創るって楽しい!

 全校のみなさんおはようございます。
 早起きはできましたか。
 朝休みの時間は自分の自由な時間。準備が終われば何をして過ごしてもいいのですが,今日はどんなことをして過ごしましたか。今朝は,玄関の前の落ち葉を掃いてくれている上級生がたくさんいました。自分の自由な時間をみんなのために使っているなんて偉いなと感心しました。
 昨日,1年生と一緒に一本木公園に行きました。詩や歌をつくる歌人である与謝野晶子さんのつくった歌の中に
「金色(こんじき)の ちひさき鳥の かたちして 銀杏(いちょう)ちるなり 夕日の丘に」

というのがあります。まさにその歌のように,色づいた葉が散る様子はまるで,金色の小さな鳥が飛んでいるようでした。
 1年生は,落ち葉や木の実を集めて,けん玉や的あて,貼り絵など自分だけの作品をつくるのだそうです。秋の贈り物を使ってどんな作品をつくるのか楽しみです。
 作品と言えば,階段の掲示板には2年生が創った詩が飾られています。絵も添えられているのですが,どの詩にもその人らしさが表れていていいなあと階段を通るたびに思います。

 5年生も音楽で自分達だけのリズムアンサンブルづくりに挑戦しました。自分のリズムをつくり楽器を選び友達の創ったリズムと組み合わせるのです。友達と一緒につくっている様子が楽しそうだったので先生も一緒に参加したくなりました。
 物を創り出す,創作するのは,作品の出来栄えよりも,何度も試しながらつくっていくその過程,途中が楽しいものです。

そして,完成した作品に自分なりの工夫が表れていたら,それはどれも世界に一つだけのオリジナル,素敵な作品です。
 歌や詩,お話をつくったり,版画や絵に表したり,工作したり…秋のゆっくりした時間を創作して楽しむのもいいですね。


 さあ腰骨を立て,自分の中に眠っている創作する力,クリエイティブな力を引き出しましょう。

 


2020年11月06日