目と耳と心で聴こう

 全校のみなさん おはようございます。
 気持ちの良い朝ですね。
 先週,6年生から,朝の放送を聞いた感想をいただきました。

放送を聴いて読書が楽しそうだと思うようになりましたとか,

小野寺先生に日頃の感謝の気持ちを伝えることができましたなど,

お話が心に届いていることがわかってとてもうれしかったです。

 姿は見えないけれど,耳でしっかりと聴きとり,

頭で想像しながら聞いてくれているのだなあと

その聴き方にとても感心しました。


 みなさんは,先生や友達の話をどのように聞いていますか。

話している人の方に体を向けていますか。

話し手を見ながら聞くというのは

相手を大切にしているということですよ。

どんな意見でも分けてもらうのが学習です。


 先生方,「聴く」という黒板に書いていただけますか。

耳へんに+(足す)と目と心です。

この「聴く」には,目と耳と心で一生懸命に聞くという意味があります。
また,いっぺんで聞くくせをつけるのも大切なことです。

しっかり聞かなければしっかり覚えたり

自分の考えと比べたりすることはできませんね。

 

 今日の曲は「とどけようこのゆめを」です。3年生が前半と後半の歌い方を工夫して歌っている曲です。


 さあ,腰骨を立て,しっかりと聴く力を集めましょう。


2020年10月05日