全国学力調査・学習調査
 昨年度の全国学力・学習状況調査の結果をお知らせします。
結果は①上回っている②やや上回っている③同程度④努力を要する
の4観点で通知されます。

昨年度の結果は,全国平均と比べると,
国語 ①上回っている
算数  ②やや上回っている
でした。

本校の傾向としまして
【国語】
〇漢字やことわざ,接続語など,言語についての知識理解
〇目的に応じて文章の内容を的確に押さえて読みとること  が上昇

●話し手や目的に応じて,質問を考える が下降

【算数】
〇グラフの読み取り,計算問題  が上昇

●図形の問題  ●式の意味を考える  が下降
といった傾向が見られました。

また,「学校や家での生活について58の設問」がある,学習状況調査では
〇学校へいくのは楽しい
〇学校のきまりを守っている
〇学校以外で学習時間が1時間以上(塾を含む)
といった良い回答がありましたが,
●朝食を毎日食べていない
●将来の夢や希望をもっていない
●授業で学んだことを他の教科にも生かしていない
といった回答もありました。

そこで,今後学校といたしましては
〇「教えること」・「学ばせることを明確にして教科指導を行う
〇チャレンジタイム等を活用し,課題の改善を行う
の2点を重点的に取り組んでいくことになりました。
 トップページへ戻る