「ひなまつり」に込められた願い

 全校のみなさん おはようございます。
 今日は3月3日 ひなまつりですね。ひなまつりは女の子の美しく健やかな成長を願うという意味をもつ日です
 一年間のこの時期は季節の節目でもあり,病気にもなりやすい時期。昔は,栄養が十分にとれなかったり医者が少なかったりして健康に成長することができないことも多くありました。
 中国では川で身を清める習慣があったことから,それにならって,平安時代の日本では紙の人形に自分の悪いものや病気をうつして川に流す「流しびな」が行われていました。その後,人形も立派になり,人形を使ったおままごとを「ひな遊び」と呼ぶようになりました。この「ひな遊び」が,江戸時代には「ひなまつり」へと変化し,女の子のための行事として家に人形を飾る風習が定着したと言われています。
 ひな祭りには,人形だけでなく桃の花を飾る風習もあります。単に季節の花であることに加え、桃の花には魔除けの力があると信じられていました。病や厄を寄せ付けないことから長寿の木,長生きできる木だから縁起のよいものとして飾られるようになったそうです
願いが込められた行事,日本文化の一つとしても大切に受け継いでいきたいものです。
 今日の曲は「うれしいひなまつり」です。ひな人形の7段飾りには15人飾ります。道具や人形の置き場も決まっています。おだいりさま,おひなさま…名前はわかりますか。ひなまつりに食べるものや飾る物にも一つ一つ願いが込められているそうです。調べてみるとおもしろそうですね。 
さあ,腰骨を立てて,健康な体をつくりましょう。

2021年03月03日