心ぽかぽか楽しい学校に

 全校の皆さんおはようございます。
 今週はあたたかい日が多かったけれど来週は寒くなるそうです。重ね着の仕方を上手に工夫してくださいね。

 今日は,1年生の「ちょボラの日」でしたが,参加できましたか。昨日は2年生の半分くらいの人が参加したそうです。昼休みにも「落ち葉を拾っておきました」と教えてくれた2年生がいました。みんなのやる気にびっくりです。
 昨日は,学校に消防車も来たので見学したりお話を聞いたりしたそうですね。「ホースが太くてかたかったよ」と1年生が教えてくれました。

先生から言われたわけでもないのに,自由帳に消防車を見たことの絵日記を書いて持ってきてくれた1年生がいました。習いたてのひらがなと漢字をつかってていねいに書かれた絵日記。見ただけで感動したことが伝わってきました。心に残ったことを絵や日記などに残しておくと,あとでみたときにもその感動を味わうことができて楽しいですね。 
 学校は,新しいことを習ったり,いろんな体験ができたりできる楽しいところです。
 でも,ちょっと悲しい言葉も聞こえました。

「そんなこともできんと?」と友達をばかにしたように言ったり,

「早くしてください!」と強い口調で言ったり…。

もし自分が言われたら,心が痛くなるなと思いました。

友達に褒められたり励まされたりするととてもうれしいですよね。

それだけ,言葉には力があります。自分がいいと思う言葉を,きちんと選んで使っていくことが大切ですね。
 これから本格的な冬になるでしょう。もっと寒くなっても,心はぽかぽかになれるように,みんなで楽しい学校生活をつくってくださいね。
 さあ,腰骨を立て,自分も友達も元気にあたたかくなる心をつくりましょう。

2020年12月11日