「ちょボラの日」を始めよう!

 全校のみなさんおはようございます。
 今朝の音楽は「クリスマスメドレー」です。あと20日でクリスマスですね。楽しみですね。
 今日は早起きはできましたか。朝休みの時間は気持ちよく過ごすことができましたか。
 毎朝6年生が前庭の掃除をしてくれています。人のために何かするって素敵なことです。人が喜んでくれることをすることをボランティア活動といいます。毎朝6年生が前庭の掃除をするのは,実は,30年も前からずっと続いているのだそうです。人のためを思って動く心,奉仕の心,ボランティア精神が高宮小学校に30年間もずっと続いてきているなんてすごいことですね。
 今朝,早く来て昇降口が開くのを待っている人たちがいました。1年生の中には「ぼくはこの前一緒にお手伝いしたよ!」という1年生がいました。中には,「ぼくたちもおにいさんたちみたいにおそうじ手つだいたい!」と言っている人もいました。人のために動く心が膨らんできていて素敵です。
 みなさんの中にも,自分も6年生のように朝,お掃除をしたいと思っている人はいますか?やってみたいと思う人は手を挙げてください。素敵ですね。手を下ろしましょう。
 では,6年生が伝統として続けてきている朝のお掃除を他の学年の人も一緒に始めましょう!全学年みんなが集まると混雑するし,毎日することなので,みんなで手分けしましょう。
 月曜日は5年生に,火曜日は4年生に,水曜日は3年生に,木曜日は2年生に,金曜日は1年生にお願いしましょう。

時間は,7時50分から8時5分まで。 

朝の準備が終わった人だけ,ランドセルを片付けた人だけが参加できます。
「ちょっとボランティア」略して「ちょボラの日」を始めましょう。参加できる人はぜひ参加してくださいね。
でも,ボランティア精神は,朝掃除だけではありません。
 いつでもできます。まわりを見て,これをすると人のためになるなと気付き,考え,行動すれば立派なボランティアです。1日1個でもいいので始めてみましょう。みんな,どんなことに気付いて動くのかな。楽しみです。
さあ,腰骨を立て,気付く力・考える力・行動する力をつくりましょう。

2020年12月04日