一番短いラブレター

 全校のみなさんおはようございます。
 今朝も朝日に照らされた紅葉がとてもまぶしく輝いています。

 朝早くからみんなのために ボランティア活動を頑張っている人もいます。ありがとうございます。

 正門や中庭の無駄な木々も切り取られています。見通し良くすっきりとした学校に変わってきていますね。木を切るのは簡単なことではありません。力もいるし後片付けも大変。でも,私たちのためにがんばってくださってあり,ありがたいですね。


 この前,テレビを見ていたら,文房具のコマーシャルに

「名前は一番短いラブレターだと思う。」という言葉が出てきました。

ああ,確かにそうだなあと思いました。

子どもが生まれて一番始めに決めるのは名前です。

どんな名前にしようか一生懸命考えます。

その子への想いを短い言葉に入れるのですから大変です。

名前がたくさん書いてある本を見るとどれも素敵だなと思います。

ひらがなにするか漢字にするか悩んだり,ニックネームで呼ぶときのことやローマ字で書くときのことも考えます。字のバランスをみたり画数を数えたりもするのです。


 あなたの名前には,どんな思いが込められているのですか。

もし,まだ聞いたことがなければおうちの人に尋ねてみましょう。
 

 今朝,聴いてもらった歌は,「愛の歌」です。愛を込めてつけられているあなたの名前です。大切にしてほしいです。


 さあ腰骨を立て,自分のことを友達のことを大切にする心をつくりましょう。

2020年11月12日