HOME>>    
12月19日(木)

海外語学研修(11日目)

 

国際教養科2年生

 

本日、国際教養科2年生が海外語学研修から帰国しました。

 

飛行機の遅延など、多少トラブルが起こりましたが、全員が無事に、元気に帰ってきてくれました。

初めての海外、初めてのホームステイということで、普段では経験できないことをたくさん経験し、多くのことを学んできてくれたと思います。

 

解団式の後には、今回の海外語学研修でお世話になったコーディネーターの古賀さんへお礼のサプライズプレゼントの贈呈式もありました。

 

今回の海外語学研修で学んだことを、これからの学校生活の中でも活かしてほしいと思います。

 

朝早い時間でしたが、多くの保護者の方々にお迎えにきていただきました。ありがとうございました。

なお、帰国が1日延びたため、20日(金)を代休とし、23日(月)を2年5組の終業式とします。

12月16日(月)※現地時間

海外語学研修(9日目)

 

国際教養科2年生

 

今日は、最後の英会話の授業になりました。

授業は、それぞれのクラスで決まった課題に向けて取り組んでいました。最後に、ホームステイファミリーに向けたサンキュウレターの準備をしました。

 

午後は、ハーレー(現地ではハーリィと呼ばれている)という服飾関係の会社訪問をしました。企業秘密の所も少し見ることができ(来年のオリンピックのユニフォームに採用されるかもしれないものなど)、アメリカの会社の中身を見ることができました。見学の後は、会社の横に併設されているお店でお買い物です。新製品が定価の50%オフということもあり、みんな買い物を楽しんでいました。

その後は、フェアウェルパーティーをしました。

5時からホームステイの家族が会場に到着しました。

英会話の授業が本日で終了となり、修了書が、各クラスの先生から渡されました。

そして待ちに待った出し物の始まりです。

この時間のために、アメリカでも時間を見つけて練習をしていました。ダンスあり歌ありで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

ついに明日はファミリーとお別れです。

そして日本へ出発です。

12月13日(金)※現地時間

海外語学研修(6日目)

 

国際教養科2年生

 

今日は、ハリウッド見学です。ロサンゼルスの一番の観光の名所になっているところで、有名なハリウッドのサインや有名人の手形があるチャイニーズシアターがあるところです。とても人気があり、観光客もたくさんやって来るところです。

 

次にシタデル・アウトレット・ショッピングセンターに行きました。このアウトレット・モールは、日本のアウトレット/モールのモデルになり、昔からあります。とても広く今日もショッピングの時間はなかなか生徒と会うことができませんでした。

明日は、現地は、土曜日です。生徒たちは週末はホストファミリーと過ごします。

12月12日(木)※現地時間

海外語学研修(5日目)

 

国際教養科2年生

 

今日は、現地の高校に行って、授業を受けるという活動をしました。ロングビーチにある「アーネスト・マクブライド・ハイスクール」に行きました。ここは、公立の共学の学校です。初めにすてきな図書館に行って、それぞれのバディ(お世話をしてくれる生徒)と対面です。最初に学校の中を見せてもらいました。生徒一人一人にタブレットコンピュータがあり、自由に使えるそうです。

また、ラボでは、DNAの研究をすることができ、体育館もとてもきれいでした。また、技術系のクラスがあり、車のレースやソーラーボートを作っているそうです。昼食にピザ、チキンナゲット、ポテトチップ、ジュース、ミネラルウォーターを用意してくれていて、とてもおいしくてぺろりと食べました。短い時間でしたが、留学体験ができました。
12月11日(水)※現地時間

海外語学研修(4日目)

 

国際教養科2年生

 

今日は、ディズニーランドです。アナハイムのディズニーランドは、世界で一番最初に出来た「ディズニーランド」と日本にはない「カリフォルニア・アドベンチャー」の2つがあり、高校生には、乗り物や出し物が合っている「カリフォルニア・アドベンチャー」に行きました。

入場ゲートから入って、注意事項と集合場所、時間を言って解散です。一瞬のうちにいなくなりました。広いパークの中なので、生徒達と会うことはほとんどありません。偶然会えた生徒と写真を撮って、載せています。
12月10日(火)※現地時間

海外語学研修(3日目)

 

国際教養科2年生

 

 今日は、少し早く英会話の授業を終えて、バスで小学校に行きました。アデレード・プライス・スクールという小学校で、生徒達はグループに分かれて、各教室で、それぞれ準備してきた事をして交流しました。

