自分の心が決める

 全校のみなさん おはようございます。
 今日は青空も広がり朝日が差し込む,気持ちの良い朝です。
 机の上には筆箱がおかれていますか。中身がきちんとそろっているか,先生にチェックしてもらいましょう。

 昨日,2つの感心した姿を見ました。
 一つ目は,掃除の時間です。

みんなが掃除をしているときに,階段や廊下を通るのは申し訳ないなと思いながら掃除の邪魔にならないようにはしっこを歩いていました。

すると,座り込んで,ほうきを動かしている人がいました。

懸命に小さな砂のようなごみをちりとりでとっているのです。 

ほかにも,階段の角にたまっているごみを取ろうと掃いている人,

廊下の床を雑巾でゆっくりと力を入れて拭いている人,

さらに床にこびりついている汚れを見逃さずごしごしと磨いている

もいました。

誰も見ていないけれど,

「きれいにしたいな」

「きれいだとみんなが気持ちがよいだろうな」と

自分で考えて行動している姿に感心しました。
 

 もう一つは,3年生です。

昨日は担任の先生が出張や用事で一緒に学習できない時間がありました。先生が見ていないのだから,大声でおしゃべりしたりさぼったりしても怒られることはあありません。

 でも,3年生は,先生がおられる時と変わらずいつも通りに決められたプリントに黙って取り組んだり,静かに廊下に並んだりしている人がたくさんいました。


 担任の先生がいるときにできるのは当たり前。

先生がいないときにこそ自分で行動する本物の力が試されます。

 言われたから,見張られているからする,ではなく,

自分で考え自分で決めてがんばれること

とても素晴らしいことだと思いました。


 今日の音楽は「里の秋」です。

秋は山里でも深まってきているようです。

身の回りにある秋,どんなところで感じますか。

さあ,腰骨を立て,自分で考えがんばる力をつくりましょう。

2020年10月20日