外国語研修

 今日は子どもたちが下校した後に、職員室にて「外国語研修」を行いました。平成29年に告示された新学習指導要領によって、

中学年に「外国語活動」、高学年に「外国語科」が設立され、平成32年度から全面実施されます。(今年度・来年度は移行期間)

このことから、来年度からは外国語(活動)の授業時数が中学年は年間35時間、高学年は年間70時間になります。

 そこで、学校の代表として外国語の研修を受けた本校の職員が、夏休みや冬休みにも準備を着々と行い、

全体に外国語の研修会を行いました。

 高学年は今までの外国語活動にもあった「話す・聞く」だけでなく、「書く・読む」という学習内容も

出てきます。その内容をいかに楽しみながら、かつ理解につながっていくかを、実際に活動を取り入れながら

分かりやすく説明してくれました。

 放課後や長期休業中にもこのような研修を通して、これからも指導力向上に努めていきたいと思います。

 

2019年01月08日