6.19 平和学習(福岡大空襲)

今から77年前の6月19日、福岡市上空にB29爆撃機が飛来して福岡の街に焼夷弾を落としていきました。市内でもとりわけ奈良屋・冷泉・大浜・大名・簀子の5校区の被害が激しく、死傷者の9割を占めていたと言われています。子どもたちは、土曜授業の朝タイムに校長先生のおはなしを聞き、その後各クラスで平和について考える学習を行っていました。日本では爆弾におびえることはなく、戦争によって多くの人が食べるものがなくなっているような状況にはありません。しかし、世界に目を向けるとウクライナでの戦争などまだ多くの国々で争いや戦争が起こっています。平和な世界を作るのは自分たちであるという当事者意識を持ちながら、何ができるのかをこれからも一緒に考えていきたいと思います。

2022年06月18日