福岡市立堤小学校へようこそ 本文へジャンプ
学校長挨拶

校長 真子 英孝

 保護者の皆様、地域の皆様、4月に赴任しました 校長の真子英孝と申します。昨年度は教頭として赴任し、1年間大変お世話になりました。今年度も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
 始業式の日に、今年1年間の学校のめあてとして、子ども達に3つのお話をしました。
一つは,「あいさつができる子ども」です。
 それは,あいさつをするとみんな「笑顔」になれるからです。「おはようございます」とあいさつをしている人のほとんどは笑顔です。大きな声であいさつをするととてもいい気持ちになります。そして,友だちとも仲良くなれます。あいさつをがんばりましょう。
二つは,「考えを伝えることができる子ども」です。
 「35−17は,いくつになるでしょうか?」 
さあ,みなさん,頭の中でいろいろな計算をしましたか?それとも,もうできないからあきらめましたか?大事なことは,まちがっていてもいいから,自分の答え,つまり,自分の考えを持つことです。そして,それを勇気を出して人に伝えることが大事です。自分の考えをしっかりと人に伝えましょう。
三つは,「安全に気をつける子ども」です。
 自分の身体は自分で守る。校舎内では,廊下を走らず,静かに歩きます。運動場では,決められた場所で遊びます。学校の外では,交通安全に気をつけます。道路の飛び出しを絶対にしません。自転車は,ルールを守って乗ります。安全に気をつけて,自分の体は自分で守りましょう。
 これからの1年間、教師と子ども達みんなで力を合わせて、安心して過ごせる、楽しい堤小学校にしていきます。
 保護者の皆様、地域の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

   (c)2017 Tutumi elementary school ホームページ上の全データの無断転用を禁じます