足の裏3点で支える!

 全校の皆さん,おはようございます。
 今朝は秋の雨,秋雨が降っていました。一雨ごとに季節が進むと言われます。夕方寒くなっても困らないように上着などの準備をしておくのもよいですね。
 先週の新聞に,姿勢がよいときれいな字が楽に書けるという記事が載っていました。姿勢は字を書くことにもつながるのですね。

 この前,授業中にどのくらい腰骨が立っているか学習の様子を見に行きました。教科書を両手で持ち読んでいる人,鉛筆を正しく握って丁寧に字を書いている人,先生の目を見てうなづきながら話を聞いている人がいて,感心しました。机や椅子に寄りかからず自分の力で座っている人も多かったです。

 でも,足のつけ方が残念!

つま先しかついていない人やかかとしかついていない人が

とても多かったです。


 つま先はどこですか。足の指の方です。動かしてみましょう。

 かかとは足の後ろ側,アキレス腱があるほうです。

つま先をつけてかかとだけを上げて。下ろして。

かかとに力を入れましょう。

 足の裏は,親指の付け根・小指の付け根・かかとの3点で

支えられています。

この3点を床にしっかりつけることで,体も安定し,心も落ち着くのです。
 自分の体の体重を全部支えてくれている大切な足の裏!

きちんと意識して使いましょう。


 さあ,腰骨を立て,かかとに力を入れましょう。

2020年09月16日