校名の由来
  昭和の初期,那珂川がたびたび氾濫を起こすため,昭和6年,治水のため若久大木放水路を掘った。今の若久川である。この工事で樹齢二千年,周りが10メートルほどの楠の大木がいくつも掘り出された。この楠の大木で作られた衝立は住吉神社に奉納された。今も社務所の玄関に立てられ,大切に保存されている。この付近の土地の歴史を伝える謂われの深い樹木である。このことから,校名「大楠」と名付けられた。正面の両側に大きく聳える楠は,みんなの心のシンボルであり,みんなの成長を見守っている。

(創立昭和30年1955年)