学校紹介

概要

教育方針イメージ  
 昭和44年4月に三宅小学校・若久小学校・玉川小学校の三校から分離し、次源田池の一部を埋め立てて、筑紫丘小学校として創設されました。校区は 西鉄大橋駅の西側に位置しています。筑紫丘の高台には純真学園(短期大学・高等学校)・筑紫丘中学校・野間中学校・若久特別支援学校などがあり、隣接して筑紫丘高校もある学園地域です。また、学校に隣接して筑紫丘公民館があります。校区内には、大橋駅周辺の商業地域と閑静な住宅街(若久団地・一戸建住宅・マンション)があります。保護者と地域の方の教育に関する意識も高く、子どもたちを見守る様々な活動を連携して実施しています。

校歌

教育方針イメージ

 

 校歌の由来

菜殻火(ながらび)も今では三宅の田畑に見かけにくくなりましたが,筑紫平野の代表的な風物詩をとり入れた校歌が誕生しました。作詞は先生方の知恵を絞って,明るくそして親しみやすいものに仕上げました。那の津は古い三宅一帯の呼称,十字の星は校章をさし,世界の平和をめざす若人を期待しました。作曲は奥山晴美先生(福岡市名島小学校教頭)にお願いをして,いつまでも心に印象強く残る曲ができあがったわけです。子どもたちのたくましい心の成長に願いを託して皆さんも歌ってください。

昭和45年3月発行の広報誌「ちくしがおか」より