文化芸術ワークショップ

 人形劇団「クラルテ」の方に来ていただき、11月に行われる『あらしのよるに』の公演に向けて、

4年生を対象としたワークショップを行っていただきました。

 まずは、心と身体を開放するためのウォーミングアップとして、ゲーム形式で体を動かしました。

緊張もほぐれ、笑顔がたくさん見られました。

 続いて、代表児が一か月かけて完成させたヤギとオオカミの人形を使って、表現にチャレンジしました。

はじめは、ただ立たせて動かすだけだった動作が、「じゃあ、このヤギはどんなヤギ?どんな動きをする?」

「オオカミの兄弟がヤギと出会って…このあとはアドリブで!」など上手に演じるためのヒントをもらい、

徐々に豊かな表現になってきました。

 本番まで一か月。どんなすばらしい劇になるのか、今から楽しみです!

2018年10月04日