鶏飯のはなし

鶏飯は、鹿児島県の奄美大島の郷土料理です。ごはんの上に、鶏肉、錦糸卵、シイタケや漬物などをのせ、だしをかけて食べる料理です。鶏飯は、奄美大島に役人が来た時のおもてなし料理として作られていたそうです。奄美大島では昔からそれぞれのおうちで鶏を飼う習慣があり、大事なお客さんをもてなすときやお祝い事のときにその鶏を食べていたそうです。当時の鶏飯は炊き込みご飯のようなものでしたが、現在はお茶漬けのようなスタイルで食べられています。
ごはんと具が、鶏から出ただしと一緒になることでさっぱりとし、暑い時期でもおいしく食べることができます。ごはんにスープときざみのりをかけて食べましょう。

2020年07月13日