「7月の生活のめあて」・【雨天時の対応】について

「あいさつ」一つによって、家庭が変わり、学校が変わり、職場が変わり、地域がかわり、運命が変わる。森 信三 著

7月の生活のめあては、「名札をつけよう。目を見て、自分からあいさつをしよう。」です。教師が自ら手本となり指導していきます。

ご家庭でも、朝「おはよう。」のあいさつから1日を始めるように声かけをしてください。

 

【雨天時の対応について】

梅雨明けまでの間、九州北部地方でも大雨が予想されることも多いと思われます。登校時に雨濡れることが考えられる場合には、タオルや替えの靴下などを持たせていただけると安心です。

本日下校時、大雨が予想されるため、教師が通学路の数か所に立ち、児童の安全確保に努めます。

 

高宮小学校

2020年07月06日