小呂の草花
小呂小学校3年・4年生が理科「生き物を調べよう」の学習で調べました。
名前 ムラサキカタバミ(カタバミ科)
説明 カタバミより大きいです。果実はできず、地下けい
    でふえます。多年草。大きさ10cm〜30cm。6月
    〜 7月
    南アメリカ原産。畑、道ばた。 


撮影場所   小呂小中学校の運動場
名前 キケマン(ケシ科)
説明 一年草。大きさ40cm〜60cm。全草に水分が多く、
    折るとくさいにおいがする。

撮影場所  車庫の近く。 
名前 ミズキ(ミズキ科)
説明 落葉高木。8m〜12m。実のなるのは秋。
      葉はたがいちがい(互生)につきます。
撮影場所 車庫の近く。
名前 オニタビラコ (キク科) 
説明  1〜2年草。20〜80cm。          
      全体にやわらかい毛があります。
撮影場所 通学路
名前 タチツボスミレ(すみれ科)
説明 多年草。5〜30cm。葉はハート形。
    くしのは状のたく葉があります。
撮影場所  通学路
名前 ヤマハハコ(きく科)
説明  多年草。30〜70cm。総苞(そうほう)が
     かさかさしたようすをしています。
撮影場所  畑の近く