ドレッシングの話

今日は、ドレッシングの話をします。
ドレッシングは,酢と油,塩や砂糖などをよく混ぜて作った調味料のことです。
ドレッシングは、Dress(ドレス)という、着飾るという意味の単語が語源になっているようです。着飾る、ドレスアップするという意味と同じように、野菜をおいしくするために味わいを添えるというところから、ドレッシングと呼ばれるようになりました。
給食では,フレンチサラダや海藻サラダなど,ドレッシングで和えたサラダがよく登場しますが,今日は炒めた野菜の味付けにドレッシングを使いました。ドレッシングのおかげで,野菜が食べやすいですね。
今日のカレーには,県産和牛を使っています。和牛のうまみがとけこんだおいしいカレーを食べて、体をあたためましょう!

この大雪で、牛乳を運んでくれるトラックの運転手さんがなかなか高宮小学校までたどり着かず、なんとか頑張って届けて下さいました。給食室の先生方も、とても寒い中、おいしい給食を作ってくださいました。食材に対してももちろん、給食にかかわる人たちにも感謝をして食べましょう。

2021年01月08日