校歌・応援歌

校歌

作詞:清水 忠四郎/作曲:松園 郷美 (制定:明治42年4月)

1.潮湧き立たつ玄海の
  空に輝く商星を
  仰ぎて正す羅針盤
  さして行方は千万里
  いざや帆を揚げ舵を執れ
  同舟一千有余人

2.富国の任を身に負うて
  勇めや進め商海を
  狂瀾怒濤そも何ぞ
  櫛風沐雨何かある
  いざや帆を揚げ舵を執れ
  同舟一千有余人

3.十里の松原ただみどり
  中に一点紅の
  燃ゆらん希望描きつる
  商旗に靡かぬ者やある
  いざや吾友歩を移せ
  同行一千有余人

4.堅忍不抜の心もて
  操を松に比べつつ
  正直一途にはげむべし
  臥薪嘗胆何のその
  いざや吾友歩を移せ
  同行一千有余人

応援歌

作詞/作曲:不詳 /編曲:平井哲三郎

  世界の 空気の のうなっても
  地球の半分 くずるるとも
  どうして負きょうかい
  負けやせぬ
  福商千余の 健男児

  見てんなざっせ
  見てんなざっせ
  福商の選手 胸につけたる
  マークの光
  どうして負きょうかい
  負けやせぬ
  福商千余の 健男児