福岡市立福翔高等学校

学校概要 教育活動 施設紹介 進路状況 アクセス 中学生の方へ 保護者の方へ
トピックス 部活動情報 学校生活 事務室より Web企画 外部リンク サイトマップ

 トップページ部活動情報体育部一覧剣道部 >試合結果
 

剣道部

平成30年4月現在 1年 2年 3年 合計
男子部員 5名 7名 6名
18名
女子部員  5名  7名  4名 16名
男女合計34名

活動報告

平成30年度
平成30年度 福翔高校玉竜旗高校剣道大会報告会
 
 平成30年9月13日(木)に福岡市役所11階にある教育委員会会議室にて、玉竜旗高校剣道大会女子の部・第3位入賞報告会が行われました。 星子教育長はじめ、教育委員の方々、教育委員会指導部長などの前で、谷本校長から報告、顧問からの大会結果報告、選手の自己紹介を行いました。 生徒は試合以上に緊張した顔つきでしたが、笑顔で報告することができました。 その後、教育委員の方からの質疑応答を含めた懇談の時間にうつりました。 和やかな雰囲気で懇談することができ、最後は全員で記念写真を撮りました。 短い時間でしたが、生徒にとっては貴重な経験をすることができたと思います。 報告会に際し、色々とお気遣いいただいた教育委員会事務局の先生方ありがとうございました。
     
   
上記の画像はクリックすると大きくご覧いただけます。
福翔高校剣道部
監督 菊池 忍
 
平成30年度玉竜旗高校剣道大会
 
男子 ベスト32(542校参加)
女子  第3位  7年ぶり(399校参加)
  女子大会 7月25日(水)26日(木)
男子大会 7月27日(金)28日(土)29日(日)
場所:マリンメッセ福岡
 
 
 玉竜旗高校剣道大会が開催され、見事女子が7年ぶりに第3位に入賞しました。女子はシード校として2回戦から登場。 2回戦は先鋒;吉良美咲(3年:春日東中出身)と次鋒;深江まい(2年:那珂川北中出身)で勝利。 3回戦は愛知の強豪校、星城に先鋒、次鋒、中堅;梅野夏鈴(3年:和白中出身)が大将を抑え勝利。 4回戦、西海学園には姉とバトンタッチした先鋒;吉良さくら(1年:春日東中出身)が先鋒から副将まで抜き、大将と引き分けで勝利。 5回戦は徳島チャンピオンの富岡東に前3人で勝利。6回戦は昨年度3位で、神奈川県チャンピオンの強豪、桐蔭学園と対戦しました。 先鋒戦から勝ち負けの接戦を繰り広げ、大将戦。大将;西伊万里(3年:友泉中出身)が延長戦の末、 小手を決めベスト8に2年ぶりに進出しました。準々決勝は、熊本県チャンピオン、阿蘇中央と対戦。 先鋒が先制されましたが、次鋒の深江まいが踏ん張り、抜き返し、相手の副将に抜き返されましたが、 副将の深江ゆい(2年:那珂川北中出身)が引き分け、大将戦へ。大将、西が冬の九州個人チャンピオンである大将を引き面で勝利し、 7年ぶりに準決勝へ駒を進めました。準決勝は、優勝候補で2連覇中の中村学園女子と対戦。 インターハイ福岡県予選決勝では3対0で敗れた相手にリベンジと一丸となって挑みました。一進一退の戦いの末、大将戦へ。 相手は9月に世界選手権に高校生として日本代表に選ばれた妹尾選手。4分では決着がつかず、 延長戦へ。3回の延長の末引き面を決められ惜敗。九州大会に引き続き第3位という結果でした。 しかし、チーム一丸で戦い抜いた立派な第3位。よく頑張りました。
 
2回戦  羽咋(石川県)不戦3
3回戦  星城(愛知県) 不戦2
4回戦  西海学園(長崎県)不戦4
5回戦  富岡東 (徳島県) 不戦2
6回戦  桐蔭学園(神奈川県) 大将戦
準々決勝 阿蘇中央(熊本県) 大将戦
準決勝  中村学園(福岡県) 大将戦
 
先鋒 吉良美咲  3年(春日東中出身)
次鋒 深江まい  2年(那珂川北中出身)
中堅 梅野夏鈴  3年(和白中出身)
副将 深江ゆい  2年(那珂川北中出身)
大将 西 伊万里 3年(友泉中出身)
補欠 吉良さくら 1年(春日東中出身) 4回戦から先鋒で出場
補欠 梅野渉那  2年(和白中出身)
 
 男子は、ノーシードからの登場で、2回戦愛工大明電と対戦し、先鋒;吉良(2年:春吉中出身)が果敢に攻め5人抜きを達成。 3回戦は、東京都チャンピオン、強豪の明大中野と対戦。またしても、先鋒の吉良が先鋒、次鋒と抜きリードを奪い、 相手副将に抜き返されましたが、中堅;園田(3年:小倉日新館中出身)が副将、大将と勝利し撃破しました。 4回戦は岐阜城北。先鋒吉良が初日と同様、5人抜きを果たし勝利し、ベスト64に進出。最終日に駒を進めました。 5回戦は広島県個人チャンピオンが大将に控える盈進と対戦。先鋒が一人勝ち、引き分け、 次鋒:齊藤大空(3年:春日野中出身)も引き分け、中堅園田が副将、大将と勝利し、6回戦進出。 6回戦は昨年度3位、優勝候補にも上げられる兵庫県チャンピオンの育英。 先鋒が引き分けのあと、相手次鋒に副将まで抜かれ、大将;齊藤大地(春日野中出身)が登場。相手次鋒、中堅と勝利し、副将戦へ。 果敢に攻めるも相手副将に敗れました。最後は大将の意地を見せましたが・・・。昨年に引き続きベスト32。 ここ数年最終日に残ることが厳しい大会になっていますが、コンスタントに結果を出しています。 ベスト32からはほんとに紙一重。女子には劣る結果ですが、男子のベスト32という結果は、本当に素晴らしい結果です。 ここから何が必要か見えた結果でもあります。
 
