見かけでなく中身で・・・

 全校のみなさんおはようございます。
 秋も深まり夜が長く感じます。秋の夜長はどんなことをして過ごしていますか。読書かな。おしゃべりかな。それとも音楽を聴いているのでしょうか。
 さて,先週アメリカ合衆国の大統領選がありました。関心を持っていた人も多かったのではないでしょうか。過半数,半分以上の人が,バイデンさんにお願いしたいと投票し,バイデンさんがアメリカの新しい大統領になりました。大統領になったバイデンさんは,みんなに「分断でなく結束を。自分のことだけを考えてばらばらになるのではなく,目的のためにみんなで力を合わせていけるようにリーダーとしてがんばります。」と言われました。
 アメリカは日本と比べてとても大きな大陸なので,たくさんの人がいます。多くの民族が集まっています。そのために,いろんな考えがあり様々な生活をしている人がいます。

 だからいいことも楽しいことも多いのですが,自分と違う人が多いためか,目の色が違う,肌の色が違う,来ている洋服が違うなどいろんな理由で仲間外れをしたりけんかをしたりすることも多いのだそうです。

この世の中に自分と全く同じ人なんてひとりもいません。

だからこそ,一人一人が大切な存在なのに,見かけで決めてしまって仲良くなるチャンスをなくしてしまっては残念です。

 見かけはこわそうでも本当はとっても親切な人もいます。体を思うように動かせない人でも明るく元気な人もいます。

見かけだけで,その人のことを決めつけずに,中身を知るともっと仲良くなれそうです。

 今日聴いてもらった曲は「世界が一つになるまで」という歌です。みんなが幸せになるために,平和な世界になるために力を合わせることができたらいいなあと思います。

 まずは,周りをみてみましょう。クラスの友達のこと,見かけで決めつけてはいませんか。
さあ,腰骨を立て,仲良くする心をあつめましょう。

2020年11月10日