言葉のキャッチボール

 全校のみなさんおはようございます!
 今日はお天気になりそうです。外で元気に遊んでくださいね。

 みなさんは,キャッチボールするのは好きですか?ボールを投げたりとったりするのです。相手にボールを受け取ってもらえるのも嬉しいし,自分がボールをとれるのも楽しい,ボールを落とさずずっと続けているうちに,仲良くなってきますよね。
 キャッチボールは,何もボールだけではありません。言葉でもキャッチボールができます。
「おはよう」「おはよう」「きのう嬉しいことがあったんだ」「なあに,どんなこと?」というふうにお互いに言葉を投げたり受け止めたりしていくとどんどん会話がはずんでだんだん仲良くなれるでしょう。
 でも,「おはよう」と言葉をかけたのに,何も返事をしてくれなかったら?さみしくなりますね。ボールを投げたのに受け取ってもらえなかったらさみしくなるのと同じです。
 「どうしたの?」と尋ねても何も答えてくれなかったら?泣いてばかりいたら?言葉で説明してくれたら分かるのだけれど,何も言ってくれなければわかってあげることもできません。ボールを投げたのに,相手がずっと持ったまま,ボールを投げ返してくれなかったらキャッチボールをしたいのにできなくなるのと同じです。
 自分の考えたことや思ったことは,自分の言葉で話せばいいのです。友達も先生も誰でもきちんとあなたの言葉を受け止めて返してくれることでしょう。言葉のキャッチボールを続けたら,今よりももっともっと仲良くなれて楽しくなりますよ。
 今日の音楽は,「手と手をつなごう」です。手と手はつなげなくても,言葉と言葉をつないで,心と心をつないで,もっともっと仲良くなってくださいね。
 さあ,腰骨を立てて,言葉のキャッチボールを楽しみましょう。

2021年01月28日