ノーベル平和賞~笑顔のために~

 全校のみなさんおはようございます!
 昨日は雨でしたが,休み時間は室内で楽しく過ごせていていいなと思いました。廊下を走る人が少なくなったように思いますが,あなたはどうですか。
 さて,世界のために取り組んだ人に贈られるノーベル賞の話は,以前したことがありますね。ノーベル賞にはノーベル平和賞という賞もあるのですが,2020年は誰に贈られたか知っていますか。2020年のノーベル平和賞には,世界各地で食糧支援を行っている「国連機関WFP世界食糧計画」で取り組んでいる人たちが選ばれました。
 世界には,飢餓で苦しんでいる人が世界中におよそ7億人近くいます。10人に1人くらいの割合です。飢餓とは食べ物がなくずっとお腹を減らしているので栄養が取れなくなり元気でいられなくなる状態になることです。給食を美味しく食べている私たちにはちょっと想像しにくいでしょうが,国の中で争いごと,紛争がおき,食事をしたくてもできない人がたくさんいるのです。
「食べ物がなくて不安になると争いごとが増える,争いごとが増えると食べれなくなる人が増える。」

その繰り返しです。

 WFPの人たちは,いつまでもそんなことを繰り返してはいけない,まずは食べ物の不安をなくさなければと考え,世界中の困っている人たちのところへ行き,食べ物を渡したり,栄養失調を改善するために給食をつくったりと様々な取り組みを行っています。新型コロナウイルスの感染拡大のために,飢えに苦しんでいる人がどんどん増えています。でも増えているからこそ,もっと取り組みを強化しなくてと頑張ってあるのだそうです。
 今日の音楽は「世界中の子どもたちが」です。世界中の子どもたちが,同じ地球に生きている子ども達みんなが,元気に笑って過ごせるような世界にしたいですね。


 さあ,腰骨をたてて,平和な心を集めましょう。

2021年01月27日