福岡市立福翔高等学校

学校概要 教育活動 施設紹介 進路状況 アクセス 中学生の方へ 保護者の方へ
トピックス 部活動情報 学校生活 事務室より Web企画 外部リンク サイトマップ

 トップページ福翔の教育ジュニア・アチーブメント>ジョブシャドウ(H19.8.7)

ジュニア・アチーブメント
「ジョブシャドウ」

<平成19年8月7日>


「ジュニア・アチーブメント」ってなに?という方は,先にこちらをご覧ください。
「ジュニア・アチーブメントとは」

 

本校は平成19年度より「ジュニア・アチーブメント・プログラム」を導入しました。
このプログラムのうちの「ジョブシャドウ」を8月7日に実施しました。

参加したのは,就職コースの1年生全員および2年生の希望者,合計52名。
これまでの数時間の事前指導を踏まえて,今回初めての「ジョブシャドウ」を行うこととなりました。

 
※お断り このプログラムは,富士ゼロックス福岡株式会社様のご協力によりまして
実施いたしました。
当サイトに掲載する社内の写真に関しては,一部画像処理を施し,サイズ・
解像度を小さくしております。
これは,情報機密保持等への配慮のため,当方の判断にて行ったものです。
多少見にくい写真もございますが,どうぞご了承ください。

 

朝8時40分。博多区の富士ゼロックス福岡(株)本社に続々と生徒が集まってきました。
遅刻・欠席者もなく,まずは順調な滑り出し。さっそく会議室に案内されます。

 

「歓迎!福翔高校のみなさん」と書かれた横断幕が嬉しい。
この日はTVQの取材クルーも入っています。
まずは富士ゼロックス福岡(株)社長の黒川様よりご挨拶をいただきました。
 

続いて本校の清水校長の挨拶。
さらに,代表生徒の挨拶が行われ,いよいよプログラムがスタートです。
なお,生徒の隣に座っている社員の方がパートナー。
これから,その社員の方に“シャドウ(影)”のようにピッタリ付いて回ることになります。

 

様々な部署に,52人の社員にくっついた52人の生徒が分かれていきます。
社員の方から,仕事のやり方を教わるわけではありません。
社員の方が仕事をしている様子を,横から観察するのです。
 

気付いたことがあれば,どんどんメモをとります。
社員の方が,どのような仕事をしているのか?
そして,どのような姿勢で仕事に臨んでいるのか?
 

ほとんどの生徒が,本物のオフィスに足を踏み入れるのは初めて。
まさにテレビドラマの中の世界が,目の前で展開されています。
見るもの,聞くもの,すべてが新鮮。
社員の方の一挙手一投足を見逃せません。

 

一方,そのころ引率教員団はショールームで・・・。
「はぁ~,最近の複合機はすごいなぁ~」
「こんな便利な機械が,うちの学校にもあったらなあ・・・」
「○○先生,個人的に買って職員室に入れてくださいよ」
「そんなお金,ありませんって」
などなど・・・。

もちろん,その後はちゃんと各フロアを回って生徒の様子を見ていますので,念のため。

 

ミーティングに参加した生徒もいます。
そしてなんと,たまたま開催中の「経営戦略会議」に出席させていただいた生徒まで!
社長以下,幹部社員の方々が顔を揃える緊張感のある現場です。
うーん,これは貴重な経験ですね!
 

総務,経理,人事,サービスなどなど,生徒は様々な部署に散らばっています。
でも実は,営業の社員に付いて社外に出かけた生徒もたくさんいまして・・・。
(さすがに写真はありません,ご了承ください。)

高校生がやってきて,驚かれた取引先の方もいらっしゃったのではないでしょうか。
生徒にとっても,いい経験になったと思います。
(ちゃっかりお土産を頂いてきた生徒まで・・・どうもありがとうございます。)

 

お昼休み。
午前中にどんなことをしたか,友達との会話に花が咲きます。
社員の方も一緒に食事の輪に加わってくださいました。
仕事中は聞けなかった本音も聞けたり・・・!?

 

午後からはパネルディスカッション。
社内の各部署から5人の社員の方々にお集まりいただき,話をお伺いします。

「なぜこの会社を選んだのか?」
「人事担当者は,なぜその人を採用したのか?」
「高校生のうちに,やっておいたほうがよいことは?」
「今の部署のいいところ,楽しいところは? 成功談,失敗談は?」
「どんな資格を持っているか?」などなど・・・。
生徒たちもノートにペンを走らせます。

社員の方々から熱いメッセージも頂きました。
「勉強と部活に加えて,プラス“何か”を武器にしよう!」
「後悔のないよう,もう半歩踏み出して何かにチャレンジ!」
「頭の中にある知識を,実際に“体験”すること!」
「失敗を恐れないこと!」

 

プログラムの最後に,黒川社長から直々に,生徒ひとりひとりに修了証が渡されました。
ジュニア・アチーブメント日本支部,富士ゼロックス福岡,福翔高校,それぞれのトップの
サインが入った立派な修了証です。
富士ゼロックス福岡様からは記念品も頂きました。

 

黒川社長を囲んで,最後に記念撮影。
本当に充実した一日でした。
みんな,学校にいるときより表情が明るいような気が・・・。

 


取材を受ける清水校長と黒川社長。
この日の模様は,TVQ『九州経済NOW』の中で放送されます。

 

社員の後ろを影のようについて回り,仕事をする人の姿勢を観察する「ジョブシャドウ」。

ふだん,大人が社会でどのように働いているかを初めて知った生徒も多いことでしょう。
休日,疲れて家でゴロゴロしているお父さんの気持ちが多少は理解できたでしょうか(笑)。
仕事をするとはどういうことなのか,これから就職を目指す生徒たちにとって今日の経験は大きな財産となるはずです。

われわれ教員にとっても,この日の経験は貴重なものでした。
あれほど緊張感のある,それでいて生き生きした生徒の顔は,そうそう学校でもお目にかかれません。
われわれ教員ももちろん社会人であるわけで,果たして生徒は教員の働く背中を見て何を感じているのだろうか?と考えてしまいます。
この日の経験をわれわれも生かしていかなければなりません。

そして,最後になりましたが,富士ゼロックス福岡(株)の皆様には本当にお世話になりました。
貴重な仕事の時間を割いてまで,52人という多くの生徒を受け入れていただいたことに,ただただ感謝するのみです。
黒川社長をはじめ社員の皆様,本当にありがとうございました。

 

 



このサイトは,文字サイズを「中」にすると快適にご覧いただけます。