Home堤丘小TODAY一覧



[最初へ] [前へ] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [次へ] [最後へ]

■6/27(火) 4年生・一本松川観察会 [2017/07/04up]



一本松川の会会長の内田義弘さん,福岡大学の伊豫岡宏樹先生他6名の学生をお迎えして,一本松川観察会を開催しました。川の役割を知り,環境に対する意識を高めるとともに,一本松川の自然や歴史を学び,地域の人々の思いや願いを受け取る学習をしました。

6/27(火) 4年生・一本松川観察会の写真




■6/25(日) 青育連ドッジビー大会 [2017/07/04up]



堤丘校区青少年育成連合会主催のドッジビー大会が,堤丘小体育館にて開催されました。昨年よりも多くの子どもたちが参加し,大会はとても盛り上がっていました。全ての試合終了後,6年生チーム対大人チームのエキシジビジョンマッチもあり,子どもも大人も楽しく汗を流していました。校区の皆様とともに,これからも堤丘小の子どもたちの育成をすすめてまいります。

6/25(日) 青育連ドッジビー大会の写真




■6/20(火) 4年生・ご飯炊き [2017/06/21up]



4年生は,地域・保護者の皆様にお手伝いをしていただき,ご飯炊きの体験学習を実施しました。今後,社会科「昔のくらし見つけた」の学習につながります。お手伝いに来てくださった皆様,お忙しい中,ありがとうございました。

6/20(火) 4年生・ご飯炊きの写真




■6/20(火) 2年生・歯磨き指導 [2017/06/21up]



2年生は,福岡歯科衛生専門学校の学生12名を講師として招き,歯磨き指導を実施しました。染め出し剤でピンク色に染まった自分の歯垢を鏡でチェックしながら,歯磨きの方法を教えてもらいました。

6/20(火) 2年生・歯磨き指導の写真




■6/19(月) 5年生・田植え [2017/06/21up]



5年生は,地域・保護者の皆様にお手伝いをしていただき,手作業での田植え体験学習を実施しました。秋には,稲刈りも予定しています。お米が育っていく過程を体験することで,植物を大切にする心や農作物の成長に期待する心を育てていきます。お手伝いに来てくださった皆様,お忙しい中,ありがとうございました。【学習の流れ】8:50学校発9:20はじめの会①はじめの言葉②校長先生の話③稲の持

6/19(月) 5年生・田植えの写真




■6/16(金) 6.19 福岡大空襲 平和学習 [2017/06/21up]



講師に,地域の小林さんをお迎えして,平和学習を行いました。今から72年前の6月19日に起きた,福岡大空襲を体験された小林さんのお話を聞いて,子どもたちは平和の大切さを学びました。【6.19についての平和学習】○講師・・・小林定木先生1校時・・・1・2・3年生2校時・・・4・5・6年生

6/16(金) 6.19 福岡大空襲 平和学習の写真




■6/16(金) 観察池掃除 [2017/06/21up]



用務員の先生方が,観察池の水を減らして,水圧洗浄機で掃除してくださいました。今まで,濁っていて見えなかった,「第2回卒業制作」の文字とカラフルなタイルが,はっきりと見えるようになりました。たくさんの鯉が元気に泳ぐ様子が見えるようになったので,子どもたちも大喜びです。

6/16(金) 観察池掃除の写真




■6/15(木) 歯科検診 [2017/06/21up]



歯科疾患を発見し,子どもたちが健康に学校生活を送れるように,全校児童の歯科検診を行いました。今回の検診で,1学期に予定していた全ての健康診断が終了しました。↓↓↓○発育測定○聴力検査○視力検査○心電図検査(1年生のみ)○内科検診○眼科検診○尿検査○耳鼻科検診○歯科検診

6/15(木) 歯科検診の写真




■プール開き [2017/06/21up]



プール開きをしました。校長先生からは,「自分の目標をしっかりもって,取り組んでほしい」「安全には十分注意してほしい」という内容の話がありました。昨年よりも,1mでも長く泳げるよう,安全に十分気をつけながら指導してまいります。

プール開きの写真




■6/14(水) 6年生・博物館出前授業 [2017/06/21up]



6年生は,3・4校時に福岡市博物館の方を講師に招き,勾玉作りを行いました。四角い石に下書きをした後,サンドペーパーを使って削り,形を整えていきました。できあがった勾玉は,すぐに首にかけ,とても嬉しそうにしていました。

6/14(水) 6年生・博物館出前授業の写真
















[最初へ] [前へ] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [次へ] [最後へ]

[Homeへもどる]