文永11年(1274)10月、高麗軍を主力とする元軍は今津から百道原に上陸し、祖原、鳥飼、赤坂の一帯は戦闘の場と化した。少弐景資、肥後の菊池次郎武房、竹崎五郎季長らがこれを迎え討ち、勝敗が決しないまま元軍は船に引き上げた(文永の役)。この時激戦の場のひとつとなったのが百道浜の後背地にある祖原山(標高33m)ある。360度の眺望がきく山頂の北側下に記念碑が建つ。

山頂の見晴らし台からはこんな景色をみることができます。

このあたりはすべて桜の木なので、春になるととても綺麗です。

こんなところに道なき道が!
誰か登ったことある人いますか?

祖原山