【6年生】  着衣泳をしました。

小学校生活最後の水泳学習として、着衣泳を行いました。水の事故から自分の命を守るためには、まず浮き続けることが重要です。そのため、ペットボトルなどの身近な道具を使って浮く練習をしました。「服が濡れると水の中で動きにくいことが分かりました。」「とにかく力を抜いて浮くことが大切だと分かりました。」と感想を話してくれた子どもたち。この学習で学んだことを生かして、大切な命を守ってほしいです。

2022年07月20日