落とし物達の願い~自分のものには名前を書こう~

 全校のみなさん,おはようございます。早めに登校してくる人が増えてきましたね。余裕をもって準備ができていますか。筆箱は机の上に出されていますか。
 昨日の2年生のスポーツ集会は,みんなで力を合わせ障害物リレーをしてもりあがったそうです。がんばりましたね。今日は1年生の大繩です。楽しんでくださいね。
 今日の音楽は「まっかな秋」です。

気温が下がると木々の葉も色づいてきます。

歌の中には,赤いものがたくさん出てきます。

明日も流すので,赤いものがいくつ出てくるか数えてみて下さいね。

 この頃は寒くなったので,体温調節のために上着を持ってきている人も増えてきました。自分で体温調節をしようと考えていて感心です。

 朝は寒くて上着を着てきていた人も

昼休みに外で遊ぶときは暑くて脱いでしまうことも多いようです。

昼休みの終わりに忘れずに持って帰ってくればよいのですが,

ついうっかりその場に置き忘れ…

寒くなって始めて上着を置き忘れてきたことに気付いた…

なんてことありませんか。


置き忘れられた上着はその後どうなるのでしょう。


 もし上着に名前が書かれてあれば,

親切な人たちによって,あなたのところに戻ってきます。
 もし上着に名前が書かれていなければ,

職員室の前の「落とし物置き場」に置かれます。

持ち主が分からないので届けてはもらえません。

自分で探しに行きましょう。
誰も取りに来なければ,残念ですが捨てることになります。


始めて上着に腕を通した時嬉しかったでしょ。

あなたのために役立とうと張り切っていた上着なのに。


 落とし物置き場には,上着の他にも,

ハンカチや靴下,のりや鉛筆、眼鏡などが

居心地悪そうに並んでいます。

持ち主が迎えに来てくれるのを

今か今かと首を長くして待っています。

 本当はあなたと一緒に過ごしたくて,

役に立ちたくて,

あなたのもとにやってきた物たちなのですから。


 自分の上着,トレーナーなどに名前は書いてありますか。書かれていなければ,放送の後に名前ペンで洋服のタッグのところに書いておきましょう。
 さあ,腰骨をたて,物を大切にする心を集めましょう。

2020年10月27日