あるグループでは、ジャンケン列車をし、他のグループは忍者の格好をしたり、それぞれ子供達を楽しませながら、日本の文化や遊びを英語を使って紹介していました。1時間30分という短い時間でしたが、どちらも楽しめたのではないかと思っています。

次に、午後の英会話の授業まで少し時間があるので、昼食を兼ねて、アウトレットアットオレンジというショッピングモールに行きました。短い時間でしたが、日本にはないお店などでショッピングをしました。

12月9日(月)※現地時間

海外語学研修(2日目)

 

国際教養科2年生

 
今日から英会話の授業が始まりました。3つのクラスに分けて、それぞれ現地の先生から教えてもらっています。メアリー、ティファニー、そしてロンです。3人は、とてもテンポ良く、初めての授業ですが、グイグイ引っ張ってくれ、生徒達は自然と英語で考え、英語を話しています。
英会話の授業は、バンガードユニバーシティという大学のキャンパスで行っています。小さな大学と聞いていましたが、英会話の授業は、3つともそれぞれ違う建物で行っていますので、写真を撮るだけでも大変です。
午後は、大学まで本物のスクールバスで移動となりました。UCIと現地で呼ばれている、カリフォルニア州立大学アーバイン校のキャンパスツアーです。ここは、カリフォルニア州立大学のいくつかのキャンパスの1つで、日本で言えば、難関校の1つです。キャンパスもとても広く今日はその一部を少し見て回ります。
次にスカベンジャーハントという活動をしました。これは、それぞれの課題をグループごとにやっていくことで、このサインを探しなさい。や、UCIの学生に質問したり、大学生の中から1月生まれを探したりするものです。みんな、それぞれの質問に答えるために急いで学生に質問したり、サインを探したりしていました。
  大学を後にして、少し時間があったので、大学の横にある小さなターゲットというスーパーマーケットに行きました。明日は、小学校訪問です。

12月8日(日)※現地時間

海外語学研修(1日目)

 

国際教養科2年生

 

アーバインの気温はただいま19度です。

 

アメリカに到着して、ホームステイの家族と対面です。

今日から11日間お世話になります。

明日から、ついに英会話の授業も始まります。

慣れない環境での生活が始まりますが、生徒たちはみんなとても元気です!

12月8日(日)

海外語学研修(1日目)

 

国際教養科2年生

 
 

元気にアメリカへと出発しました!!

早朝にも関わらず、多くの保護者の方々に見送りに来ていただきました。ありがとうございました。

 

語学研修に対して不安を感じていた生徒たちですが、今日はみんな笑顔で出国ゲートへと進んでいきました。

乗り継ぎのインチョン空港でも、短い自由時間を楽しんだようでした。

アメリカにも無事到着し、語学研修も本格的にスタートします。

10月7日(月)

日本料理マナー講習会

 

生活情報科3年生

 
室見川河畔にある老舗の料亭「とり市」で『秋の会席料理』をいただきました。
季節の食材をふんだんに使い美しく盛りつけられた料理はどれもおいしく、和食の素晴らしさを実感することができました。セレベスと焼帆立の菊衣あんかけや秋刀魚の炊き込みご飯などの珍しいものもあり、お料理が運ばれる度に生徒の顔がほころびました。食べ終わると、お腹も心も満足感でいっぱいになりました。
料理長の説明を聞き、質問をする生徒も多く、今回の体験がこれからの調理実習や課題研究に役立つことと思います。

9月28日(土) 

看護学科訪問

 

看護進学コース

 
福岡大学と福岡市立高校の連携事業として、福岡大学が主催する看護学科訪問に普通科看護進学コースの2名が参加しました。
看護学科の説明や施設見学を行いました。また看護学科学生との交流会や福岡大学が行っている「【福奏プロジェクト】子育て・孫育て講座」への参加を通し、沐浴演習等を体験しました。看護学科の学習活動をより身近に感じたようです。

8月22日 

博多座観劇

 

国際教養科2年

 
  博多座にレミゼラブルを見に行きました。本格的なミュージカルで、どのシーンも感動的ですべての観客の心を包んでいました。国際教養科は二年生で、文化祭で英語劇をすることになっています。今年も内容からオリジナルですべて作っていきます。生徒は今日の観劇で多くのものを学んだようです。文化祭の英語劇が楽しみです。

7月16日 

国連ハビタット

 