2回戦  愛工大明電(愛知県) 不戦4 (先鋒;吉良5人抜き)
3回戦  明大中野(東京都) 不戦2
4回戦  岐阜城北(岐阜県) 不戦4  (先鋒;吉良5人抜き)
5回戦  盈進(広島県)不戦2
6回戦  育英(兵庫県) 不戦1
準々決勝 阿蘇中央(熊本県) 大将戦
準決勝  中村学園(福岡県) 大将戦
 
先鋒 吉良裕介  2年(春吉中出身)
次鋒 浦 皓輝  2年(筑紫丘中出身)
中堅 園田航太  3年(小倉日新館中出身)
副将 尾畑陸登  2年(太宰府西中出身)
大将 齊藤大地  3年(春日野中出身)
補欠 齊藤大空  3年(春日野中出身) 4回戦から次鋒で出場
補欠 大島悠河  3年(城西中出身)
 
福翔高校剣道部
監督 菊池 忍
 
平成30年度 第65回全九州高等学校剣道大会
~平成30年7月7日(土)・8日(日):大分県別府アリーナ~
 
女子団体  第3位
女子個人 西(3年) 個人ベスト16
 
 
 平成30年7月7日(土)8日(日)、第65回全九州高等学校剣道大会が大分県別府アリーナで開催されました。 大雨の中、6日(金)には各県の団体優勝校、準優勝校、個人各県上位8名が集い、開会式が行われました。
 まず予選リーグ1日目は、高千穂(宮崎県1位)と対戦し引き分け、続いて三重総合(大分県1位)と対戦。 先鋒の吉良(1年;春日東中出身)が勝利しそのまま流れを維持し2-0で勝利しました。予選リーグ1日目は 1勝1分けで終えました。その後、個人戦が行われ、西(3年;友泉中出身)が1,2回戦と無難に勝ち上がりましたが、 パート決勝で惜敗。ベスト16という結果でした。
 予選リーグ2日目は残りのリーグ戦1試合を行いました。長崎日大と対戦し、先鋒吉良が勝利し、そのまま1-0で勝利。 リーグを1位で突破し決勝トーナメントへ進出しました。
 各リーグから勝ち上がってきた8校による決勝トーナメントでは鹿児島実業と対戦しました。 先鋒引き分け、次鋒深江まい(2年;那珂川北中出身)が2本勝ち、中堅梅野(3年;和白中出身)が1本勝ち。 副将は1本負けでしたが、大将が踏ん張り2-1で勝利しました。準決勝は長崎県の強豪島原高校と対戦しました。 先鋒、次鋒と破れ、中堅から何とか取りに行くも勝利をつかめず敗退。大将西は意地を見せ勝利しましたが、1-2で惜敗。
 6年ぶりの夏の九州大会出場になりましたが、第3位という結果は生徒にとってすばらしい結果です。 6年前の出場では、食中毒にかかり満足いく結果が残すことができませんでした。今回は、前回より力はありませんでしたが、 チームワークと努力の勝利です。福岡県の代表としてふさわしい戦いをしてくれました。 この勢いを次の玉竜旗につなげていきたいと思います。応援していただきました方々、ありがとうございました。
 男子も女子の勢いに波に乗り、玉竜旗に向けてできる限りの準備をしたいと考えています。応援よろしくお願いします。
福翔高校剣道部
監督 菊池 忍
 
全九州・全国高等学校剣道大会福岡県予選
 
男子団体 ベスト8
女子団体  準優勝(6年ぶり出場)
女子個人 西(3年) 第3位
 
 全九州・全国高等学校剣道福岡県予選が九電記念体育館で行われました。 男子は1回戦八幡南高校に3-0で勝利し2回戦へ。2回戦は南部ブロック優勝の八女高校と対戦し、 大将園田(小倉日新館中出身)が代表戦で勝利し準々決勝へ進出。福岡第一と対戦しました。 接戦の末2-3で惜敗しベスト8という結果になりました。
 女子団体戦は、1回戦祐誠高校に代表戦で勝利、2回戦は北部・筑豊ブロック優勝の北九州市立と対戦し、 4-0で勝利。準々決勝では福岡舞鶴に勝利し、準決勝へ。準決勝は、中部ブロック予選で対戦し惜敗した筑紫台高校。 先鋒吉良さくら(春日東中出身)が勝利、次鋒深江まい(那珂川北中出身)も勝利。 中堅梅野(和白中出身)が引き分け、副将深江ゆい(那珂川北中出身)が接戦の末負け。 2-1リードのまま大将戦へ。大将西(友泉中出身)が6分間を粘り強く戦い、引き分け。 そのまま2-1で強豪筑紫台高校に勝利しました。
 女子個人戦でも西が勝ち上がり、準決勝で敗れインターハイ出場まであと一歩でしたが、見事3位に入賞しました。
 全国一の激戦区である福岡県で、男子はベスト8,女子は準優勝という結果は、生徒がよく頑張ってきた証です。 特に女子は準優勝で全九州大会に福岡県代表で出場します。出場するからには、優勝目指して頑張りたいと思います。
 男子も玉竜旗に向けてできる限りの準備をしたいと考えています。応援よろしくお願いします。


福翔高校剣道部
監督 菊池 忍
 



このサイトは,文字サイズを「中」にすると快適にご覧いただけます。