4年総合「みんなにやさしいまちづくり」

 障がいをもった方の立場に立って、「みんなにやさしいまち」とはどんなまちなのか考えるために車いす体験をしました。
 車いすに乗っている方は、少しの段差でも、進むことが大変であるということを体験を通して感じることが出来ました。また、介助者の立場から、声をかけてゆっくりと車いすを動かすことで、安心感を与えられることを学ぶことが出来ました。来週、アイマスク体験をする予定です。

2021年09月15日