日(木)からの3日間は集団下校,18日(火)からは給食が始まりました。集団下校では,「寄り道をしない・知らない人についていかない・交通ルールを守ります」を合言葉に,きちんと2列に並んで帰ることができました。
 給食では,担任の先生から準備の仕方や当番の仕事を教えてもらいました。初めての給食はから揚げでしたが,「めっちゃおいしい!」と,から揚げをほおばりながら,笑顔で話してくれました。
 
4月12日(水)
【桜の花と一緒にお祝い:第82回入学式】 
    
   
 今年は,前庭や校庭に桜の花が咲く,春爛漫を感じながらの入学式となりました。168名の1年生のみなさん,保護者の皆様,ご入学おめでとうございます。新1年生の皆さんの,話をしっかり聞く姿,問いかけに「はい。」と返事をする姿は,とても頼もしく感じました。また,歓迎の言葉では,6年生のみなさんが,学校生活の様子を楽しい劇で表現してくれました。
 明日から,名島小学校1年生から6年生,1125名が学校生活を過ごすことになります。お互いに協力し支え合いながら,安全で楽しい毎日を過ごしてほしいと思います。
 なお,上の3枚の写真は,入学式当時の朝の様子を写しています。たくさんの落ち葉がありましたが,6年生のみなさんと先生方の頑張りで,とても綺麗になりました。6年生のみなさん,ありがとうございました。そして,今年1年間,名島小学校のリーダーとして期待しています!!
4月7日(金) 
【大切な出会い:赴任式・始業式】 
   
 子どもたちにとっても,そして先生にとってもドキドキの赴任式・始業式が行われました。赴任式では16名の先生方をお迎えしました。「どんな先生なんだろう。」「何年生の先生になるんだろう。」子どもたちは,興味津々の眼差しで見つめていました。赴任式の後の始業式では,担任発表が行われました。校長先生の言葉に意識を集中させ,自分の担任の先生が分かった瞬間に顔の表情が明るくなる子どもたちの姿がとても印象的でした。始業式後,「高学年としての自覚」を学年全体で確かめるため,5・6年生それぞれが,体育館に残って学年集会を行いました。真剣に話を聴いている子どもたちの背中からは,やる気と自信が伝わってきました。
 保護者の皆様,地域の皆様,昨年度同様,本年度も学校教育に対するご理解とご協力をよろしくお願いいたします。