高 取 商 店 街

 伊佐邸は、昭和14年に米穀店として建てられました。
重厚な土蔵作り、2階建ての母屋。この母屋と副屋を
平屋でつなぐ構造は、明治の家屋そのままに今も同じ
姿を留めています。120年を越す長い時間、高取を見
守ってきた建築物といえるでしょう。商店街の中でもひ
ときわ重厚な雰囲気を保ち、歴史的な価値も高いこの
建築物を守ってきたのが伊佐さんです。なかなか見る
ことの出来ないこの建築技術は、商店街のこの通りが、
歴史の詰まった唐津街道の中心地であったことをまじ
まじと語っています。

伊   佐   邸

 早良区の西新中央商店街からズラリ
とならぶリヤカーの行列…通称「リヤ
カー部隊」。西新行商組合が、産地直
送の野菜や魚介類、花などをリヤカー
に積んで売っている光景です。とにか
く安くて新鮮。通りには連日、地域の
人々はもちろん、遠方からも馴染み客
がやってきて、威勢のいいかけ声とと
もにいつも活気に満ちあふれています。

リ ヤ カ ー 部 隊  

商  店  街  

 この商店街は小学生の通学路としても利用されています。衣料品、飲食店、雑貨、食品、宝石等様々なお店が並んでるいるこの通りは、中通り商店街から高取商店街へと続いております。西新から藤崎までの旧唐津街道に面した約1.6kmの商店街です。