HOME>>    

★Day14★

11月12日(月)

起業家教育

 

 

 

 

本校2年生19名が取り組んできた中小企業庁「学びと社会の連携促進事業(起業家教育)」のプログラムも11月12日最終日を迎え、各グループで考えたビジネスアイデアを発信する発表会が行われました。

 

発表では工夫されたプレゼン画面や資料を使って、それぞれのグループのビジネスアイデアの魅力を8分以内にまとめ発信しました。

最優秀賞は 「IDDEA ~カオスなアプリ❤ ~」

…高校生のアイデアをアプリに となりました。

以下、最優秀賞を受賞したチームの感想です。

14日間の起業家教育は私にとって有意義な時間になりました。他のクラスと組んだグループは初めはぎこちなかったけれど、グループワークをする度に距離も縮まっていき、今ではすっかり仲良しになりました。

起業とは何かを学ぶだけではなく、メンターの方や角川アスキーの方には沢山のことを教えていただきました。その中でも「失敗することは大切だ」という言葉はとても印象に残りました。グループで協力することの大切さや、諦めない意志、何かをやるために話し合いを上手に進めていくことなど…、すべての経験がとても勉強にもなりました。

★Day13★

11月7日(水)

起業家教育

 

 

 

 

11月12日(月)の事業プラン発表に向け、今日はグループごとにメンターの方々にアドバイスをいただきながら事業プランのブラッシュアップとプレゼンテーションの作成に取り組みました。

各グループのメンバーで事業プランについての議論を重ね、その方向性が少しずつ具体的になってきました。

★Day12★

11月6日(火)

起業家教育

 

 

 

 

 

 

今日は、事業プランを深めることと、来週の月曜日にあるプレゼンの審査基準である「顧客視点になっているか」「実現可能かどうか」「持続可能な収支計画(ビジネスモデル)か」「魅せ方(ネーミング、プロモーション)」についても考えました。


メンターとしてジョイクリエイト(子育て支援事業)の社長、野口達哉さん、シフォンケーキマリィの店主村田真里絵さん、ワインバー黄昏の店主手島渚さん、ナオランジェリーの社長栗原奈緒さんが生徒の各グループにそれぞれ1名ずつついて、貴重なアドバイスをいただきました。

★Day11★

11月5日(水)

起業家教育

 

 

 

 

 

本日はまずビジネスプランをしっかり練り直して、プレゼンについて考えていきました。

最終発表のイメージをつかみながら、台本を作る人、資料を作る人、発表する人などグループで役割分担を決めました。

明日は、4名のメンターの方が来校されます。楽しみですね。

 

★Day10★

11月1日(木)

起業家教育

 

 

 

 

 

本日は、アンケートフォームを完成して、仮説を立てるという計画です。事業プランを作成する中で、who(誰に)ターゲット、what(何を)提供価値、を明確にすることが重要だと説明を受けました。生徒は、そのことを意識しながらもう一度事業プランを練り直しました。
来週も引き続き行われます。


 

★Day9★

10月31日(水)

起業家教育

 

 

 

 

 

本日は、グループぞれぞれに、メンターが1人づつ入って、今考えている計画が具体的に実現できるのかもう一度考えました。プロダクト・マーケット・フィット(顧客を満足させる最適なプロダクトを市場に提供している状態)になるようにしていき、最後にネットで質問を投げ返ることができるようなフォームを考えていきました。明日も引き続き企業家教育はあります。

 

★Day8★

10月30日(火)

起業家教育

 

 

 

 

起業家教育プログラム後半が始まりました。

 

11月12日の起業プラン発表に向け、前半で作成した案の検証やブラッシュアップを図っていきます。
本日は、本校食物調理科卒業、『chiffoncake MARIE』オーナーシェフの村田真里絵さんに、ご自身の起業体験や考え方等について講演いただきました。

「自分のやりたいこと、その答えは自分の中にしかない。」
「やっている人に会いに行く、話を聞く。」「市場分析が大事。アンテナを張ろう。」
「夢は叶う。絶対叶う。その道の1番になろう。」
など、多くのヒントやアドバイスをいただきました。

10月10日(水)

西日本新聞

   

 

 

10月10日(水)の西日本新聞に、本校で行われている起業家教育の様子が掲載されました!

