Home学校便り 学校便り高木小学校だより【12月号】...



高木小学校だより【12月号】



 12月,師走を迎えました。平成30年も残りひと月です。12月のスタートは,温かい気候になりました。これから木枯らしが吹き,寒さが身にしみてくると思いますが,寒さに負けず充実した学校生活を送ってほしいものです。
 12月の3日に放送朝会をしました。学校長の話の中で,師走の意味と「失敗」ということについてお話をしました。「失敗をすることは悪いことではない。失敗することで成長できることがたくさんある。新しいことや少し難しいことに挑戦すると失敗はつきものである。大切なことは,失敗したときに何故失敗したかを自分やクラスのみんなと考え,次からはしないように頑張ることである。高木小のみんなには失敗を恐れない,何にでも挑戦する強い気持ちを持った子どもになって欲しい。」子ども達には,学校は失敗していいところ,間違って良いところであると,教えています。
 どうぞ,ご家庭でもお子様に沢山の挑戦をさせられるような機会を与えていただければと思います。多くの経験や失敗が子ども達を一回りも二回りも大きくしてくれると思っています。










「2018/12/05up]













[Homeへもどる]