Home堤丘小TODAY一覧



[最初へ] [前へ] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次へ] [最後へ]

■10/12(木) 花ボランティア [2017/10/25up]



PTAの花ボランティアの皆様のおかげで,花いっぱいの中庭になりました。いつも,きれいな学校環境を作ってくださり,心より感謝申し上げます。

1012(木) 花ボランティアの写真




■10/11(水)~13(金) 5年生・自然教室② [2017/10/25up]



3日目には,雨が降ったものの,合羽を着てフィールドビンゴを実施でき,充実した3日間になりました。自然教室で学んだことを,今後の学校生活に生かしてほしいです。

1011(水)~13(金) 5年生・自然教室②の写真




■10/11(水)~13(金) 5年生・自然教室① [2017/10/25up]



5年生は,自然教室で,北山少年自然の家へ行ってきました。豊かな自然環境の中で,自然とのふれ合いや集団生活における「協力・責任・奉仕」などを学んできました。

1011(水)~13(金) 5年生・自然教室①の写真




■10/7(土) 福岡市市民総合防災訓練(城南区) [2017/10/25up]



本年度,第2回目の土曜授業日に,福岡市市民総合防災訓練(城南区)が実施されました。本校の児童も参加し,地域の方と一緒に参加し,防災意識を高めることができました。子どもたちは,普段見ることのできない車両や,はしご車による屋上からの救出訓練,降下訓練,放水訓練などの実演に,興奮している様子でした。

107(土) 福岡市市民総合防災訓練(城南区)の写真




■10/7(土) 案山子設置 [2017/10/25up]



5年生の子どもたちが作成した案山子(かかし)を,先生達で設置してきました。稲穂も伸びてきました。いよいよ稲刈りです。※稲刈りは,10月31日(火)の予定です。

107(土) 案山子設置の写真




10/5(木) 第7回 学力パワーアップタイム [2017/10/11up]



今回は,のべ37名の地域・保護者の皆様に,丸付け先生として来校していただきました。2学期は,⑧10月19日(木)⑨11月2日(木)⑩11月9日(木)⑪11月30日(木)⑫12月7日(木)を予定しています。丸付け先生として,今後もご協力をよろしくお願いいたします。【1・2学期学力パワーアップタイム丸付け先生参加者数】①5月11日(木)のべ40名②5月18日(木)のべ44






■10/5(木) 6年生・茶道体験 [2017/10/11up]



6年生は,総合的な学習の時間「みつめよう!日本の文化・日本の心」の学習として,大濠公園の日本庭園内にある和室にて,茶道体験を実施しました。【主に学んだこと】〇和室での作法→畳の縁を踏まない,敷居を踏まない,土壁を触らない〇もてなす側の言葉づかい→「どうぞ,お召し上がりください。」「お引きいたします。」子どもたちにとって,礼儀を学ぶ貴重な機会となりました。

105(木) 6年生・茶道体験の写真




■10/3(火) 6年生・CAPSの授業 [2017/10/11up]



CAPSとは,児童がグループに分かれ,商店(帽子販売店)の経営体験を通して,意思決定力を育成するためのシミュレーションプログラムのことです。自分のチームの利益をあげるために,グループ内でディスカッションを行い,意思決定をしていく学習過程を大切にして,学習を進めていきました。

103(火) 6年生・CAPSの授業の写真




■10/2(月) 全校朝会 [2017/10/11up]



全校朝会では,教育実習生のお別れの挨拶と,産休に入られた先生の代わりに赴任して来られた先生の紹介がありました。【その他の内容】〇保健委員会・・・「やさしい言葉づかい」についての劇〇計画委員会・・・いじめゼロサミットの報告〇6年生・・・修学旅行の報告

102(月) 全校朝会の写真




■9/28(木) 6年生・修学旅行② [2017/10/11up]



修学旅行の目的は,以下の5つです。【修学旅行の目的】〇原爆投下の地,長崎で原爆資料館などを見学することによって,戦争の悲惨さを知り,平和の尊さを学ぶ。〇長崎の歴史や文化について学ぶ。〇ハウステンボスでは,古いオランダの街並みを歩きながら,外国の生活や文化にふれる。〇6年生として,ふさわしい集団行動のあり方を学ぶ。〇協力することの大切さを学び,小学校最後の仲間との思い出をつくる。修

928(木) 6年生・修学旅行②の写真
















[最初へ] [前へ] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次へ] [最後へ]

[Homeへもどる]