詳しくは、コチラ(画像ファイル)をご覧ください。

★Day6★

9月20日(木)

起業家教育

 

 

 

 

本日は、昨日講演をしていただいた株式会社ジョイクリエイト代表取締役の野口達哉さんと、フードエッセイストの平野紗季子さんにメンターとなっていただき、グループで決定しているテーマにそって、それぞれ話し合いをしました。

 

生徒たちは、メンターの方々から貴重なアドバイスをもらいながら、より現実的なプランを考えていました。

 

★Day5★

9月19日(水)

起業家講演会、起業家教育

 

 

 

 

本日は1時間目のロングホームルームの時間に、本校服飾デザイン科卒業生でワインバー黄昏の店主である手嶋渚さんと、株式会社ジョイクリエイト代表取締役の野口達哉さんに全校生徒を対象に講演をしていただきました。

放課後の起業家教育の時間には、テレビ番組の「セブンルール」にも出演された、フードエッセイストの平野紗季子さんに講演をしていただきました。

 

普段は聞くことのできないお話を、3名の方にしていただきました。とても実りのある時間となりました。

◇手嶋渚さんについての詳しいご紹介はこちら

 

◇野口達哉さんについての詳しいご紹介はこちら

 

◇平野紗季子さんについての詳しいご紹介はこちら

★Day4★

9月14日(金)

起業家教育

 

 

 

 

本日は、テーマ設定をするため、考え方の質を高める方法を学びました。まず、グループで「これから何をしたいか。」という方向性をみんなで考えました。

 

次に、出したアイデアを1人で黙々と考える時間をとり、最後にもう一度チームで出したアイデアから1つに絞りました。その際、自分たちのチーム名も考えました。

来週は、起業家の方の講演やメンターとして様々な起業の方に参加してもらう予定です。

★Day3★

9月13日(木)

起業家教育

 

 

 

 

本日はまず、昨日練習したブレストカードを使ってアイデアの出し方を学習しました。次に、自分の振り返りワークを行いました。これは、生まれてから今まで自分がどうだったかを、グラフを使って客観的に見ていくものです。

 

昨日の起業家教育で、J:COM様と西日本新聞社様が取材に来られ、本日J:COMの11chで17時、20時、22時と23時にニュースで配信されました。

★Day2★

9月12日(水)

起業家教育

 

 

 

 

1回目の起業家教育が行われました。今日は、参加するメンバーが初めて集合してグループをつくり、起業に対するイメージや考え方のプロセスについて学びました。

中でも、発想法の一つであるマンダラートを使って、「新しい博多のおみやげ」についてのアイデアを考えたり、ブレストカードを用いて楽しみながらアイデアを出し合いました。

明日も引き続き、2回目の起業家教育が行われます。

 

なお、本日の起業家教育の様子は9月13日(木)のJ:COMチャンネルにて放送されます。詳しくはこちらをご覧ください。

★Day1★

7月10日(火)

起業家教育オリエンテーション

 

 

2年生

 

2年生で起業家教育が、始まります。  

 

「起業家教育」とは、国の事業でこれからの新しい教育を考える上で、大切なチャレンジ精神や判断力やリーダーシップなどの能力を育てていく教育です。全国で6校、九州でも福岡女子高校の1校のみとなっています。

 

本日は2年生全員を対象に角川アスキー総合研究所のベルマーカスさんがこの学習の概要を説明しました。

この学習に参加できる人数が全体で30名程度となっていますので、興味がある人は、すぐに担当の楫野(かじの)まで言ってください。