国際教養科2年

 
今日は、国際教養科の2年生が、国連ハビタットについて学習しました。国連ハビタットとは、都市化や居住に関する様々な問題に取り組む国連機関です。九州で唯一のこの国連の機関が福岡市にあります。まず、国連ハビタットについての説明を聞いて、実際にワークショップをしました。
小さな村の復興についての計画をグループで考えました。少ない予算の中で、何が一番その村で必要かを考え、まとめました。最後に、みんなの前で発表をしました。それぞれグルーブごとに内容が違い、その違いをみんなで共有しました。

8月2日

スイーツ甲子園 予選大会 

 

食物調理科

 

貝印スイーツ甲子園とは、高校生3人1組でチームとなり、世界にひとつしかないスイーツを創作します。 選ぶのは、日本を代表するパティシエたちです。

食物調理科からも何チームか応募していましたが、その中の1チームがスイーツ甲子園の書類選考による予選突破を果たし、全国で24チームしか選ばれない予選に参戦させて頂きました!
  予選参加が決まった日から、毎日のように練習しました。暑い調理室では、チョコレートなどがすぐに溶け出してしまい思うように出来ません。それでも何度も練習し、何とか当日を迎えることができました。そしてなんと終了時間の20秒前にケーキを完成させることができました。結果は予選突破といきませんでしたが、みんなで心をひとつにする大切さを学べました。
中国料理講習会    

市内の有名中国料理店で料理長として長年ご活躍してこられた加藤文和先生に講習会をして頂きました。

中国料理の基本的な切り方から高度な包丁技術まで見せて頂きました。また見事な鍋さばき、手法の数々も教えて頂きました。普段見ることの出来ない珍しい食材や道具を使った料理は大変美しくとても勉強になりました。職業観を身につける上でも大変貴重な経験となりました。
食育講習会    
西区保健福祉センターの栄養士さんと西区食生活改善推進員のヘルスメイトの皆さんに食育講習会をして頂きました。とりわけ離乳食という内容で、基本的なことから教えて頂きました。
 

今、福岡市は人生100年時代へむけての準備として「福岡100」プロジェクトに取り組んでいます。食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身につけることで、心と体の健康を維持し、いきいきと暮らすための「食べる力」=「生きる力」を育みます。

調理師として「食」ついて考え「食」の大切さを発信できる人を目指します!
校外試食会    
3年生最初の校外試食会は、タカクラホテルで西洋料理マナーを学びました。洋食の作法をホテルの方やシェフに直接伺うことが出来ました。また実際にその場で実践することで、色々な気付きもあり大変勉強になりました。ホテルの方の動きやおもてなしを肌で感じ、職業観を身につける上でも大変興味深いものとなりました。
校内試食会    
自分たちで考えた献立を全校の皆さんに投票して頂きメニュー決定する校内試食会が行われました。今回は中国料理で、みんな大好きユーリンチー(鶏の唐揚げ甘酢タレかけ)を中心としたメニューでした。鶏ガラから丁寧にとったスープや、綺麗に切ったカラフルなサラダなど心を込めて作りました。大量調理は調理師にとって欠かせない実習です。衛生面、安全面に気を配りしっかり取り組むことができました。
包丁講習会    
  1年生は、入学時に自分の包丁を購入します。その包丁を納めて頂いている菊秀さんに包丁の講義と研ぎの実演をして頂きました。包丁の構造を知ることで、どういうお手入れが必要かを知ることが出来ました。きちんと自分で手入れをし、大切に使いたいと思います。研いだ包丁で、日々の実習に励みます。
洋菓子講習会    
韓国の大学でも教えておられ、国内外でご活躍されているグランドパティシエールの三苫信一先生に講習会に来て頂きました。洋菓子は温度や状態に大変気を使うとても繊細で難しい技術です。作業のポイントなどを講義して頂きながら一層深く学ぶことが出来ました。先生の手から造り上げられる華やかなお菓子は、とても美しく目でも楽しめる素晴らしいもので大変勉強になりました。
西洋料理講習会    

タカクラホテル福岡の総料理長 高橋毅シェフに講習会をして頂きました。
基本的な技術からプロにしか出来ない高度な技まで見せて頂き大変勉強になりました。

食物調理科には、プロの料理人を目指し専門就職をする生徒が多くいます。職業観を身につける上でも大変貴重な経験となりました。
和菓子講習会    
和菓子店「富貴」の社長で、国内外でご活躍しておられる松本弘樹先生に講習会をして頂きました。とてもわかりやすい説明で講義がなされ、作業のポイントなどを把握しながら一層深く学ぶことが出来ました。先生の手から造り上げられる繊細なお菓子は、とても綺麗で目でも楽しめる素晴らしいもので大変勉強になりました。
       

1学期の記事はコチラ